アドワイタ : ALASKA in BLOND : アラスカインブロンド<br />
2006年 11/8リリース!!<br />
セカンドアルバム。 Nakiez vol.01 : V.A. : 全国で100バンド以上が参加した2003年度のNAKIEZイベントで、大会で勝利した6BANDによるコンピレーションアルバム。<br />
ALASKA IN BLONDからは2曲収録。 Nakiez vol.05(DVD付) : オムニバス : ネイキーズのVOL.5<br />
ライブDVD付き。1曲参加。 黄金町バーバラ : ALASKA in BLOND : ALASKA in BLONDの1ST.アルバム<br />
「黄金町バーバラ」<br />
(コガネチョウバ−バラ)
SEAnews Lastest Top News vol.190919 BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 0px; text-: none } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン
Latest Top News(vol.190919)
(最新ニュース 27件)
2019-09-19 ArtNo.46577(1/27)
◆インド、ロシア極東開発に10億米ドル融資枠




【ウラジオストク】ナレンドラ・モディ首相は9月5日、「インドはロシアと肩を組んで極東開発に乗り出す」と述べるとともに、「資源に恵まれたこの地域の開発のための10億ドルの融資枠を設ける」と発表した。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46578(2/27)
◆印度为俄罗斯远东地区的发展提供了10亿美元的信贷额度




【符拉迪沃斯托克】纳伦徳拉·莫迪总理于9月5日表示,印度将与俄罗斯在远东发展方面并肩作战,并宣布为这个资源丰富地区的发展提供10亿美元的信贷额度。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46579(3/27)
◆India extends billion line of credit for development of Russia's Far East




【Vladivostok】Prime Minister Narendra Modi on September 05 said India will walk shoulder-to-shoulder with Russia in its development of the Far East and announced a billion line of credit for the development of the resource-rich region.(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46580(4/27)
◆モディ首相、ロシアで安倍首相と会談




【ウラジオストク】ナレンドラ・モディ首相は9月5日、日本の安倍晋三首相と会談、両首脳は、経済および防衛を含む多くの分野で強固な二国間関係を一層強化することを誓った。
○インド/日本、インド太平洋協力2 + 2対話開催(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46581(5/27)
◆莫迪总理在俄罗斯会见日本首相安倍晋三




【符拉迪沃斯托克】总理纳伦徳拉·莫迪于9月5日会见了日本首相安倍晋三,两位领导人互相承诺将包括经济和国防领域在内的已经巩固的双边关系进一步加强。
○印度/日本,举行印度太平洋合作2 + 2对话(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46582(6/27)
◆PM Modi meets Japanese PM Shinzo Abe in Russia




【Vladivostok】Prime Minister Narendra Modi on September 05 met his Japanese counterpart Shinzo Abe and the two leaders pledged to deepen the robust bilateral ties in a number of areas, including in economic and defence sectors.
○India, Japan to hold 2+2 dialogue on Indo-Pacific cooperation(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46583(7/27)
◆パキスタン、エルサレムとある種の関係構築も




【ラホール】インドのナレンドラ・モディ首相が国連総会に出席するためニューヨークを訪ずれるのに先立って、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が今月インドを短期訪問する可能性が取りざたされる中、パキスタンのソーシャル・メディアに、イムラン・カーン首相に率いられる現政権がその外交政策に見直しを加え、エルサレムとある種の関係を築いてはどうかと言う興味深い提案が突然出現した。
○状況は劇的に変化(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46584(8/27)
◆巴基斯坦也许与耶路撒冷建立某种关系




【拉合尔】在印度总理纳伦徳拉·莫迪飞往纽约参加联合国大会之前,以色列总理本雅明·内塔尼亚胡本月可能短暂访问印度的时刻,在巴基斯坦社交媒体网络上突然出现一些『有趣的建议』即,巴基斯坦的现任伊姆兰·汗领导的政权也许重新检讨国家外交政策并与耶路撒冷建立某种关系。
○情况巨大变化(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46585(9/27)
◆Pak govt may establish some sort of a relationship with Jerusalem




【Lahore】At a juncture when Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu might undertake a short trip to India this month before Indian premier Narendra Modi flies to New York for the United Nations General Assembly meeting, some "intriguing suggestions" have suddenly cropped up on the social media network in Pakistan for the incumbent Imran Khan-led regime to revisit the national foreign policy and establish some sort of a relationship with Jerusalem.
○The situation has changed drastically(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46586(10/27)
◆世界はインドの侵略行為を阻止する責任がある:イムラン首相




【イスラマバード】イムラン・カーン首相は9月4日、パキスタンを訪れたサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)の外相に、占領下のカシミールにおけるニューデリーの違法で一方的な措置に伴う状況について説明するとともに、国際社会はインドに違法行為と攻撃的な政策や姿勢の停止と転換を促す責任があると語った。
○ロンドン警察、カシミール支援デモ参加者二人を逮捕(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46587(11/27)
◆世界有责任制止印度的侵略; 伊姆兰总理




【伊斯兰堡】伊姆兰·汗总理于9月4日向到访的沙特阿拉伯和阿拉伯联合酋长国的外交部长通报了在被占领的克什米尔由新徳里所做的非法和单方面措施所引起的局势,并指出国际社会有责任促使印度停止和转换其非法并粗暴的政策和姿态。
○伦敦警方逮捕了两名克什米尔支持示威者(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46588(12/27)
◆World has responsibility to stop Indian aggression; PM Imran




【Islamabad】Prime Minister Imran Khan on September 4 apprised the visiting foreign ministers of Saudi Arabia and the United Arab Emirates (UAE) of the situation arising from New Delhi's illegal and unilateral actions in occupied Kashmir, stating that the international community has the responsibility to urge India to halt and reverse its illegal actions and aggressive policies and postures.
○Two held in London after Indian mission damaged in Kashmir protest(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46589(13/27)
◆インド洋地域の軍拡競争に反対:スリランカ首相




【マレ】スリランカのラニル・ウィクラマシンハ首相は昨日、モルディブで開催されたインド洋会議(IOC:Indian Ocean Conference)で、「インド洋は一方で『インドと中国』、他方で『アメリカと中国』が縄張りを争うグローバル地政学の舞台と化している」と語った。
○スリランカとモルディブの提携は世界的なテロ撲滅に寄与(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46590(14/27)
◆反对印度洋地区的军事竞争:斯里兰卡总理




【马累】斯里兰卡总理拉尼尔·维克勒马辛哈(Ranil Wickremesinghe)昨天(9月4日)在马尔代夫举行的印度洋会议(IOC:Indian Ocean Conference)上表示,「印度洋是一方面『印度和中国』,另一方面『美国和中国』互相争夺地盘的当代全球地缘政治的剧场。」
○斯里兰卡与马尔代夫的携手将确保没有恐怖主义的世界(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46591(15/27)
◆Sri Lanka opposes military rivalry in Indian Ocean region: PM




【Male】Prime Minister Ranil Wickremesinghe yesterday (September 4) told the Indian Ocean Conference meeting in The Maldives that the Indian Ocean was becoming "a theatre of contemporary global geopolitics with India and China on one hand, and the and USA and China on the other, competing for space".
○SL-Maldives ties would ensure a world free of terrorism(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46592(16/27)
◆ロヒンギャの島嶼移転、国外退去:判断はバングラデシュから国連へ




【ダッカ】バングラデシュのアブル・カラム・アブドゥル・モメン外相は、ドイツ・メディアのインタビューに応じ、「バングラデシュ政府は、国連援助機関が10万人の難民をベンガル湾の離島に移住させる計画を支持するよう望んでいる」と語った。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46593(17/27)
◆罗兴亚迁移到岛屿或离开孟加拉:球从孟加拉国到联合国球区




【达卡】孟加拉国外交部长阿布尔·卡拉姆·阿卜杜勒·莫门(AK Abdul Momen)在接受徳国媒体采访时说,「孟加拉国政府希望联合国援助机构支持其将10万名难民迁移到孟加拉湾偏远岛屿的计划。」(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46594(18/27)
◆Support Rohingya island relocation or leave the country: Bangladesh to UN




【Dhaka】In an interview with a German media outlet, Bangladesh Foreign Minister AK Abdul Momen said that the Bangladeshi government wants the United Nations aid agencies to support its plan to relocate 100,000 refugees to a remote island in the Bay of Bengal.(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46595(19/27)
◆王毅外相訪問でネパールと中国の関係強化




【カトマンズ】ネパールを訪れた中国の王毅外相は9月10日、帰国に先だってネパール共産党統一毛沢東主義派(NCP:Nepal Communist Party=Unified Communist Party of Nepal-Maoist)のプラチャンダ・プシュパ・カマル・ダハル共同議長、ネパール会議派(NC:Nepali Congress)のシェール・バハドゥル・デウバ議長、およびNCのラム・チャンドラ・パウデル上級指導者と会談した。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46596(20/27)
◆外交部长王毅的访问加强尼中关系




【加徳满都】中国外交部长王毅于9月10日与尼泊尔共产党(NCP:Nepal Communist Party=Unified Communist Party of Nepal-Maoist)帕苏巴·卡麦尔·达哈尔(Pushpa Kamal Dahal)联合主席,尼泊尔国民大会党(NC:Nepali Congress)的谢尔·巴哈杜尔·徳乌帕(Sher Bahadur Deuba)主席和NC的拉姆钱徳拉·保徳尔(Ramchandra Paudel)高级领导人会面。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46597(21/27)
◆Foreign Minister Wang Yi's visit stressed Nepal-China relations




【Kathmandu】Visiting Minister of Foreign Affairs of China Wang Yi on September 10 held meetings with Nepal Communist Party (NCP) Co-chairperson Pushpa Kamal Dahal, Nepali Congress President Sher Bahadur Deuba and NC's senior leader Ramchandra Paudel, prior to his return.(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46598(22/27)
◆インド太平洋戦略に逸脱無し:ネパール政府、米大使館に回答




【カトマンズ】米国大使館が「ネパールは『インド太平洋戦略(IPS:Indo-Pacific Strategy)』に反対する」と伝えた中国外務省の声明についてネパール政府に釈明を求めた翌日(9月12日)、ゴクル・プラサド・バスコット(Gokul Prasad Baskota)通信情報相は「IPSに関してパキスタン政府は何等逸脱していない」と表明した。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46599(23/27)
◆尼泊尔政府向美国大使馆回答说:印度太平洋战略没有偏离




【加徳满都】在美国大使馆要求尼泊尔政府澄清中国外交部声明说「尼泊尔不同意『印度太平洋战略(IPS:Indo-Pacific Strategy)』」的一天后,政府发言人戈库尔·普拉萨徳·巴斯科塔(Gokul Prasad Baskota)今天(9月12日)表示在政府对IPS的立场上没有任何偏差。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46600(24/27)
◆No deviation in Nepal's Indo-Pacific Strategy: Govt says to US Embassy




【Kathmandu】A day after the Embassy of the United States sought the government's clarification on a Chinese Foreign Ministry statement that stated Nepal disagrees with the Indo-Pacific Strategy (IPS), the government Spokesperson Gokul Prasad Baskota today (September 12) said there had been no deviation in the government's position regarding the IPS.(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46601(25/27)
◆書評:聖霊のバプテスマ(ぶどう園の譬え)




 世界の人口の54%に相当する36億人が信仰している『アブラハムの宗教』は、ユダヤ教徒やキリスト教徒それからイスラム教徒などが始祖として認めている旧約聖書の主要人物、アブラハムと神との契約に基づくものとされる。
 アブラハムの宗教を構成するこれらの宗教の教義には大きな違いが存在するものの、何れも旧約聖書の記述を信仰の根幹に据えている。しかし最近の考古学的発見から旧約聖書の多くの記述が、メソポタミアの古代シュメール神話を起源としていることが明らかになった。
○洪水伝説
○祭政一致の契約社会と驚異的食料増産
○エデンの原型ティルムン
○バビロン捕囚と旧約の成立
○『ぶどう園の譬え』
○不在地主と小作人
○『ぶどう園の譬え』のグノーシス的意味
○離却語言(りきゃくごごん)(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46602(26/27)
◆书评:圣灵的施洗(葡萄园的比喻)




