アドワイタ : ALASKA in BLOND : アラスカインブロンド<br />
2006年 11/8リリース!!<br />
セカンドアルバム。 Nakiez vol.01 : V.A. : 全国で100バンド以上が参加した2003年度のNAKIEZイベントで、大会で勝利した6BANDによるコンピレーションアルバム。<br />
ALASKA IN BLONDからは2曲収録。 Nakiez vol.05(DVD付) : オムニバス : ネイキーズのVOL.5<br />
ライブDVD付き。1曲参加。 黄金町バーバラ : ALASKA in BLOND : ALASKA in BLONDの1ST.アルバム<br />
「黄金町バーバラ」<br />
(コガネチョウバ−バラ)
SEAnews Lastest Top News vol.200212 BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 0px; text-: none } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン
Latest Top News(vol.200212)
(最新ニュース 30件)
2020-02-12 ArtNo.46667(1/30)
◆大衆党、過半数議席維持しデリー政府樹立




【ニューデリー】アルビンド・ケジリワル(Arvind Kejriwal)氏に率いられる大衆党(AAP:Aam Aadmi Party)は、総数70議席中62議席の圧倒的多数を維持して三期連続してデリー州政府を樹立する運びだ。しかし、2015年州議会選挙で獲得した67議席には僅かに及ばなかった。
○モディ首相与党、分断法に対する抗議の中でデリー州選挙に敗北(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46668(2/30)
◆大众党,维持多数席位将成立新徳里政府




【新徳里】由阿文徳-科基瓦尔(Arvind Kejriwal)领导的大众党(AAP:Aam Aadmi Party)赢得了压倒性多数席位将第三次组建徳里政府。该党在总数70个席位的议会中赢得了62个,但与2015年赢得的67个席位相比略有下降。
○莫迪的人民党在对分裂法的抗议中在徳里州选举打败(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46669(3/30)
◆AAP is set to form the government in Delhi with a brute majority




【New Delhi】The Arvind Kejriwal-led Aam Aadmi Party (AAP) is all set to form the government in Delhi for the third time, with a brute majority, winning 62 of the 70 Assembly seats but a marginal dip from the 67 seats it won in the 2015 Assembly elections.
○Modi's BJP defeated in Delhi state election amid outcry against divisive laws(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46670(4/30)
◆トランプ大統領、2月24−25日にインド訪問




【ワシントン】ホワイトハウスが10日午後発表したところによると、トランプ大統領は2月24日と同月25日にインドを訪問する。トランプ大統領とメラニア・トランプ夫人は、アーメダバードとニューデリーを訪れる。
○トランプ訪印中に貿易協定調印発表も
○『Can Do』を今年のテーマに、対話で問題解決を:モディ首相
○資金不足で農村雇用保証計画立ち往生(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46671(5/30)
◆特朗普总统于2月24日至25日访问印度




【华盛顿】根据白宫于2月10日下午正式宣布,美国总统唐纳徳·特朗普将于2月24日至25日访问印度。特朗普先生和梅拉尼娅·特朗普夫人将访问艾哈迈达巴徳和新徳里。
○在特朗普访印之间可能发表签署贸易协定
○『会做』是今年主题,让我们通过对话来解决问题:总理莫迪
○农村就业保障计划由于资金短缺而抛锚(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46672(6/30)
◆Trump announces visit to India on February 24 and 25




【Washington】U.S. President Donald Trump will visit India on February 24 and 25, as per an official announcement from the White House on February 10 afternoon. Mr. Trump and the First Lady Melania Trump will visit Ahmedabad and New Delhi.
○Indo-US trade deal likely to be announced during President Trump's India visit
○'Can Do' is the emerging theme, let's resolve issues through peaceful dialogue: PM Modi
○Fund crunch hits MGNREGA scheme(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46673(7/30)
◆共和国は第4の危機に直面:ラマチャンドラ・グハ




【バンガロール】歴史家ラマチャンドラ・グハ氏は1月26日、バンガロール国際センターで『70年の共和国』と題して講演、「70年を終えたインド共和国は4度目の大きな危機を乗り越えつつある」と語った。
○共和国記念日パレード、インド軍装備のロシアから米国への移行鮮明に
○DRDOラオ主任は『ミッション・シャクティ』の化身(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46674(8/30)
◆共和国面临第四次危机:拉马尚徳拉·古哈




【班加罗尔】历史学家拉马尚徳拉·古哈(Ramachandra Guha)于1月26日在班加罗尔国际中心(Bengaluru International Centre)发表题为『70岁的共和国』的演讲时说「印度共和国已经完成了七个十年,目前正度过第四次重大危机。」
○共和日游行显示印度军装配从俄罗斯转移到美国
○DRDO饶主任是沙克蒂任务的化身(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46675(9/30)
◆Republic facing its fourth crisis: Ramachandra Guha




【Bangalore】The Indian Republic, as it completes seven decades, is living through its fourth big crisis, historian Ramachandra Guha said while delivering a lecture, 'The Republic at 70', at Bengaluru International Centre on January 26.
○Republic Day parade underlines India's shift from Russian to US weaponry
○The 'Rao' power of 'Mission Shakti' (...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46676(10/30)
◆市民権修正法はインド憲法/世界人権法違反:アムネスティ




【ワシントン】国際人権非政府組織アムネスティ・インターナショナルは、米国議会に対して、最近インド政府が公布した『市民権修正法(CAA:Citizenship Amendment Act)』は、インド憲法と国際人権法に明確に違反しており、宗教に基づく差別の正当化であると証言した。
○欧州議会反CAA動議の背後パキスタン系議員(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46677(11/30)
◆《公民身份修正法》违反了印度宪法和全球人权法:国际特赦组织




【华盛顿】国际特赦组织(Amnesty International)告诉美国国会议员,最近印度颁布的『公民身份修正法(CAA:Citizenship Amendment Act)』明显违反了印度宪法和国际人权法,并将宗教歧视合法化。
○欧洲议会反CAA动议的背后有巴基斯坦原议员(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46678(12/30)
◆CAA violates Constitution, global human rights law: Amnesty




【Washington】Amnesty International has told the US lawmakers that the recently enacted Citizenship Amendment Act (CAA) stands in "clear violation" of the Constitution of India and international human rights law and "legitimises discrimination" on the basis of religion.
○PoK-Origin MEP behind Anti-CAA move in European parliament(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46679(13/30)
◆CAA成立ならパキスタン建国の父ジンナーの勝利:会議派幹部




【ジャイプール】国民会議派幹部のシャシ・タラー氏は、もし『市民権修正法(CAA:Citizenship Amendment Act)』が『国民人口登録(NPR:National Population Register)』と『国民登録(NRC:National Register of Citizens)』の施行につながるなら、パキスタン建国の父ムハンマド・アリー・ジンナーが勝利したことになると指摘した。
○複数の州議会における反CAA決議は政治声明:国民会議派幹部
○UP州CAA巡り混乱、社会党と大众社会党は沈黙(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46680(14/30)
◆CAA导致NPR和的实施的话简直是巴基斯坦国父金纳的胜利:国大党干部




【斋浦尔】国大党高级领导人沙希·塔罗尔(Shashi Tharoor)表示,「如果『公民身份修正法(CAA:Citizenship Amendment Act)』导致『全国人口登记(NPR:National Population Register)』和『国家公民登记册(NRC:National Register of Citizens)』的实施,那么无非是巴基斯坦国父穆罕默徳·阿里·金纳(Muhammad Ali Jinnah)的胜利。」
○几州议会的反对CAA决议是『政治声明』:国大党干部
○北方州对公民法问题混乱时社会党和大众社会党保持沉默(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46681(15/30)
◆Jinnah's idea winning in India: Shashi Tharoor on CAA




【Jaipur】Senior Congress leader Shashi Tharoor said that if the Citizenship Amendment Act leads to the implementation of the NPR and the NRC, it would be a complete victory for Pakistan's founding father, Muhammad Ali Jinnah.
○Anti-CAA resolutions are political statements: Shashi Tharoor
○Why SP and BSP are reluctant to take advantage of CAA turmoil in UP?(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46682(16/30)
◆反CAA集会に先立ってダリット組織党首を逮捕




【ハイデラバード】非暴力民主主義アンベードカライト・イデオロギーを信奉するダリット(不可触民)組織ビーム・アーミーのチャンドラシェカール・アザド党首は1月26日、反CAA/NRC集会に向かう途中、ハイデラバードで逮捕された。
○パドマスリ叙勲のフォークシンガーもCAAに抗議(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46683(17/30)
◆反CAA开始前逮捕达利特党魁首




【海得拉巴】奉戴安贝徳卡里特思想(Ambedkarite ideology)的达利特(Dalit贱民)组织毗摩军(Bhim Army)首领钱徳拉谢卡·阿扎徳(Chandrashekhar Azad)于1月26日为了参加反CAA和NRC集会前往该会场的途中在海得拉巴被逮捕。
○被叙勋莲花士勋章的民谣歌手也抗议CAA(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46684(18/30)
◆Bhim Army Chief detained in Hyderabad ahead of anti-CAA event