 全世界人口的54%,即约36亿人信仰的『亚伯拉罕诸教(Abrahamic religions)』据说是基于被犹太人,基督徒,回教徒以及其他宗教信徒认可的主要旧约圣经人物亚伯拉罕与上帝的盟约而来的。
 虽然亚伯拉罕诸教的教义之间存在显著差异,但它们都将旧约的叙述置于它们信仰的核心。然而,最近的考古学发现显示,旧约的许多记述起源于美索不达米亚的古代苏美尔神话。
○巴比伦洪水传说
○祭政一致的契约社会和惊人的粮食产量
○迪尔蒙岛是伊甸园的原型
○巴比伦被掳和旧约圣经的成立
○『葡萄园的比喻』
○在外地主和佃户
○『葡萄园的比喻』的格诺西斯主义意义
○离却语言(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46603(27/27)
◆Review:The baptism of the Holy Spirit (Parable of vineyard)




 The Abrahamic religions, which is believed by 3.6 billion people, that is, 54% of the world's population, is said to be based on the covenant of Abraham, who is recognized as a major biblical figure of the Old Testament by Jews, Christians, Muslims and others, and God.
Although there are significant differences among their doctrines of Abrahamic religions, they all put the Old Testament account at the heart of their faith. However, recent archaeological discoveries revealed that many descriptions of the Old Testament originated from the ancient Sumerian mythology of Mesopotamia.
○Babylonian flood legend
○Theocratic contract society and Amazing food production
○The prototype of the Garden of Eden
○The captivity of Babylon and the establishment of the Old Testament
○"Parable of vineyard"
○Absentee landlord and peasants
○Gnostic meaning of "Parable of vineyard"
○Detachment From Words(...Read more)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年09月19日 16:48 | CM : 0 | TB : 0
Misc vol.190829j BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 0px; text-: none } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン

書評:聖霊のバプテスマ(ぶどう園の譬え)

世界の人口の54%に相当する36億人が信仰している『アブラハムの宗教』は、ユダヤ教徒やキリスト教徒それからイスラム教徒などが始祖として認めている旧約聖書の主要人物、アブラハムと神との契約に基づくものとされる。
イスラエルの異名を持つヤコブの異なる子孫をそれぞれ氏神とする12部族の聯合体イスラエルの統合の宗教として誕生したユダヤ教の信奉者は、アブラハム、イサク、ヤコブを三人の聖書上の父と崇め、中でもアブラハムを宗教的アイデンティティーの原点と見なしている。
自らを新しい契約の下で、アブラハムの家系図に接ぎ木されたと位置づける異邦人(非ユダヤ人)キリスト教徒も、精神的な祖先としてアブラハムを尊崇している。
イスラム教徒は、アラブ人の開祖ムハンマドを、アブラハムの長男イシュマエル(イサクの異母兄)の嫡流と見なしている。
アブラハムの宗教を構成するこれらの宗教の教義には大きな違いが存在するものの、何れも旧約聖書の記述を信仰の根幹に据えている。しかし最近の考古学的発見から旧約聖書の多くの記述が、メソポタミアの古代シュメール神話を起源としていることが明らかになった。
洪水伝説

アッシリアのアッシュル・ナシルパル二世が紀元前9世紀に築いたニムルドの遺跡が1845年に英国の考古学者オースティン・レイヤードにより発掘され、『アッシュル・バニパル王図書館』秘蔵の楔形文字粘土板2万数千点が採取された。
それから27年を経た1872年に大英博物館の楔形文字研究者ジョージ・スミスは、『アッシュル・バニパル王図書館』の粘土板からバビロニアの洪水伝説の記述を発見した。旧約聖書のノアの洪水と瓜二つのこの洪水伝説は、その後、シュメールの都市国家ウルク第一王朝第五代国王に擬えられる『英雄ギルガメシュの叙事詩』の一部であることが判明した。
ウル西方6キロに位置するウバイド遺跡に由来するウバイド文化(紀元前5500年頃−紀元前3800年頃:灌漑農業主体)が消滅後、シュメール最古のウルク王朝が、紀元前3500年頃に成立。それから紀元前2000年にかけてウルク、エリドゥ、ウル、ラガシュ、シュルッバク、ニップール等のシュメールの都市国家が栄えた。
祭政一致の契約社会と驚異的食料増産

これらの都市の中心には、頂上に神殿を有するジッグラトと言う煉瓦の塔が建てられ、ルガルと呼ばれる最高位の僧侶が君主を務め、収穫の10分の1を税として徴収、領収書を発行していた。神殿では、穀物の取引も行われ、これらの経済活動を記録する楔形文字が考案され、10進法や60進法が採用されていた。
シュメール人は、高度な灌漑農業を発達させ、家畜の飼育に加え、30銘柄にのぼるビールも醸造した。主食の大麦の収穫量は、『すじ撒き』の技術とそれに必要な器具の発明により、蒔いた種の70倍〜80倍に達した。ちなみに18世紀の欧州の収穫量は10倍程度だった。
ウルの中枢テメノスには、神殿、宮殿、役所、織物工場、倉庫等が設けられ、織物工場では95人の女性が二班編制で作業。帳簿には、監督、熟練工、未熟練工の名、油と魚の配給量が記載されていた。加えて病人、未亡人、孤児に対する保護制度も整っていた。紀元前2100〜前2000年に最盛期を迎えたウル第三王朝の創始者ウル・ナンム王は、『ウル・ナンム王法典』を編纂、この頃には、円筒印章が用いられ、完璧な契約社会と、祭政一致の神権政治が併存していた。
エデンの原型ティルムン

一方、ペルシャ湾上のバーレーン島とおぼしきティムルンの島がエデンの園の原型だったようだ。自らを『黒頭の民(ウンサンギガuŋ saŋ giga)と呼んだ正体不明の民族が粘土板に楔状文字(けつじょうもじ)で記したところによれば、ティルムンでは、ライオンも人を殺さず、狼も子羊を襲わず、誰も自分は年老いた女あるいは男と言わなかったと言う。
アッカドのサルゴン王とその子孫が、自分たちが征服した土地として言及しているティムルンは、バーレーン、クウェート、カタールそしてサウジアラビアの東部地域を網羅する当時の商業センターで、シュメール神話の中核を成していたものと見られる。
バビロン捕囚と旧約の成立
旧約聖書は、エデンの園やノアの洪水伝説のみならず、祭政一致の政体や契約社会制度そのものをシュメール文化から引き継いだものと見られる。しかし、アブラハムやその父親テラ、さらには旧約の律法書の著者とされるモーセがシュメールの伝統文化をその細部に到るまで熟知していたとは思えない。

紀元前586年にユダ王国が新バビロニアに滅ぼされた際、ユダ王国の貴族階級は数度にわたり捕虜として首都バビロンに護送された。その数は1万人にのぼり、預言者ダニエルやエゼキエルも含まれていた。
アッシリアがイスラエル北王国を征服した際は、被征服民を根こそぎ移住させ、別の被征服民と入れ替え、さらに混血させたため、北イスラエルの10部族は事実上消滅した。これに対して新バビロニアは、ユダ王国の上流階級のみをバビロンに移住させ、独自の宗教生活を維持することを認めた。
このため、バビロニアに移住したユダヤ人達は『アッシュル・バニパル王図書館』に秘蔵されていたシュメールの文書から多くのものを学ぶ機会を得、アケメネス朝ペルシアから帰還を許された際、こうした知識をエルサレムに持ち帰ったものと見られる。つまりエデンの園やノアの洪水を初めとする旧約聖書中の神話やモーセの律法の主要部分は、バビロン捕囚以降に成立した可能性がある。
『ぶどう園の譬え』

イスラエルの王としてロバに乗り、大衆を率いて、エルサレムに入城、神殿の商人を追い払ったイエスに、祭司や長老らが「如何なる権威に基づいて、こんなことをし、誰がそんな権威を授けたのか」と質すと、イエスは「洗礼者ヨハネは何の権威によって、洗礼を施したのか。彼の権威は天によるものか、人によるものか」と逆に問い返した。長老らが、「分からない」と言うと、「それなら私も、何の権威によるのか、言うまい」と、回答を控えた上、以下の譬えを語った。
「ある人がぶどう園を造り、垣をめぐらし、また酒ぶねの穴を掘り、やぐらを立て、それを農夫たちに貸して、旅に出かけた。季節になったので、農夫たちのところへ、ひとりの僕(しもべ)を送って、ぶどう園の収穫の分け前を取り立てさせようとした。すると、彼らはその僕をつかまえて、袋だだきにし、から手で帰らせた。また他の僕を送ったが、その頭をなぐって侮辱した。そこでまた他の者を送ったが、今度はそれを殺してしまった。そのほか、なお大ぜいの者を送ったが、彼らを打ったり、殺したりした。ここに、もうひとりの者がいた。それは彼の愛子であった。自分の子は敬ってくれるだろうと思って、最後に彼をつかわした。すると、農夫たちは『あれはあと取りだ。さあ、これを殺してしまおう。そうしたら、その財産はわれわれのものになるのだ』と話し合い、彼をつかまえて殺し、ぶどう園の外に投げ捨てた。このぶどう園の主人は、どうするだろうか。彼は出てきて、農夫たちを殺し、ぶどう園を他の人々に与えるであろう。あなたがたは、この聖書の句を読んだことがないのか。『家造りらの捨てた石が隅のかしら石になった。これは主がなされたことで、わたしたちの目には不思議に見える』」。彼らはいまの譬が、自分たちに当てて語られたことを悟ったので、イエスを捕えようとしたが、群衆を恐れた。そしてイエスをそこに残して立ち去った。(マルコ12:1-12)
不在地主と小作人

アブラハムに率いられた遊牧民が、自らに割礼を施すことを通じて、現地住民との混血を回避することを条件に、多神教から土着の一神教に改宗した際(創12:10-17:27)には、遊牧民が農耕民に隷従する共生関係が成立したが、モーセの後継者ヨシュアがカナンを征圧後、籤引きで十二部族に土地を分配した際(ヨシ18:10)には、農耕民が遊牧民に隷従する立場の逆転が生じた。支配階級になったユダヤ人はその後も遊牧を生業とし、頻繁に移動したため不在地主となり、土着の農耕民は、支配階級に税や小作料を支払って、従来通り農耕を続けたのだろう。こうした主従関係は、イエスの時代にも維持されていたようだ。マタイ福音書(21:33-42)とルカ福音書(20:9-17)、そしてトマス福音書(65-66)にも並行記事が存在する『ぶどう園の譬え』には、当時の不在地主と小作人の関係が反映されているように見える。
『ぶどう園の譬え』のグノーシス的意味

日本語版『トマスによる福音書』の著者荒井献氏によると、以下のトマス福音書の譬えはその細部において共観福音書とかなりの点で異なっている。
 <トマス65節>:彼が言った、「ある良い人がぶどう園を持っていた。彼はそれを農夫たちに与えた。彼らがそれを耕して、それから収穫を得るためである。彼は僕を送った。ぶどう園の収穫を出させるためである。彼らは僕を捕まえて袋だたきにし、ほとんど殺すばかりにした。僕は帰ってそれを主人に言った。主人は言った、『たぶん彼らは彼を知らなかったのだ。』主人は他の僕を送った。農夫たちは彼も袋だたきにした。そこで主人は自分の子を送った。彼は言った、『たぶん彼らは私の子を敬ってくれるだろう』。ところが農夫たちは、彼がぶどう園の相続人であることを知っていたので、彼を捕まえて殺した。耳あるものは聞くがよい」。 <トマス66節>:イエスが言った、「家造りらの捨てた石を私に示しなさい。それは隅の頭石である」。
荒井献氏によると、『ある良い人』は『至高者』を意味し、『ぶどう園』は『既に耕された土地』であり、『収穫』は『本来的自己』を、また『農夫たち』は『非本来的自己』を意味する。農夫たちが僕を迫害したのは、『遣わされた者』に対する『無知』によるもので、主人が最後に派遣した『自分の子』とは『イエス』である。
『彼がぶどう園の相続人であることを知っていたので』彼を『殺した』と言うのは、一見、迫害の動機となる『無知』に矛盾しているように見えるが、『相続人であることを知っていたので』は外面上の事柄であり、その本質は『知らなかった』のである。
『トマス福音書』における『イエスの苦しみと死』の意味は、他のグノーシス福音書同様、『収穫(本来の自己)』を得るための苦難なのであり、殺されたのはイエスの身代わりではない。それでも『トマス福音書』は『イエスの死からの復活』を認めていない。マルコ、マタイ、ルカ福音書は、何れもギリシア語版詩編(21/23節)の『家造りらの捨てた石が隅の頭石になった』をそのまま引用し、『なった』として、殺されたイエスの復活を示唆しているが、『トマス福音書』では『それは隅の頭石である』とし、『トマス福音書』第11節の「真の『生ける者』はたとえ肉体的に殺されても死なないであろう(トマス11)」を再確認している。つまり、『イエスは初めから生けるもの』であり、イエスに死は存在しない。『ピリポ福音書』はこの点について「『主は先ず死んでそれから蘇った』と言うものは間違っている。何故なら彼は先ず復活し、それから死んだからである。もしある者が先ず復活を得ないなら、彼は死なないであろう(ピリポ21)。」と説いている。
離却語言(りきゃくごごん)

グノーシス福音書のこうした解釈は、『再活現成(Spiritual rebirth)』を根本宗旨とする禅宗の教義に通じるところがある。中国の五代十国(907-960)の末期、汝州風穴山(現在の河南省)の風穴延沼(ふけつえんしょう)禅師(896-973)は、「一塵を立てれば一国興隆し、一塵を立てざれば一国亡ぶ(碧巌録61則)」と垂示(すいじ)している。つまり「『再活現成』し、『本来的自己』を見極め、天上天下唯我独尊、草木国土悉皆成主(Christhood)と証見したイエスにとっては、ユダヤもローマも一粒の塵に過ぎず、その興亡は、自分の爪を切りそろえるようなもの」と言うのである。
今日、日本の禅宗は、おおむね『看話(かんわ)』を主体とする臨済宗と『黙照(もくしょう)』を主体とする曹洞宗の二派に分かれるが、ある日、一人の僧が風穴和尚に「語にしろ黙にしろ、実在の半面に過ぎない。全体を捉えるにはどうしたらよいか」と尋ねた。すると風穴和尚は「長(とこしな)えに憶(おも)う江南三月の裏(うち)、鷓鴣(しゃこ)啼く處百花香し」と詩聖杜甫の一句を吟じて見せた(無門関24則)。
《無門関》と言う公案録を遺した南宋(1127-1279)の禅僧、無門慧開(むもんえかい1182-1260)禅師は、この公案(無門関二十四則)に「風穴の機は掣電(せいでん:電光)の如く、まっしぐらに路ちを突っ走るが、爭奈(いか)でか前人(杜甫)の舌頭に坐すのみで、一刀両断にしなかったのか。ここのところが分かれば、おのずから出身(再活現成)の路有らん。さあ、言語を離れた一句を示してみよ」と評唱し、「風穴はその気骨ある句を示すことなく、片言も語らず千聖不伝の理(ことわり)を表したが、諸君が、もし歩を進め、なにやら言葉を発するなら、自己の鈍根に恥じ入る他ないだろう」と頌を付けた。(以下次号)
【参照】
《碧巌録》第六十一則:風穴一塵
垂示(すいじ):
垂示に云く、法幢を建て宗旨を立つるは、他の本分の宗師に還す。龍蛇を定め緇素を別つは、須らく是れ作家の知識なるべし。劍刃(けんにん)上に殺活を論じ、棒頭上に機宜を別つは、則ち且く置く。且く道え、獨り寰中(かんちゅう:天子の直轄地)に據るの事、一句もて作麼生(そもさん)か商量せん。試みに擧す看ん。
本則(ほんそく):
風穴(ふけつ)垂語して云く、「もし一塵を立すれば家国興盛し、一塵を立せざれば家国喪亡す」。雪竇(せっとう)拄杖(しゅじょう)を拈じて云く、「還って同生同死底の衲僧ありや」。
頌(じゅ):
野老は從い眉を展べずとも、且く家國に雄基を立つることを図らん。謀臣猛將今何(いずこ)にか在る、萬里の風只だ自知するのみ。
《無門関》第二十四則:離却語言
本則(ほんそく):
風穴和尚因みに僧問う、「語黙(ごもく)、離微(りみ)に渉(わた)り、如何にせば通じて不犯(ふはん)なる。」穴云く、「長えに憶う江南三月の裏、鷓鴣啼く處百花香し。」
離微:『離』とは諸相を離れ寂滅無余なる『法性(ほっしょう)』の『体』を表し、『微』とは微妙不可思議な『法性』の『用』を表す。
評唱(ひょうしょう):
無門曰く、「風穴、機掣電(せいでん)の如く、路を得て便ち行く。爭奈(いかん)せん前人の舌頭に坐して不斷なることを。若し者裏(しゃり)に向って見得(けんとく)して親切ならば、自ら出身(しゅっしん)の路有らん。且く語言三昧を離却(りきゃく)して、一句を道(い)い將(も)ち來れ。」
頌(じゅ):
頌に曰く、風骨の句を露わさず、未だ語らざるに先ず分付す。歩を進めて口喃喃(なんなん)、知んぬ君が大いに措(お)くこと罔(くら)きを。

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】 『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】 しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】 『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。
ご購入はこちら



世界は一つ:AD-SEAnews
AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

ご意見/配信停止


SEAnews Twitter


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnews eBookstore


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年09月13日 23:56 | CM : 0 | TB : 0
SEAnews Lastest Top News vol.190815 BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 0px; text-: none } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン
Latest Top News(vol.190815)
(最新ニュース 27件)
2019-08-15 ArtNo.46550(1/27)
◆憲法370条の廃棄は国益に奉仕:副大統領




【チェンナイ】M.ヴェンカイアー・ナイドゥ副大統領は、「憲法第370条の廃棄は、国の将来、保安と安寧の上から国益に資し、また刻下の急務であり、正に時宜に適ったものである。今や法案が可決されたので、この問題について自由に話すことができる」と語った。
○カシミール特区廃止は『テロ』に終止符を打つため:内相
○トランプ発言が第370条早期廃止の主因(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46551(2/27)
◆废除宪法第370条符合国家利益:副总统




【金奈】副总统M.旺凯亚·奈杜(M Venkaiah Naidu)说「废除宪法第370条,为了未来和安全以及保障符合国家的利益并当务之急,这是一件好事。」他说「现在有关法案获得通过,我可以坦率地谈论这个问题。」
○克什米尔的特殊地位被废弃以结束『恐怖主义』:阿米特·沙阿
○特朗普言论是提早废除第370条的主要原因(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46552(3/27)
◆Abrogation of Article 370 is in the interest of nation: Vice President




【Chennai】Abrogation of Article 370 is in the interest of the nation for its future, for security and safety. That's the need of the hour. It is a good thing, said Vice President M Venkaiah Naidu. "Now that the Bill has been passed, I am free to talk on the issue," he said.
○Kashmir's special status was scrapped to end 'terrorism,' says Amit Shah
○Donald Trump supplied a quick trigger(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46553(4/27)
◆冥き黎明




【イスラマバード】天性の女僕、カシミールはインド人民党(BJP)にたぶらかされた。インドのアミット・シャー内相は、大統領特権を運用し、インド憲法370条によって保証されたジャム&カシミールの特別な地位を廃止した。彼は、ジャム&カシミールをジュナーガドやハイデラバードあるいはゴアの残滓とともにゴミ箱に追いやった。
○1948年第47国連決議
○シムラ協定/ラホール宣言
○『モディ&シャー商会』の目標(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46554(5/27)
◆黒暗的黎明




【伊斯兰堡】克什米尔-天性的女仆-被印度人民党(BJP)所蛊惑。印度内政部长阿米特·沙阿(Amit Shah)通过一挥总统笔(presidential pen)而废止被印度宪法第370条保障的查谟和克什米尔的特殊地位。他将查谟和克什米尔跟居那加徳(Junagadh),海得拉巴(Hyderabad)和果阿(Goa)的残骸在一起扔掉垃圾箱里。
○1948年第47号联合国决议
○『西姆拉协定』/『拉合尔宣言』
○『莫迪和沙阿商行』的目标(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46555(6/27)
◆A dark dawn




【Islamabad】KASHMIR — nature's handmaiden — lies ravished by the BJP. India's Minister of Home Affairs Amit Shah has revoked, with the stroke of a presidential pen, the special status of Jammu & Kashmir guaranteed under Article 370 of the Indian constitution. He has relegated them to the dustbin that contains the remains of Junagadh, Hyderabad and Goa.
○UN Resolution No. 47 of 1948
○Shimla Agreement/Lahore Declaration
○The aim of Messrs Modi and Shah(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46556(7/27)
◆ジャム&カシミール、米国大統領の調停を歓迎




【ダッカ】ジャム&カシミール国民協議会(JKNC:Jammu and Kashmir National Conference)議長を務めるファルーク・アブデゥッラー国会議員は7月23日、長引くジャム&カシミール問題を解決するためドナルド・トランプ米国大統領に仲裁を求めたナレンドラ・モディ首相を祝福するとともに、世界の大国にカシミールをピース・ゾーンにするよう呼びかけた。
○印パ両国は敵意を捨てるべき時:J&K国民協議会
○J&K議員もモディ首相の勇気ある行動を歓迎
○カシミールは政治的および人道的問題:全党自由会議
○世界の指導者はトランプ大統領に見習うべし:人民党議長(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46557(8/27)
◆查谟和克什米尔欢迎美国总统的调解




【达卡】查谟和克什米尔全国会议(JKNC:Jammu and Kashmir National Conference)主席兼议员法鲁克·阿卜杜拉(Farooq Abdullah)博士于7月23日,祝贺纳伦徳拉·莫迪总理向美国总统唐纳徳·特朗普寻求调解查谟和克什米尔的长期争端,并向世界大国呼吁将克什米尔成为和平区。
○印和巴早就应该放弃敌意:J&K全国会议
○J&K议员也欢迎莫迪总理的勇敢行动
○克什米尔是一个政治和人道性问题:泛党自由大会
○全球领导人应该向特朗普总统学习:人民政治党主席(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46558(9/27)
◆Jammu and Kashmir welcome the US President's mediation




【Dhaka】Jammu and Kashmir National Conference president and Member Parliament Dr Farooq Abdullah on July 23 congratulated Prime Minister Narendra Modi for seeking intervention of United States President Donald Trump in solving the protracted issue of Jammu and Kashmir and asked world powers to make Kashmir a peace zone.
○It's high time for Indo-Pak to shun hostilities: J&K National Conference
○J&K MPs also welcomed the courageous move of PM Modi
○Kashmir is a political and humanitarian issue: Hurriyat Conference
○Global leaders should follow the suit of Trump: People's Political Party(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46559(10/27)
◆米国、カシミール紛争調停表明:パキスタン歓迎




【ダッカ】カシミール問題は、二つの隣国インドとパキスタンを超えて、世界の主要覇権国家の米国も巻き込み、今また国際政治に波紋を生じさせた。
○モディは『調停を引き受ける考えはあるか』と私に聞いた
○インド外務省は直ちに否定(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46560(11/27)
◆美国提议调解克什米尔争端:巴基斯坦欢迎




【达卡】克什米尔问题这次超越了两个邻国 - 印度和巴基斯坦,却卷入世界主要霸权国美国而对国际政治再次激起了波纹。
○莫迪说『你想成为调解员或仲裁员吗?』
○印度外交部立即否认(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46561(12/27)
◆Kashmir Arbitration Offer By US:Pakistan welcomes




【Dhaka】Kashmir issue has once again stirred the politics involving this time , beyond two neighbours – India and Pakistan, the major global power United States of America.
○Modi said would you like to be a mediator or arbitrator?
○Indian Ministry of External Affairs denies immediately(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46562(13/27)
◆国益に対する裏切り:国民会議派総裁




【ニューデリー】国民会議派のラーフル・ガンディー総裁は「トランプの主張が事実なら、モディはインドの国益を裏切ったことになる」と述べたが、少なからぬ野党指導者が国会の内と外で、これに呼応する発言を行った。
○ソニア・ガンディー女史、国民会議派暫定総裁に復帰(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46563(14/27)
◆莫迪背叛了国家的利益:国大党总裁




【新徳里】印度国大党领导人拉胡尔·甘地说「如果特朗普所声称的是真的,那么莫迪已经背叛了印度国家的利益」,这种情绪得到了几位反对派领导人的支持,他们在国会议场内外发表了讲话。
○索尼娅·甘地女士回到国大党临时总裁(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46564(15/27)
◆Modi has betrayed India's interests: Congress leader Rahul Gandhi




【New Delhi】If what Trump claims is true, Modi has betrayed India's interests, Congress leader Rahul Gandhi said, a sentiment backed by several Opposition leaders who spoke out in Parliament and outside.
○Sonia Gandhi back at Congress helm as interim president(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46565(16/27)
◆2018−19年度外国直接投資額過去最高のUS$643.7億記録