【Hyderabad 】Dalit Ambedkarite ideologist organisation, Bhim Army chief Chandrashekhar Azad was on January 26 detained in Hyderabad while he was on his way to take part in an anti-CAA and NRC event.
○Folk singer named for Padma Shri at protest against CAA(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46685(19/30)
◆国民会議派、ラーフル・ガンディの復帰計画:イメージ・チェンジ・ツアー




【ニューデリー】国会下院選挙における惨敗の倫理的責任をとって国民会議派総裁ポストを辞任して6ヶ月も立たない内にラーフル・ガンディと彼の顧問団は、彼を壮大な旧政党指導者に返り咲かせる賭に乗り出した。
○会議派、全国青年失業者登録キャンペーン展開
○チバムバラム氏、シャヒーン・バグ抗議者に対する発言巡り内相を非難(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46686(20/30)
◆国大党通过形象转变之旅以企图拉胡尔·甘地的重返主席




【新徳里】拉胡尔·甘地(Rahul Gandhi)和他的顾问团,负起对他在国会下院选举中惨败的道徳责任辞职国大党总裁地位后还不到六个月,重新启动让他做为大老党的领导人而东山再起的一项计划。
○国大党启动全国青年失业者登记运动
○奇丹巴拉姆抨击阿米特·沙对沙欣巴格抗议者的言论(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46687(21/30)
◆Tours, image makeover as Congress plans return of Rahul Gandhi




【New Delhi】Less than six months after he resigned as Congress president, taking moral responsibility for his party's debacle in the Lok Sabha elections, Rahul Gandhi and his advisers are working on a plan to relaunch his leadership bid of the Grand Old Party.
○Congress launches NUR campaign to gather details of unemployed youth in UP
○Chidambaram slams Amit Shah over remarks against Shaheen Bagh protesters(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46688(22/30)
◆パキスタン外交、2020年は挑戦の年に、対印関係の緊張持続:シンクタンク




【イスラマバード】パキスタンの対外関係は2020年を通じて挑戦的であり、インドとの緊張関係を含む経済と安全に深刻な影響を及ぼす。パキスタンのシンクタンクは1月26日こうした見通しを発表した。
○実際のGDP成長率は1.9%:ハフェズ・パシャ元蔵相(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46689(23/30)
◆巴基斯坦的外交在2020年将充满挑战,对印度保持紧张:智囊团




【伊斯兰堡】巴基斯坦智库于1月26日表示,巴基斯坦的对外事务在整个2020年仍将充满挑战,对经济和安全产生严重影响,包括与印度的紧张关系。
○实际GDP増长1.9%:前财长哈菲兹·帕夏(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46690(24/30)
◆Pak's external affairs to be challenging in 2020 remain tense with India: Think-tank




【Islamabad】Pakistan's external affairs would remain challenging throughout 2020, having serious implications on economy and security, including tense relations with India, a Pakistani think-tank said on January 26.
○Former Finance Minister Hafeez Pasha says actual GDP growth is 1.9pc(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46691(25/30)
◆インドはスリランカの誠実な隣国:モディ首相




【ニューデリー】ナレンドラ・モディ首相は2月8日、「インドはこれまでスリランカの発展の信頼されるパートナーであったが、今後もスリランカの平和と開発の旅を支援し続ける」と語った。
○ネパール日本二国間協議メカニズム第3回会議開催
○ダッカ/ローマ、EU通じた緊密な関係構築
○ダッカ、欧州議会にロヒンギャの本国送還支援要請(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46692(26/30)
◆印度成为斯里兰卡的忠实伴侣:莫迪总理




【新徳里】印度总理纳伦徳拉·莫迪于2月8日说「印度一直是斯里兰卡发展的可信赖的伙伴,印度将继续协助斯里兰卡实现和平与发展。」
○尼泊尔日本双边磋商机制第三次会议召开
○达卡和罗马通过欧盟构筑紧密伙伴关系
○达卡寻求欧洲议会协助罗兴亚人的遣返(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46693(27/30)
◆Indian PM assures to be a faithful Sri Lanka's companion




【New Delhi】Indian Prime Minister Narendra Modi said on February 8 that India has been a "trusted partner" in Sri Lanka's development, and that India will continue to assist Sri Lanka in its journey for peace and development.
○Nepal-Japan Bilateral Consultation Mechanism's third meeting held
○Dhaka, Rome eye stronger economic partnership with intense ties through EU
○Dhaka seeks European Parliament's role to help Rohingya repatriation(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46694(28/30)
◆書評:聖霊のバプテスマ(アラム語ルーツI)