【ニューデリー】商工省傘下の産業国内取引促進局(DPIIT:Department for Promotion of Industry and Internal Trade)の年次報告書によると、インドは2019年3月期会計年度に史上最高の643億7000万米ドルの外国直接投資(FDI)の流入を見た。過去5年間のFDI流入額は2860億米ドルだった。(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46566(17/27)
◆2018-19年度外国直接投资总额达到643.7亿美元的新记录




【新徳里】根据贸工部之下工业和国内贸易促进局(DPIIT:Department for Promotion of Industry and Internal Trade)年度报告,印度在2019年3月底为期的2018-19财政年期间获得了有史以来最高的643亿7000万美元外国直接投资(FDI)的流入。在过去五年中,印度收到了价值2860亿美元的外国直接投资。(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46567(18/27)
◆India received highest-ever FDI worth .37 b




【New Delhi】India received the highest-ever foreign direct investments (FDI) inflow of USD 64.37 billion during the fiscal ended March 2019, according to the Annual Report 2018-19 of the Department for Promotion of Industry and Internal Trade (DPIIT) under the commerce and industry ministry. In past five years, FDI worth USD 286 billion were received in the country. (...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46568(19/27)
◆パドマ橋建設巡るリンチ事件の背後に反政府勢力の陰




【ダッカ】バングラデシュでは、これまでに、全国で女性を含む8人が、子供の誘拐の噂を巡り撲殺されており、アサダザーマン・カーン内相は7月23日、殺害に責任を負う者は殺人事件に関わった廉で告発されると述べた。
○情報相、政治的背景指摘(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46569(20/27)
◆政府在帕徳玛大桥计划引起的暴民林奇事件背后发现『反政府』的联系




【达卡】在孟加拉国,到目前为止,包括妇女在内的8个人因涉嫌绑架儿童的谣言在全国各地遭到殴打致死。内政部长阿萨杜扎曼·汗(Asaduzzaman Khan)于7月23日表示,那些应对杀人事件负责的人将在谋杀案件中被指控。
○信息部长闻到政治气味(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46570(21/27)
◆Govt Finds 'Anti-Govt' Links In Mob Lyncing over Padma Bridge project




【Dhaka】So far, eight people, including women, have been beaten to death across the country over the rumours of child abduction. Home Minister Asaduzzaman Khan on July 23 said those who are responsible for the killings will be made accused in murder cases.
○Information Minister smells politics (...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46571(22/27)
◆エルシャド亡き後のバングラデシュ政治の行くへ?




【ダッカ】福祉政策に敏感な定年退職した元銀行員の隣人が2019年7月14日の早朝、「国民党(Jatiya Party)党首ホサイン・ムハマド・エルシャド退役将軍がたった今死去した」と電話で知らせてくれた。私は一人のイスラム教徒として即座に『インナ・リラヘオインナ・イライヘ・ラジュン』と唱え、『誰も死んで、アッラーに戻り、この世における善行悪行の報いを受けねばならない』と答えた。
○エルシャド氏の死去で国民党の指導権争い顕在化(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46572(23/27)
◆什么看起来没有艾尔沙徳的孟加拉国政治?




【达卡】我的一个邻居(对国家福利政策很敏感的退休银行家)于2019年7月14日早晨用电话告诉我,民族党(Jatiya Party)主席侯赛因·穆罕默徳·艾尔沙徳(Husain Muhammad Ershad)退役将军刚去世。我作为一个回教徒立刻背诵了『Inna LillaheOinna Ilaihe Rajeun』,并说「每个人都必死而回到安拉(Allah),必得在这个世界里所做的善事和恶事的报应。」
○艾尔沙徳的去世后,民族党的夺权斗战表面化(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46573(24/27)
◆What Would Look Bangladesh Politics Without Ershad?




【Dhaka】In the morning of July 14, 2019 my neighbor a retired banker sensitive to welfare of the country informed me me over telephone that Jatiya Party Chairman General (Retd) Husain Muhammad Ershad Just passed away. I in response to which I as a Muslim instantly recited Inna LillaheOinna Ilaihe Rajeun, and said everybody is mortal and must return to Allah to answer his/her deeds or misdeets in the world.
○JP Embark On Leadership Feud After Ershad's Death(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46574(25/27)
◆書評:聖霊のバプテスマ(隣人愛)




 十字架を負うてゴルゴタの丘に向かう途中、疲れ果てたイエスは、一軒の靴屋の前で立ち止まり、一杯の水を所望した。しかし靴屋の主人アハスヴェルスは、「あっちへ行け」と荒々しくイエスを追い払った。するとイエスはじっとアハスヴェルスを見据え「私が再臨するその時まで、安らぐ遑(いとま)なく地上を彷徨(さまよ)うがいい」と呪いの言葉をのこして立ち去った。その後千数百年を経た18世紀に至るまで、ヨーロッパ各地で、故郷を追われ、世界中を彷徨い歩くアハスヴェルスが目撃されたと言う。
○『善きサマリア人のたとえ』
○ルカの深謀遠慮?
○サマリア人の由来
○イエス/パウロとエッセネ派との関わり
○サマリア人こそ隣人
○彷徨えるアハスヴェロス
○ユダヤ人こそ隣人:アンデルセン
○他は是れ阿誰(あすい)
○『僕はイエローで、ホワイトでちょっとブルー』
○日本人も要学習!?(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46575(26/27)
◆书评:圣灵的施洗(爱邻居如爱己)




 在前往叫各各他(Golgotha:墓地)的地方以被钉死在十字架上的时侯,耶稣疲惫不堪地停在一个名为亚哈随鲁(Ahasverus)的犹太鞋匠的门口,向他问了一杯水。但,鞋店的主人亚哈随鲁疯狂地说「滚出去魔鬼。」耶稣把两眼紧盯着亚哈随鲁的面孔一会儿,就回答说「我会去,但你必须永远不休地彷徨世界,直到在最后审判时我回来。」据说,直到甚至在一千几百年之后的18世纪还在欧洲各地被看见从祖国流亡的亚哈随鲁。
○好撒玛利亚人的比喻
○路加的深谋远虑?
○撒玛利亚人的起源
○耶稣/保罗与爱色尼派的关系
○撒玛利亚人才是邻居
○流浪的犹太人亚哈随鲁
○犹太人才是邻居:安徒生
○他是阿谁
○『我是黄色,白色和一点蓝色』
○日本人也需要学习!?(...Read more)
2019-08-15 ArtNo.46576(27/27)
◆Review:The baptism of the Holy Spirit (Love your neighbor as yourself)




 On the way to the hill of Golgotha carrying the cross, Jesus exhausted and stopped by the door of a Jewish cobbler called Ahasverus and asked him a cup of water. But the Jew drove him along wickedly with these words: "Go, go you tempter." Then Jesus kept his eyes on Ahasverus for a while and answered him, "I will go but you must walk arownd the earth and never rest until my second coming in the Last Judgement." It is said that Ahasverus, who had been exiled from his native country, was witnessed all over Europe until the 18th century, which was even after one thousand and some hundreds of years later from it.
○The Parable of the Good Samaritan
○Far sight and deep design of Luke?
○Origin of the Samaritan
○Jesus and Paul's relationship with Essenes
○Samaritans are the very our neighbors
○Wandering Ahasverus
○Jews are the very neighbors for Andersen
○Who Is That?
○"I'm Yellow, White and a little Blue"
○Japanese also need to learn! ?(...Read more)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年08月15日 10:14 | CM : 0 | TB : 0
Misc vol.190729j BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; TEXT-DECORATION: none; PADDING-TOP: 0px } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン

書評:聖霊のバプテスマ(隣人愛)

 十字架を負うてゴルゴタの丘に向かう途中、疲れ果てたイエスは、一軒の靴屋の前で立ち止まり、一杯の水を所望した。しかし靴屋の主人アハスヴェルスは、「あっちへ行け」と荒々しくイエスを追い払った。するとイエスはじっとアハスヴェルスを見据え「私が再臨するその時まで、安らぐ遑(いとま)なく地上を彷徨(さまよ)うがいい」と呪いの言葉をのこして立ち去った。その後千数百年を経た18世紀に至るまで、ヨーロッパ各地で、故郷を追われ、世界中を彷徨い歩くアハスヴェルスが目撃されたと言う。
『善きサマリア人のたとえ』

ある律法学者がイエスに「先生、何をしたら永遠の生命を受けられますか」と尋ねた。イエスは「律法にはなんと書いてあるか」と問い返した。律法学者は、「『心をつくし、精神をつくし、力をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。また、『自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ』とあります」と答えた。イエスは「あなたの答は正しい。そのとおり行いなさい。そうすれば、永遠の生命が得られる」と答えた。
しかし律法学者は、「では、わたしの隣人とはだれのことですか」と重ねて尋ねた。するとイエスは次のような譬え話をして聞かせた。「ある人がエルサレムからエリコに下って行く途中、強盗が彼を襲い、その着物をはぎ取り、傷を負わせ、半殺しにして逃げ去った。たまたま、ひとりの祭司が通りかかったが、この人を見ると、向こう側を通って行ってしまった。次ぎにレビ人もやって来たが、彼を見るとやはり向こう側を通って行ってしまった。ところがその場に差し掛かった一人のサマリア人は、気の毒に思い、近寄って来ると、傷口にオリーブ油と葡萄酒を注ぎ、包帯をした上、自分の家畜に載せて宿屋に連れて行き、さらに介抱してやった。翌日デナリ硬貨2枚を宿屋の主人に渡すと、『この人を見てやってくれ。費用が余計にかかったら、帰りがけに私が支払うから』と行って立ち去った。」イエスが「この三人のうち誰が強盗に襲われた人にとって隣人と思うか」と問うと、律法学者は「その人に慈悲深い行いをした人です」と答えた。そこでイエスは、「あなたも行って同じようにしなさい」諭した(ルカ10:25-37)。
ルカの深謀遠慮?

『善きサマリア人のたとえ』は、ルカ福音書のみに存在し、他の三つの福音書(マルコ/マタイ/ヨハネ福音書)には存在しない。しかし『隣人愛』に関する前半部分は、『マルコ福音書』と『マタイ福音書』にも異なる文脈で紹介されている。
ルカ福音書では、イエスが伝道する予定の町や村に予め二人一組の弟子を派遣して広報活動に当たらせるため、十二使徒に続き、七十二人の宣教師を任命したと言う記事の後に、件(くだん)の律法学者が登場するが、マルコ福音書(12:28-34)とマタイ福音書(22:35-40)では、ロバに乗り群衆を率いてイスラエルの王としてエルサレムに入場し、神殿から商人を追い払ったイエスが、先ず祭司長、律法学者、長老たち、続いてパリサイ人やヘロデ党のものたちと問答した後に登場する。
またマルコ/マタイ両福音書では、イエス自身が「第一のいましめは、『主なるわたしたちの神は、ただひとりの主である。心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。第二のいましめは『自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ』。これより大事ないましめは、ほかにない」と説いている。
『申命記』第6章4-5節に記された第一の戒めの原文は次のようなものだ。「聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとりである。心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。」
第二の戒めは『レビ記』第19章18節で、次のように記述されている。「復讐してはならない。あなたの国の人々を恨んではならない。あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。わたしは主である。」

レビ記が編纂された当時のイスラエルは、おそらく12乃至14部族の聯合体が形成される過程か、形成されたばかりの頃で、モーセやその後継者達は、依然として異なる氏神信仰の伝統を保持する部族間の軋轢に悩まされていたことだろう。だから『隣人(自分達以外の他部族)を同族と同様に愛し、譬え軋轢が生じても復讐の連鎖を生じさせてはならない』と戒めたのだろう。ソロモンの死後、案の定12部族の大半が反旗を翻し、イスラエル北王国を建国し、南のユダ王国を凌ぐ繁栄を謳歌した。北王国がアッシリアに滅ぼされた後、南のユダ王国は、二大強国アッシリアとエジプトの一方と同盟し、他方の脅威に対処する綱渡り外交を通じて、その後も生き延び、モーセの第五書『申命記』に基づく宗教改革により、宗教的求心力の維持を図った。このため『申命記』第6章4−5節は、『イスラエルの主はただ一つである』と強調している。
したがって『隣人』とはイスラエルの神、即ちヤハウェを信じるイスラエルの民に限定されることは明白だ。ルカ福音書に登場する、律法学者は、そんなことは百も承知で敢えて「『隣人』とは誰のことか」と問うたのである。どうやら、『善きサマリア人のたとえ』を用いて、「隣人とは誰か」を解き明かしたイエスの教えには、ルカの深謀遠慮が隠されているようだ。
サマリア人の由来

ユダもサマリアも元々ダビデやソロモンが統治したイスラエル王国の一部だった。しかしソロモンの死後、息子のレハベアムが即位すると、12部族の大半が反旗を翻し、サマリアを首都とする北イスラエル王国を建国した。これに対して、ソロモンの息子を押すユダ族およびベニヤミン族とレビ族の一部は、エルサレムを首都とする『ユダ王国』を建てた。その後、両国は相前後して滅亡したが、サマリアの住民はアレクサンドロス大王の時代にゲリジム山に神殿を築き、独自のユダヤ教を樹立した。
こうした事情からユダ族を中心とする生粋のユダヤ人は、イエスの時代になっても、サマリア人を蔑(さげす)み交際することを避けていた。
イエス/パウロとエッセネ派との関わり

『神を愛する事と隣人を愛する事は一つ、すべての律法はこれに帰結する』と説いたのはファリサイ派の指導者ラビ・ヒレルであり、このラビ・ヒレルの支持者らによりエッセネ派が組織されたとされる。自分のことをファリサイ派と称したパウロは、ヒレルの孫のガマリエルを師匠とした。
エッセネ派は、セレウコス朝やローマの支配に迎合した既存の祭司階級やその管理下の神殿の権威を認めなかったが、エルサレム教会を率いたイエスの弟小ヤコブは、王族ダビデとレビ族アロン双方の血を引く正統な司祭階級として、大祭司のみに許された神殿の聖所における祭儀を執り行っていた。
他方、この頃、アジア州における布教を巡り、『解放された奴隷の会堂』やエルサレム教会主流派と不仲になったパウロは、所謂ユダヤ人の陰謀を察知し、ルカの支援下にヘレニスト信者の代表からなる一大援護団を率いて、エルサレムに乗り込んだものの、神殿の外に引きずり出され、謀殺されかけたが、ローマ軍によってからくも救出された。
イエスは、大祭司カイアファの屋敷に隣接したエッセネ派の集会所の二階で十二使徒と『最後の晩餐』を共にしたが、同集会所の家主マリア・サロメは、イエスに対して「あなたは誰なのですか、一人から出たような人よ。あなたは私の寝台に上り、そして私の食卓から食べました(トマス61)」と問いかけており、最後の晩餐の席で、イエスの胸に寄りかかっていた最愛の弟子(ヨハネ13:23)は、サロメの息子で福音書作家のヨハネ・マルコだったのではなかろうか。『ヨハネ福音書』の著者は、同名のマルコ・ヨハネと自分を重ね合わせているように見える。
サマリア人こそ隣人

いずれにしても、エッセネ派集会所家主の息子マルコが、『隣人愛』を、『神を愛する』ことと同様に最も重要な戒めとしたのは頷ける。『マタイ福音書』は、『マルコ福音書』の同記述をほぼそのまま引き継いだが、『ルカ福音書』は異なる場面で紹介しただけでなく、最も重要な戒めをイエスではなく、律法学者に語らせた上、『善きサマリア人のたとえ』を補足、強盗に襲われ傷ついた旅人を見捨てた祭司やレビ人(つまりユダヤ人)よりも、介抱したサマリア人こそ、隣人であるとイエスに説かせている。しかし、ルカのこの深謀遠慮は、後世になってユダヤ人に大災害をもたらす一因になったようだ。
彷徨えるアハスヴェロス

十字架を負うてゴルゴタの丘に向かう途中、疲れ果てたイエスは、一軒の靴屋の前で立ち止まり、一杯の水を所望した。しかし靴屋の主人アハスヴェルスは、「あっちへ行け」と荒々しくイエスを追い払った。するとイエスはじっとアハスヴェルスを見据え「私が再臨するその時まで、安らぐ遑(いとま)なく地上を彷徨(さまよ)うがいい」と呪いの言葉をのこして立ち去った。その後千数百年を経た18世紀に至るまで、ヨーロッパ各地で、故郷を追われ、世界中を彷徨い歩くアハスヴェルスが目撃されたと言う。
慶応義塾大学名誉教授の荒井秀直氏が1968年に発表し、『慶應義塾大学学術情報リポジトリ』に収録されている論文によると、11世紀初頭の十字軍によるユダヤ人迫害を背景に、13世紀初頭から『彷徨えるユダヤ人』を題材にした類似の寓話がヨーロッパ各地に出現した。ドイツのある教会が1602年に『アハスヴェルスと言う名のユダヤ人』と題するパンフレットを発行して後、ドイツ国内ばかりでなく、全世界に『彷徨えるアハスヴェロス』の物語が広まったらしい。そしてこの物語の特徴は、キリスト教の根本理念としての『救い』が欠如していることと言う。
ユダヤ人こそ隣人:アンデルセン

時代は下り、ナポレオンがフランス皇帝に就任した翌年の1805年にデンマーク、オーデンセの貧しい靴職人の子として生まれたアンデルセンは、7歳で父親を亡くした。洗濯女として一家を支えた母親が再婚した後、大道芸人のまねごとをして小銭を稼いでいたが、ボーイソプラノが認められ14歳でコペンハーゲンの王立デンマーク劇場に就職した。半年後に変声期を迎え、役者としての道を断たれたものの、作成した人形劇の台本が縁で、王立デンマーク劇場の支配人ヨナス・コリンの後援を得、17歳でラテン語学校に入学、さらにコペンハーゲン大学に進学した。しかしコリンから次女ルイセ・コリンとの仲を裂かれたことから、絶望し、イタリアに出奔、自伝的小説『即興詩人』を著した。再びコリンの尽力で年金を手に入れたアンデルセンは、『人魚姫』等を著したが、15歳年下の歌姫イエニィ・リンドから求婚を断られると、再び絶望し、伝説のユダヤ人さながらに流浪の旅に出た。40歳で『戯曲アハスヴェロスを』を発表したアンデルセンは、晩年は少数のユダヤ人家族と親交を結び、70歳でその生涯を閉じたと言う。
他は是れ阿誰(あすい)

中国の北宋(960-1127)時代に湖北省蘄州黄梅県黄梅山の東山寺に住した法演禅師(ほうえんぜんじ:1018-1104)は、ある日弟子たちに、「仏教の開祖釈迦も、その釈迦の死後56億7000万年後に再臨する弥勒菩薩も他(た)の僕(しもべ)である。さあ、他とは誰か言って見よ」と命じた。
イエスも「年の功を重ねた老人は、生後七日目の小さな子供に命の場所について尋ねることを躊躇しないだろう。そうして彼は生きるだろう。なぜなら、多くの先のものは、後のものになるであろうから。そして彼は単独者になるであろうから(トマス4)」と説いている。年の功を重ねた老人とは、律法を学び経験知を積み社会的に尊敬される人の意であり、生後七日目の小さな子供とは、まだ割礼を受けていないユダヤ人社会では人として認められていない幼児、原初的存在を意味する。つまり真の智者は、幼子や石ころのような一見、単純でつまらぬものにこそ『命の場所』すなわち『御国』を見出し、何者にも依存しない、創造神を超えた聖なる単独者(Autogenes)になると言うのである。共観福音書(マルコ/マタイ/ルカ福音書)においても、イエスは弟子たちに、知者に優先するものとして幼子を提起している。トマス福音書は『単独者』と言うキーワードを繰り返し用いて、男と女が神と一体であった原初に立ち返る必要を説いている。
法演禅師から数えて五代目の直系の弟子で《無門関》と言う公案録を遺した南宋(1127-1279)の禅僧、無門慧開和尚(むもんえかいおしょう1182-1260)は、この公案(無門関四十五則)に「もしこの『他』が分かれば、路上で自分の父親に出会ったようなもので、間違いようがない。他人に是非を問う必要など毛頭ない」と評し、さらに「他の弓を引いてはならない、他の馬に乗ってはならない、他の非を弁じてはならない、他の事を詮索(せんさく)してはならない」と頌(じゅ)を付けている。

法演禅師の弟子達は一人一人、師の部屋に呼ばれ、その見解(けんげ)を述べた。これを入室(にっしつ)参禅(さんぜん)と言う。この頃、安徽省和県歴陽鎮大西門外の開聖寺中興の祖として知られる開聖覚初禅師も諸方行脚の途中東山寺に掛錫していた。覚初禅師は『覚老(かくろう)』と尊称されていた。法演禅師が入室した覚老に大音声で「他は是れ阿誰」と問うと、覚老は「胡張三(こちょうさん)、黒李四(こくりし)/胡子(赤髭)の張家の三男坊、黒臉(黒面)の李家の四男坊」と答えた。張も李もありふれた姓で、中華人民共和国が『一人っ子政策』を推進する以前には、道を歩けば、どこでも張家の三男坊や李家の四男坊に行き当たった。そこで張三李四(ちょうさんりし)は、取り柄のない凡人を意味した。胡子は達磨、黒臉は釈迦牟尼の隠語。覚老の見解を聞いた法演禅師は、ニヤリと笑い「よし、合格だ」と印可した。しかし、東山寺で首座を務めていた『碧巌録』の著者圓悟克勤(えんごこくごん)禅師(1063-1135)は、法演禅師に「好いには好いが、もう一工夫(ひとくふう)させてはどうか」とアドバイスした。法演禅師は、「それもそうだ」と言って、翌日、覚老が入室すると、もう一度、「他は是れ阿誰」と聞いた。覚老が「昨日、お答えしたでしょう」と言うと、法演禅師は「好いから答えろ」と促した。そこで覚老がまた「張家の三男坊、李家の四男坊」と言うと、法演禅師は「だめだ」と言った。覚老が「でも昨日は『合格』とおっしゃったでしょう」と抗議すると、法演禅師は「昨日は昨日、今日は今日だ」と答えた。覚老はこれを聞いて大悟したと言う。余談になるが圓悟克勤禅師の字(あざな)も覚初。
釈迦は菩提樹の下で禅定に入り、「天上天下、唯だ我独り尊し、草木国土は悉(ことごと)く皆な成仏している」と証見(しょうけん)した。つまり時空を越え、宇宙と一体の絶対の境地に立つなら、存在するのは、自分唯だ独りで、草木国土は自己に包摂されており、自分が成仏すれば、世界全体が成仏する。しかし、相対界の現世においては、依然として賓主(客体と主体)は歴然としており、森羅万象は時々刻々変化している。だから今日は、家内が『他』なら、明日は娘が『他』であり、今日、部長が『他』なら明日はお茶くみの新入社員が『他』かもしれない。
イエスは「あなたがたは『隣人を愛し、敵を憎め』と言うことを聞いたことがあるだろう。しかし私はあなた方に言う『敵を愛し、迫害するもののために祈れ』と。天にましますあなた方の父の子となるためである。天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らして下さるからである。(マタイ5:43-45)」と述べている。
『僕はイエローで、ホワイトでちょっとブルー』

最近、英国在住の日本人女性ブレイディみかこ女史がアイルランド人の夫との間に生まれた息子さんの中学校生活を題材に著した新作『僕はイエローで、ホワイトでちょっとブルー』が、NHKジャーナル(ポッドキャスティング)で紹介されていた。
人種差別をむき出しにするクラスメート、制服の購入さえ苦労する貧しい生徒、ジェンダーに悩む同級生などに戸惑いながらも、楽しげに適応して行く息子のけなげな学校生活ぶりが描かれているようだ。
この学校では教師が授業中に「これからはエンパシーの時代だ」と説き、LGBTQの問題も含めた『性教育』や『シチズンシップ教育』、『子どもの権利条約』などに関する学習がなされていると言う。さすがにイギリスらしい。
みかこ女史によると、シンパシーは似た境遇の人に同情する感情的、情緒的心理作用だが、エンパシーは境遇や立場の異なる人に対しても相手の立場に立って考える知的作業と言う。これはイエスが説いた『隣人愛』に通じるように見える。イエスは「己を愛するように隣人を愛せ」と言う旧約の一節を掲げ、「これに勝る戒めはない」と述べている(マルコ12:31)。
日本人も要学習!?

新孤立主義やネオナチズムの脅威が囁かれ、東アジア情勢が変化する昨今、日本のネット・メディアに『Zainichi』と言う言葉が飛び交うようになった。この言葉は、『在日アメリカ人』、『在日英国人』と言った具合に国籍を表す外国人の類別が付けば、何等問題ないが、単に『Zainichi』と言うと、終戦直後の進駐軍を除く外国人、つまり日本人と米国人以外の第三国人を想起させる。当時の第三国人と言えば、大部分が朝鮮人と中国人だった。
当初はネット右翼が、左翼や反主流派を攻撃する際にこの言葉を連呼していたが、最近は様相が変わり、いわゆる保守派の攻撃にも『Zainichi』が用いられるようになった。いわく、某元首相は、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した際に連れてこられた朝鮮人の末裔であり、某元首相が最高顧問を務め、多数の保守党議員が加盟する某会議や某宗教団体も、甚だしきに至っては皇室も『Zainichi』と言う。
確かに、縄文人は氷河時代にマンモスを追って到来したシベリアの狩猟民だったかも知れず、大和朝廷は、朝鮮半島経由で日本に侵攻した騎馬民族だったかも知れない。総じて日本人はそれぞれ異なる遺伝子を保持する移民集団であり、固有の日本人など存在しない。
日中関係や日韓関係、あるいは移民問題は積極的に論じられるべきだが、終戦直後の差別的イメージを伴う『Zainichi』を、持ち出すのはいただけない。我々も、もう一度中学生にもどって『エンパシー』について学ぶ必要がありそうだ。
またユダヤ教徒、キリスト教徒、回教徒、その他の宗教信者や無神論者が互いにエンパシーを働かせるなら、目下直面している中東問題や貿易摩擦の解決策も見いだすことができるだろう。<以下次号>
【参照】
《無門関》第四十五則:他は是れ阿誰(あすい)
本則(ほんそく):
東山演師祖(とうざんえんしそ)曰く、「釈迦も弥勒も猶を是れ他(た)の奴(ぬ)。且く道え、他は是れ阿誰(あすい)」。
評唱(ひょうしょう):
無門曰く、「若(もし)也(また)他を見得(けんとく)して分曉(ふんぎょう)ならば、譬えば十字街頭に親爺(しんや)に撞見(どうけん)するが如くに相い似て、更に別人に問うて是と不是と道うことを須(もち)いず」。
頌(じゅ):
頌に曰く、他の弓を挽くこと莫れ、他の馬に騎ること莫れ、他の非を弁ずること莫れ、他の事を知ること莫れ。
《大正新修大藏経》《指月録》
 和州(わしゅう)開聖覚初禅師叢林を遍游し,一日五祖法演禅師の処に来たり到る。法演他(かれ)に問う「释迦も弥勒も猶(なお)是れ他の奴。且く道(い)え他は是れ阿誰(あすい)。」覚云く「胡張三黒李四。」師其の語を然(ぜん)とす。時に圜悟和尚座元(ざげん)を為す。師此の語を挙し之を似(じ)す。悟云く「好は則ち好。恐(おし)むらく未だ実ならず。放過(ほうか)するは不可なり。更に言下に於いて捜看(そうかん)すべし。」次日(じじつ)入室す。前の如く垂問(すいもん)す。覚云く「昨日、和尚に向って道い了わる。」師云く「甚麼(なんと)道うぞ。」覚云く「胡張三黒李四。」師云く「不是(ふぜ)、不是。」覚云く「和尚為甚(なんとしてか)昨日是と道えり。」師云「昨日は是。今日は不是。」覚言下に於いて大悟す。

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】 『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】 しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】 『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。
ご購入はこちら



世界は一つ:AD-SEAnews
AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

ご意見/配信停止


SEAnews Twitter


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnews eBookstore


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年08月03日 15:44 | CM : 0 | TB : 0
SEAnews Lastest Top News vol.190710 BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 0px; text-: none } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン
Latest Top News(vol.190710)
(最新ニュース 33件)
2019-07-10 ArtNo.46517(1/33)
◆大阪G20モディト・トランプ会談、印米関係促進ロードマップ提供




【ニューデリー】騒々しく、また持続的で刺々しい挑戦が控えているにしろ、先週の大阪におけるG20会議の間に実現したナレンドラ・モディ首相とドナルド・トランプ大統領の会談を契機にインドと米国の二国間関係には、明らかにポジティブな動向が生じた。
○5G技術開発では他国との提携が不可欠、それは中国か?
○米国、パキスタンを完全に除外した新インド太平洋地域戦略提起
○日印、モディ安倍会議に先立って初の2+2協議(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46518(2/33)
◆大阪G20 莫迪-特朗普会谈,提供促进印美关系的路线图




【新徳里】尽管喧嚣的起步并棘手挑战将继续下去,总理纳伦徳拉·莫迪和总统唐纳徳·特朗普上周在大阪20国集团会议中见面以来在印度与美国的关系上已经产生了一个明显积极的轨迹。
○在开发5G技术方面必须建立伙伴关系,是中国吗?
○美国,提起完全排除巴基斯坦的新印度太平洋区域战略
○印日,在莫迪安倍会议之前举办第一次2+2会谈(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46519(3/33)
◆Modi-Trump meet at Osaka G20 provides a road map to moving Indo-US relations forward




【New Delhi】Despite a noisy run-up and continuing, thorny challenges, the Indo-US relationship has emerged from last week's G-20 meeting in Osaka between Prime Minister Narendra Modi and President Donald Trump with a decidedly positive trajectory.
○India has to forge partnerships in developing 5G technology. Will it be China?
○New US strategy excludes Pakistan
○India-Japan maiden 2+2 talks ahead of Modi-Abe meeting(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46520(4/33)
◆モディ首相が目指す5兆ドル経済とは




【ニューデリー】ナレンドラ・モディ首相は6月15日に催された政府直属のシンクタンク『インド改造全国評議会(NITI Aayog:National Institution for Transforming India Aayog)』の会合で、2024年までにインド経済を5兆米ドルに拡大する目標を提起した。
○5兆ドル経済目標を達成するためにもオウン・ゴール回避を
○インドは5兆ドル経済を実現できるか(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46521(5/33)
◆莫迪总理标榜的5亿美元经济是什么样子




【新徳里】印度政府的主要政策智囊团『全国改革印度学会(NITI Aayog:National Institution for Transforming India Aayog)』在5月15日举办的会议上,纳伦徳拉·莫迪总理提起到2024年底之前将印度经济扩展到5亿美元的目标。
○要实现5亿美元经济目标,那么必须回避乌龙球
○印度能否成为5万亿美元的经济体?(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46522(6/33)
◆What a trillion economy would look like




【New Delhi】At the meeting of the Governing Council of the NITI Aayog on June 15, Prime Minister Narendra Modi announced the target of a trillion economy for India by 2024.
○To achieve its '-trn economy' goal, India must stop scoring own goals
○Can India become a trillion economy? (...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46523(7/33)
◆新予算案は農業所得倍増目指す長期農業政策に照準




【ニューデリー】近く上程される2019年度予算案には、農業部門に対する各種施策が盛り込まれるものと見られる。報告書によれば、2022年までに農業所得を倍増させるという目標を達成するため、政府は投資目的の長期借入にインセンティブを提供する必要もありそうだ。インド国立銀行(SBI:State Bank of India)はその調査報告書エコラップにおいて、「農業部門の資本形成は著しく停滞している」と述べている。
○デジタル・テックで農業所得倍増支援(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46524(8/33)
◆新年预算可能侧重于长期农业措施,以使农民收入翻倍




【新徳里】即将到来的2019年联邦预算案被预料为农业部门提供大量措施。根据报告,为了实现到2022年前农业收入翻番的目标,政府似乎还需要在即将到来的预算中为投资目的农业贷款提供奖励。印度国家银行(SBI:State Bank of India)在其研究报告Ecowrap中说「农业部门,资本形成明显地停滞不前。」
○数字技术帮助农民的收入増加一倍(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46525(9/33)
◆Budget 2019 may focus on long-term agricultural measures to double farmers' income




【New Delhi】The coming Union Budget 2019 may see a plethora of measures for the agriculture sector. In order to achieve the objective of doubling farm income by 2022, the government also needs to provide an incentive to agri term loans for investment purpose in the upcoming budget, the report said. The capital formation in agriculture has significantly stagnated, SBI said in its research report Ecowrap.
○Digital tech to help in doubling farmers' income(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46526(10/33)
◆中銀、電子マネーを現金に転換する小売り店網構築目指し専門委設置




【ムンバイ】ナンダン・ニレカニ氏に率いられるハイレベルの専門委員会は、中央銀行が、郊外のタウン・センターで電子マネーを現金に転換するキャッシュ・ポイントとして機能する一群の地元事業者や小売り店舗を選任するよう提案した。
○中央銀行、デジタル決済インフラ大幅拡張を議題に乗せる可能性検討
○銀行、現金還流業者利用し、手数料引き上げ待つ(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46527(11/33)
◆央行,设立专委会而研究将电子货币兑换成现金的当地零售店网的可行性




【孟买】由南丹•尼勒卡尼(Nandan Nilekani)先生领导的高级委员会已建议中央银行应该选任一群当地商务人士和零售店作为在郊区城镇中心将电子货币转换成现金的所谓的现金点(cash points)。
○央行考虑将重大扩展数字付款基础设施课题列入议程的可能性
○银行利用现金环流商,等待交换费上调(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46528(12/33)
◆RBI formed panel suggests roping in local retailers to act as cash points




【Mumbai】A high-level Nandan Nilekani-led panel has suggested the RBI rope in local business correspondents and local retail stores to act as cash points in semi-urban centres.
○RBI study moots boost to acceptance infra for digital payments
○Banks use cash recyclers, wait for hike in interchange fee (...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46529(13/33)
◆インド有権者、モディ首相にハイファイブ




【ニューデリー】インド人民党(BJP)は、第七回国会下院選挙において自らの牙城のインド北部に加え、西ベンガル州とオリッサ州でも大躍進し、同党だけで300議席以上を確保、ナレンドラ・モディ首相は、二期目の航海に乗り出した。
○2019年下院選挙結果は、宗教的分裂深刻化の現れ(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46530(14/33)
◆印度选民在第七届下院大选中给莫迪击掌




【新徳里】纳伦徳拉·莫迪总理在第七届国会下院大选中,除了在印度北部确保自己的堡垒之外,在西孟加拉州和奥里萨州取得了重大进展,仅仅人民党(BJP)而已已经获得300以上的议席,而启动第二任期的航行。
○2019年大选结果是宗教分裂深化的表现(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46531(15/33)
◆India gives Modi a high five




【New Delhi】Making major gains in West Bengal and Odisha while holding his own in northern India, Prime Minister Narendra Modi cruised to a second term in office, with the BJP alone looking set to win just over 300 seats in the seven-phase Lok Sabha election.
○The 2019 verdict is a manifestation of the deepening religious divide in India 【New Delhi】It (...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46532(16/33)
◆パキスタンのモディ・ジレンマ




【イスラマバード】モディ首相の先月のインド総選挙における劇的勝利により、パキスタンのインドとの緊張関係は大幅に緩和された。
○『無関与』
○『選択的関与』
○『制約』
○パキスタンの『核開発の父』カーン氏の回顧(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46533(17/33)
◆巴基斯坦的莫迪困境




【伊斯兰堡】随着莫迪总理在上个月的印度大选中取得了惊人的胜利,巴基斯坦与印度的紧张关系已经大大缓解。
○『无参与』
○『选择性参与』
○『约束』
○巴基斯坦核武之父汗先生的回忆(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46534(18/33)
◆Pakistan's Modi dilemma




【Islamabad】With Prime Minister Modi's spectacular win in the Indian general elections last month, Pakistan's fraught relations with India have been thrown into sharp relief.
○"Disengagement"
○Selective engagement
○"Constrainment"
○'Father of Pakistan's Nuclear Development' Mr. Khan's reminiscence (...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46535(19/33)
◆インド、パキスタンの二国間交渉再開提案を受諾:ソース




【イスラマバード】消息筋が地元パキスタンのジオ・ニュースに6月20日、語ったところによると、インドのナレンドラ・モディ首相は、パキスタンのイムラン・カーン首相のカシミール問題を含む全ての問題に関する二国間協議を再開する提案を受け入れた。
○二国間協議再開要請は受けていない:インド
○インド、パキスタンにカルタープール回廊問題協議提案(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46536(20/33)
◆印度接受恢复印巴双边谈判提案:来源




【伊斯兰堡】消息人士于6月20日告诉巴基斯坦的地理新闻(Geo News)说,印度总理纳伦徳拉·莫迪接受了巴基斯坦总理伊姆兰·汗的恢复克什米尔问题在内的所有课题的双边会谈的提议。
○没有受到重开双边会谈的提议:印度
○印度关于卡尔塔尔普尔走廊问题向巴基斯坦提议会谈(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46537(21/33)
◆India accepts PM Imran's offer for talks: sources




【Islamabad】Indian PM Narendra Modi has accepted PM Imran Khan's offer for resumption of talks between the two countries on all issues including Kashmir, sources told Geo News on June 20.
○No request for talks with Pakistan: India
○India proposes meeting with Pakistan on Kartarpur Corridor(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46538(22/33)
◆資金洗浄監視機関、パキスタンにテロ組織融資抑止遵守勧告




【オーランド】国際的な資金洗浄監視機関『マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF:Financial Action Task Force)』は6月21日、パキスタンに対し10月までに国際行動計画合意書に基づきテロ組織に対する金融抑止環境を改善するよう求め、同指示に従わない場合には制裁を科すと警告した。
○パキスタン、FATFブラックリスト入り回避
○パキスタン、本国送還者に対する死刑廃止(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46539(23/33)
◆全球监管机构警告巴基斯坦到10月前遵守威慑恐怖主义金融行动计划




【奥兰多】国际性货币洗钱管理机构『反洗钱金融行动特别工作组(FATF:Financial Action Task Force)』于6月21日向巴基斯坦警告说「到10月前改善其威慑恐怖组织金融的环境,否则将面临制裁。」
○巴基斯坦避免被列入FATF黒名单
○巴基斯坦撤销被遣返人的死刑(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46540(24/33)
◆Global watchdog give Pakistan until October to curb terror financing




【Orlando】Pakistan has until October to improve its counter-terror financing operations in line with an internationally agreed action plan or face actions against it, a global watchdog said on June 21.
○Threat of FATF blacklist averted
○Pak to revoke capital punishment for extradited people(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46541(25/33)
◆パキスタン、米国とアフガン紛争の政治的解決で合意




【イスラマバード】タリバーンが「イード停戦はない。ラマダン(断食月)が終わっても戦闘を継続する」と発表した直後の日曜日、パキスタンは、警戒を喚起する一方で、全ての関係方面に政治決着を通じ長期にわたる紛争を終結させる機会をつかむよう呼びかけた。
○パキスタン、アフガン内対話の必要性強調
○カーン首相、防衛予算を自主的に削減した軍を称賛(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46542(26/33)
◆巴基斯坦和美国同意在政治上解决阿富汗冲突




【伊斯兰堡】塔利班(Taliban)宣布将不会有开斋节休战,即使拉马赞即将结束,他们也会继续战斗。不久巴基斯坦周日一方面呼吁警戒,不过的同时,敦促所有有关各方抓住通过政治解决办法来结束长期冲突的机会。
○巴基斯坦强调需要阿富汗内部对话来结束战争
○汗总理称赞军方自愿削减国防预算(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46543(27/33)
◆Afghan conflict: Pakistan, US agree on political settlement




【Islamabad】Soon after the Taliban announced that there would be no Eid truce and they would continue to fight even as Ramazan was coming to a close, Pakistan on Sunday advised caution and said it encouraged all sides to seize the moment to end the prolonged conflict through a political settlement.
○Pakistan stresses need for intra-Afghan dialogue to end war
○PM Imran Khan lauds Pakistan Military for voluntarily cutting defence budget(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46544(28/33)
◆スリランカ、停職警察長官と元国防次官を逮捕




【コロンボ】スリランカの停職中の警察長官と前国防次官が7月4日、260人近くが犠牲になった復活祭(Easter Sunday)爆弾テロを予防できなかった廉で刑事捜査局(CID:Criminal Investigation Department)に逮捕された。
○復活祭テロ事件を審理する最高裁判事7人を指名
○スリランカ情勢は既に危殆:イスラム協力機構大使(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46545(29/33)
◆斯里兰卡当局,逮捕了被停职的警察总长和前国防次长




【科伦坡】斯里兰卡被停职的警察总长和前国防部常务秘书于7月4日被刑事调查局(CID:Criminal Investigation Department)逮捕,因为他们涉嫌未能阻止造成近260人死亡的复活节爆炸事件。
○提名七位最高法院法官以审理复活节恐怖袭击事件
○斯里兰卡局势非常担忧:伊斯兰会议组织特使(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46546(30/33)
◆Sri Lanka's suspended police chief, ex-Defence Secretary arrested




【Colombo】Sri Lanka's suspended police chief and former Defence Secretary were on July 04 arrested by the Criminal Investigation Department for their alleged failure to prevent the Easter Sunday bombings that claimed nearly 260 lives.
○CJ nominates seven-judge-bench to hear Easter Sunday FR petitions
○Sri Lanka situation 'extremely worrying', say OIC envoys(...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46547(31/33)
◆《新刊》キリスト教の起源:契約の民の流浪史




[序文]

 チグリス川とユーフラテス川に挟まれたメソポタミアからパレスチナにかけた地域には、古くから農耕民と遊牧民が共生する都市国家が興亡して来た。大部分の都市国家の主役は農耕民だったが、遊牧民は、西方のエジプトのみならず東方のインドや中国とも交易し、異文化融合の触媒を務めて来た。
[序文]
[ハイライト]
○文書仮説
○パウルス一族
○贖罪信仰の起源
○聖霊のバプテスマ(因縁所生)
○棕櫚の行進
○『申命記』成立の経緯
[第六版謝辞と発刊の経緯]
[第一版謝辞]
[著者略歴](...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46548(32/33)
◆《新书》基督教的起源:盟约之民的史诗故事




 从底格里斯-幼发拉底两条河流之间的美索不达米亚到巴勒斯坦的地区,自古以来农业民族和游牧民族共同生活的城邦兴亡。在大多数的这些城市里农业民族扮演主角。
[前言]
[亮点(Highlights)]
○底本说(Documentary Hypothesis)
○保罗斯家属
○赎罪信仰的起源
○圣灵的施洗(因缘所生)
○骑驴进耶路撒冷
○《申命记》诞生的经过
[第六版谢辞]
[第一版谢辞]
[作者简历](...Read more)
2019-07-10 ArtNo.46549(33/33)
◆New book:The origin of Christianity: An Epic Tale of the People of the Covenant




 In the region from Mesopotamia situated within the Tigris–Euphrates river to Palestine, city states, where agricultural and nomadic people had lived together, have risen and fallen since ancient times. The agricultural people played leading role in the most of these city states. However, the nomads traded not only with Egypt in the west but also with India and China in the east and served as catalysts for cross-cultural fusion.
[Preface]
[Highlights]
○Documentary hypothesis
○Paulus' family
○The origin of "Faith of Atonement"
○The baptism of the Holy Spirit (Born of causes and conditions)
○Jesus' Triumphant Entry of Jerusalem
○The story of the birth of Deuteronomy
[Acknowledgement for the sixth edition]
[Acknowledgements for the first edition]
[Notes about the Author] (...Read more)
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年07月12日 00:16 | CM : 0 | TB : 0
Misc vol.190520j BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; TEXT-DECORATION: none; PADDING-TOP: 0px } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン

《新刊》キリスト教の起源:契約の民の流浪史

[序文]
チグリス川とユーフラテス川に挟まれたメソポタミアからパレスチナにかけた地域には、古くから農耕民と遊牧民が共生する都市国家が興亡して来た。大部分の都市国家の主役は農耕民だったが、遊牧民は、西方のエジプトのみならず東方のインドや中国とも交易し、異文化融合の触媒を務めて来た。これらの遊牧民は、メソポタミアやエジプト等の異なる文化背景を有するルベン族、シメオン族、レビ族、ユダ族、イッサカル族、ゼブルン族、ヨセフ族、ベニヤミン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族 マナセ族、エフライム族等から成り、異なる氏神を奉じていたが、今から3000年乃至4000年前に単一の始祖アブラハムと神との契約に基づく祭政一致の部族聯合を組織、農耕民に替わって歴史の表舞台に登場した。契約の民の誕生である。ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒として、現在も生き続ける契約の民の総数は34億人に達する。
        −−−−−−−−−−−−−−
本書《第一部:契約の民の流浪》では、『契約の民の発祥』、『部族国家の形成』、『国家の分裂と滅亡』、『ペルシア属領時代』と『ヘレニズム時代』を俯瞰してみる。
《第二部:ハシディームの系譜》では、『マカバイ戦争』、『ハスモン王朝』、『ヘロデ王朝』の時代を考察する。
《第三部:教会運動とイエス》では、イエスおよびその弟子達や大祭司そして王室と『教会運動』の関わりを検証する。
《第四部:パウロの挑戦》では、『パウロの教え』と『パウロの布教活動』に焦点を当てる。
《第五部:再臨信仰の再構築とパウロ批判》では、ユダヤ戦争後の再臨信仰の再構築とその過程で生じたパウロ批判に注目してみる。
《第六部:パレスチナとシオニズム》は、『契約の民の流浪』と言うテーマとの関わりの中でイスラエルとパレスチナの現状を検証する。
《第七部:聖霊のバプテスマ》では、≪トマス福音書≫、≪使徒行伝(パウロ)≫、≪ヨハネ福音書≫、≪マタイ福音書≫に記されたイエスと弟子達の言葉の背後に隠されたスピリットに参じて見る。
イエスは、「真理は人々を解放する(ヨハネ8:32)」と説いている。この書がユダヤ教、キリスト教、イスラム教の間の矛盾を解消し、中東の平和、ひいては世界平和に貢献するよう望む。
[ハイライト]
 以下は、『契約の民の流浪史』作成の進捗状況を弊社のフェイスブック・メッセンジャー・サイトに報告した際の内容の抜粋です。

文書仮説
旧約聖書の誕生を巡り18世紀から19世紀にかけて『文書仮説(ぶんしょかせつ: Documentary hypothesis)』と言う学説が成立した。同学説に基づけば、モーセ五書(トーラー)は一人の作者(つまりモーセ)により作成されたものではなく、何世紀にもわたり、多くの人の手で作成された文書群からなっている。
ドイツの神学者ユリウス・ヴェルハウゼン(Julius Wellhausen:1844-1918)によると、『ヤハウィスト(Jahwist)』は最古の文書で、紀元前900年代に、ソロモンの宮廷で作成された。『エロヒスト(Elohist)は紀元前8世紀のイスラエル北王国において作成され、編集者によりヤハウィストと結合されJE文書を形成した。三つ目のソースは、ヨシヤ王の治世中の紀元前7世紀(紀元前620年以前)に成立した申命記である。そして『祭司資料(Priesterschrift)』が祭司と神殿が支配した時代、紀元前6世紀に作成された。
ヤハウィストはユダ王国における神の呼称にちなんだ聖書編集者の仮の名で、エロヒストはイスラエル北王国における神の呼称にちなんだ聖書編集者の仮の名である。祭司資料は、申命記を除く五書中の律法に関する文書資料で、ヴェルハウゼン氏は紀元前550年頃のバビロン捕囚以降に書かれたと見ている。
民族と国家の形成・崩壊・離散の過程に関する多くの人々による目撃証言を、後世になってモーセと言う個人に仮託してモーセ五書が成立したと言うこの仮説は、新約聖書にも当てはめることができそうだ。つまり異邦人ユダヤ教徒の中で発生した数百年におよぶ教会運動の目撃証言をイエスと言う個人に仮託して新約聖書が成立したものと見られる。興味深いことは、イエスはモーセに比べ遙かに実在した可能性が高いにも関わらず、また弟達や直弟子達の事績が明瞭であるにも関わらず、肝腎のイエスの事績が不明瞭なこと。実在したイエスの事績は新約聖書各巻の筆者により意図的に隠されたのではなかろうか。

パウルス一族
しかしパウロが第1回宣教旅行の過程でキプロス島のローマ総督と面会、その名をサウロからパウロに改めて以後、小アジア、さらにはギリシアやローマにおいてさえ、キプロス島のセルギオ・パウルス総督とその息子でピシディア州アンティオキア在住の元老院議員ルキウス・セルギウス・パウルスの一族が、パウロの宣教活動に対して資金と政治的庇護の両面で重要な役割を演じたであろうことは想像に難くない。
ローマ帝国市民の総人口が493万7000人(西暦14年の国勢調査)だった当時、400万人のダイアスポラ(Diapora)の新組織立ち上げの動きには、大祭司カイアファのみならず、セルギオ・パウルス一族も注目していたことだろう。一方、パウロは、未割礼の信者を含めれば、その数倍に上ると見られるヘレニスト信者の教会運動にモーセの律法に縛られない普遍的宗教の可能性を見いだしたものと見られる。パウロが頑なに割礼を拒絶したのは、キリスト教を人類全体の普遍的宗教にするには、ユダヤ教と絶縁する他なく、割礼の拒絶はその切り札になると考えたのだろう。

贖罪信仰の起源
洗礼者ヨハネはヨルダン川でイエスが近づいて来るのを見た時、「見よ、世の罪を贖う神の子羊(ヨハネ1:29)」と叫んだが、ユダヤ人は毎年ティシュレー月(第7月)10日(グレゴリオ暦9月末から10月半ばの間の1日)のヨム・キプル(贖罪日)に羊を犠牲として神に献げ(罪祭sin-offering)、罪を贖い、断食を行う。
司祭を務めるレビ族の始祖とされるモーセの兄アロンには、ナダブとアビブと言う二人の息子がいた。この二人がある日、香を焚いていると、失火し、二人とも焼け死んだ。規則に反する炭火を香炉に入れ、神の怒りを買ったためと言う(レビ10:1-2)。アロンは、犠牲を献げて、自分の一族とイスラエルの民の贖罪を行い神の怒りを鎮めた。この時、モーセは、アロンやアロンの別の息子達に対して、ナダブとアビブの葬儀に出席し、喪に服することを禁じた上、贖罪の儀式の捧げ物を食べるよう命じたが、彼等はこれに従わず、モーセをさらに激怒させた(レビ10:3-20)。どうやら、祭儀を巡るモーセとアロン一族の対立が存在したようだ。アロンは自分の一族だけでなく、イスラエルの民全体の贖罪を神から命じられており、おそらく、彼は、イスラエルの民を率いてモーセの気にそぐわぬ祭儀を執り行ったものと見られる。いずれにしても、この事件がユダヤ教最大の祭日、ヨム・キプル(贖罪日)の起源になった。
ちなみに、レビ族出身のモーセには、ミリアムと言う姉とアロンと言う兄がいた(民26:59,出6:20)。訥弁(とつべん)のモーセは、雄弁なアロンと共に出エジプトの大役を引き受けることを神から許された(出4:10-16)。彼らがファラオに会った際、モーセは80歳、アロンは83歳だった(出7:7)。しかし、アロンは、モーセがシナイ山に籠もり、40日間行方不明になった際、金の子牛を鋳造し、民族の求心力維持を図ったが、モーセの怒りを買った(出32)。またミリアムとアロンはモーセがクシュの女を娶ったことに不満を表明した(民12:1)。アロンはユダヤ教祭司の祖とされている(出28-29)。イエスの母の名マリアはミリアムのアラム語の発音に由来する。

聖霊のバプテスマ(因縁所生)
仮に、パウロが、≪ローマ信徒に宛てた手紙≫の末尾に「主がお選びになり信者に加えられたルフォスとその母親に宜しく。彼女は私の母でもあります(ローマ16:13)」と記しているルフォスが、クレネ人シモンの息子とすれば、この母親は、乳飲み子のイエスを実子のアレクサンドロとルフォスと共に育てただけでなく、パウロを回心させた『霊的な母』だった可能性がある。だとすれば、イエスとパウロはこの母親を介して霊的兄弟だったことになり、イエスとパウロを結ぶ縁(えにし)が存在したようだ。

棕櫚の行進
過越の祭の六日前、イエスは再びベタニアのラザロの家に赴き弟子達と夕食を共にした。この時マグダラのマリヤはイエスの足に高価なナルドの香油をぬり、自分の髪の毛でふいた。イスカリオテのユダが「なぜこの香油を三百デナリで売って、貧しい人たちに、施さなかったのか」と詰ると、イエスは「この女のするままにさせておきなさい。わたしの葬(ほうむ)りの日のために、それをとっておいたのだから。貧しい人たちはいつもあなたがたと共にいるが、わたしはいつも共にいるわけではない(ヨハネ12:1-8)」と諭した。
翌日、大勢の群衆がラザロの家に押しかけ、イエスが驢馬に乗ると、道に棕櫚の枝を敷き詰め、口々に「ホサナ、主の御名によってきたる者に祝福あれ、イスラエルの王に」と叫んだ。

ヨハネ福音書は、弟子たちは当初このことを悟らなかったが、イエスが栄光を受けた後、旧約ゼカリヤ書に「シオンの娘よ。大いに喜べ。エルサレムの娘よ。喜び叫べ。見よ。あなたの王があなたのところに来られる。この方は正しい方で、救いを賜わり、柔和で、ろばに乗られる。それも、雌ろばの子の子ろばに(ゼカ9:9)。」と書かれていることが、この時成就したことを悟ったと述べている(ヨハネ12:16)。
過ぎ越しの祭りに向けて旧約聖書の記述に基づいた一大デモンストレーションを行う計画は、おそらく小ヤコブを初めとするイエスの弟達や、ラザロとマグダラのマリアおよびマルタ姉妹を含む多くの人々により、事前に周到に準備されていたものと見られるが、イエスの直弟子、中でも大ヤコブ、ヨハネ、ペテロ等の側近は、関与していなかったようだ。いや、おそらく、故意に蚊帳の外に置かれていたことをヨハネ福音書の記述は暗示している。

『申命記』成立の経緯
ちなみに、洗礼者ヨハネから水の洗礼を受けた後、荒れ野で40日間断食をしたイエスがサタンの試みを受けたことはマルコ福音書にも記載されているが、同福音書は、サタンの試みの内容に触れていない。これに対して、マタイ福音書とルカ福音書には、サタンが行った三つの試みが記されており、イエスは何れもモーセ五書『申命記(Deuteronomy)』の記述を引いてこれらの試みを退けている。40日間断食が可能かどうかは別にして、ノアの箱船の物語で神が雨を降らせたのが四十日四十夜、エジプトを脱出したユダヤ人が砂漠を放浪したのが四十年、モーゼが十戒を神から授かるためにシナイ山に上っていたのが四十日四十夜といった具合に、『40』は聖書の中では『試練』を象徴する数字のようだ。
『申命記』はユダ王国のヨシア王(在位BC 641-BC 609)が紀元前621年に偶像崇拝や異教の影響を排除する宗教改革に着手した際に発見された『失われたモーセの律法書』とされ、マタイ福音書とルカ福音書の著者がヨシア王の宗教改革を手本に、マルコ福音書の内容の補強を図ったことが窺える。

モーセに率いられエジプトを脱出したユダヤ人はシナイ半島西岸を1年かけてホレブ山まで南下後、今度は東岸を北上し、僅か11日で約束の地カナンの入り口カデシュに辿り着いた。しかし強固な先住民の支配を目の当たりにしたモーセは、侵攻を諦め、その後38年間荒野を彷徨したが、姉のミリアムがカデッシュで、兄のアロンもホルン山で死んだことから、自分の死も近いと悟り、モアブの荒れ野で『申命記』を著すとともに、ヨシュアを後継者に指名、ヨルダン川の東岸ネボ山の頂きからカナンの地を遠望しながら120歳の生涯を閉じたと言う。
エジプトを脱出した当時、モーセに率いられたイスラエルの民は、エジプトの官吏も無視するほどのほんの少数に過ぎなかったため、カナンの先住民の強固な支配を覆すことなど思いもよらなかったのだろう。しかし当時、つまり紀元前13世紀頃、ハラン、カナン、そしてエジプトの地を頻繁に往復する遊牧民は膨大な数にのぼった。そこでモーセはこれら遊牧民の諸部族、ルベン族、シメオン族、レビ族、ユダ族、イッサカル族、ゼブルン族、ヨセフ族、ベニヤミン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族 マナセ族、エフライム族を単一の始祖アブラハムと神との契約に基づく祭政一致の部族聯合に再編し、農耕民の都市国家を転覆する起死回生の一大戦略を思いついたものと見られる。しかしこの戦略を実現するには、38年では足りず、あるいは数百年を要したかも知れない。

[第六版謝辞と発刊の経緯]
『キリスト教の起源』は、もともと弊社SEA Researchの電子版広報紙『SEAnews』に掲載した『雑感』をまとめたものです。第一版出版後は、同紙に掲載した著者自身の書評を増補し、第二版、第三版、第四版、第五版も上梓致しました。第四版以降、日本語版と英語版は『Amazon』を通じ、中国語版は『SEAnews eBookstore』を通じて、販売して来ました。
さてこれまで毎年数件のフェイスブック友達リクエストを頂いてきましたが、『書評:聖霊のバプテスマ(ハヌカ)』の配信を完了した直後(2019年1月17日頃)に、大量の友達リクエストが届きました。そこで、これまで同様全て承認するとともに、弊社のフェイスブック・メッセンジャー・サイトに参加して頂くことにしました。但し『宛先追加リスト』に表示された方に限られます。
このように多くの方から同書評に対する反応を得たことから、『キリスト教の起源』をチグリス・ユーフラテスの豊穣な三日月地帯を旅立ち、約束の地カナンに移住した契約の民が世界各地に離散する過程で発生した『教会運動』からキリスト教が誕生すると言う『契約の民の流浪史』として、第六版を上梓することを思い立った次第です。
第六版作成の過程で、フェイスブック・メッセンジャー・サイトを通じ、多くの方からご激励頂いたことに、ここで改めて感謝申し上げる次第です。
[第一版謝辞]
本書を著すに際して、シュロモー・サンド著『ユダヤ人の起源』、ジェイムズ・D・ティバー著『イエスの王朝』、エルマー・R・グルーバー&ホルガー・ケルステン共著『イエスは仏教徒だった?』、荒井献著『トマスによる福音書』の他、ウェブサイト『パウロの生涯とイエスの実像』や田中幸治氏と村川享男氏がそれぞれ発行されているキリスト教メールマガジンから多くのヒントを得、参考にさせて頂いたことに深く感謝するとともに、これらの書やサイト、およびメール・マガジンの多くの内容を、著者らの意図とは必ずしも一致せぬ意味合いで引用させて頂いたことに関してお詫び申し上げる次第である。
十数年前に日中韓三国間の紛争に関する『雑感』をSEAnewsに掲載したのが、本書を著したそもそもの切っ掛けだが、ちょうどその頃から、当地(シンガポール)の『ものみの塔』の華英日印信者の方が毎週訪ねて下さり、私の聖書学習を支援して下さった。このため、これらの方々との意見交換も本書に反映されている。これらの皆様のご支援に心より感謝の意を表する。
当地inlingua School of Languagesのヨーロッパ言語部門上席講師Craig Bailiss氏は私の拙劣な英文を国際水準の英語に推敲して下さった。Craig氏ととともに、同氏をご紹介下さったAugustine Siew同校専務(MD)およびGiac Discoli校長、Graham Sage前専務のご好意に厚くお礼申し上げたい。
本書中国語版の監修は、私がシンガポール大学華語研究センターで中国語を学んでいた時、同大学建築科の学生だった当時のルーム・メートにお願いした。同氏のご厚意に深く感謝する。
[著者略歴]
1949年長野県上田市に生まれる。
父、村上徳太郎が経営する東光書院で、四書、易経、無門関、碧巌録、臨済録、摩訶止観、正法眼蔵、古事記、日本書紀、日本外史、神皇正統記、聖書等の講義を受ける一方、足利禅道会、北信禅道会等の禅会に参加。
1968年に川越高校を卒業後、東光書院主事を務める。
1980/81年シンガポール国立大学華語中心で中国語を学ぶ。爾来シンガポール在住。
1982年、陳加昌氏が経営する通信社パナニュースに入社。
1991年SEA Research設立。1992年 SEAnews 発刊。
現在:SEA Research社主兼SEAnews編集兼発行人。
著書:『キリスト教の起源』
訳書:廖志剛著『私の体験した文化大革命』日新報道
ご購入はこちら



世界は一つ:AD-SEAnews
AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集


ご意見/配信停止


SEAnews Twitter


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnews eBookstore


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年06月13日 06:58 | CM : 0 | TB : 0

My name is Stefan Burke. I am contacting you about a business. I kindly seek your help, attention and sincere co-operation to successfully
handle it. Contact me on the email listed below and I will explain in details.

contact me privately on: s.burke@msn.com

Best Regards.
Stefan Burke

By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年05月30日 11:16 | CM : 0 | TB : 0

My name is Stefan Burke. I am contacting you about a business. I kindly seek your help, attention and sincere co-operation for our collective benefit.
I will give you more details as soon as I receive your reply.

contact me privately on: s.burke@msn.com

Best Regards.
Stefan Burke

By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年05月28日 18:49 | CM : 0 | TB : 0