 イエスが言った、「多くの人々が戸口に立っている、しかし、花嫁の部屋に入るであろう者は、単独者だけである」(トマス75)。
○アラム語ルーツ
○伝道の東西分岐
○東風が西風を圧倒
○聖トマス伝説
○エデッサ
○誰もその中に入らないのは何故か?(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46695(29/30)
◆书评:圣灵的施洗(阿拉姆语起源I)




 耶稣说:「站在门口的人很多,但唯有那些单独者,才会进入新娘套房。」(托马斯75)
○阿拉姆语起源
○传教的东西分岔
○东风压倒西风
○圣托马斯传说
○埃徳萨(Edessa)
○为什么没有人进到井里面(...Read more)
2020-02-12 ArtNo.46696(30/30)
◆Review:The baptism of the Holy Spirit (Aramaic roots I)




 Jesus said, "There are many standing at the door, but those who are alone will enter the bridal suite." (Thomas 75)
○Aramaic roots
○East-west division of evangelism
○The east wind overwhelms the west wind
○St. Thomas Legend
○Edessa
○Why no one enters it?(...Read more)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2020年02月12日 20:07 | CM : 0 | TB : 0
Misc vol.200130j BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; TEXT-DECORATION: none; PADDING-TOP: 0px } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン

書評:聖霊のバプテスマ(アラム語ルーツII)

 イエスが言った、「誰も強い人の家に押し入って、彼の両手を縛り上げなければ、それを強奪することはできない。そうすれば、彼は彼の家を押し倒すであろう。」(トマス35)
日本語版『トマスによる福音書』の著者荒井献氏によると、『強い人』とは、創造神、アルコーンと見られる。創造神が支配する家(現世)に押し入ったなら、先ず創造神を支配せねばならない。首尾良くそれができたなら創造神の家(この世)を押し倒し、御国を建設、至高に到達できると言うのである。第7節同様、人が神を支配するのであって、神が人を支配するのではないことを説いている。
キリスト教徒秦氏の日本渡来

景教の研究で世界的第一人者と言わる早稲田大学の故佐伯好郎(さえき よしろう1871-1965)教授によると、文献から知られる限り西暦198/199年に日本にキリスト教が伝えられた。
平安時代初期の815年に嵯峨天皇の命により編纂された古代氏族名鑑『新撰姓氏録(しんせん しょうじろく)』によれば、神武天皇から数えて第14代の仲哀天皇の第8年(西暦197年)にキリスト教国だった弓月(ゆづき)の王功満(こうまん)が家来とともに来日した。西暦720年に編纂された『日本書紀』には「是の歳、弓月君百済より来帰す」と記されている。その後、第15代応神天皇の時代に功満王の子が1万8670人の民を率いて渡来したと追記されている。これが景教と呼ばれるキリスト教徒の秦氏(はたし)が大挙日本に渡来した起源とみられる。とは言え、現代の学者は4世紀後半の出来事と見ている。
中国の歴史書『資治通鑑(しじつがん)』によると、中央アジアのバルハシ湖付近に秦氏と言う遊牧民が建てた弓月と言う国が存在した。中国の別の歴史書『三国志』には秦氏は背が高く、馬に乗り、衣服は清潔で、異なる言語を話したと記されている。ちなみにアッシリアのエデッサ地方で話されたアラム語をシリア語と言い、景教徒は主にシリア語を用いていた。彼等は中国がシルクロードを通じて西洋に絹織物を輸出する際、その交易業務に携わっていたユダヤ人や景教徒の末裔だったと見られる。佐伯好郎教授によると弓月はキリスト教国だった。
三位一体の弥勒像と聖徳太子

日本に渡来したこれら約2万人の秦氏一族は養蚕や絹織物業に携わり、平安京の造営や、大阪平野の淀川、京都の鴨川や桂川の治水に貢献した。秦氏の長、秦河勝(はたかわかつ)は聖徳太子の側近として活躍、太子は自分の子の養育を秦氏に委ねていた。秦河勝は603年に京都の葛野(かどの)に広隆寺(こうりゅうじ)の元になる建物を建てた。同寺には聖徳太子が秦河勝にあずけた弥勒菩薩の半跏思惟像(はんかしいぞう)が安置されているが、その手の形は東方キリスト教会における三位一体のシンボルと同じである。中国等にも同様の弥勒菩薩像が存在するが、東方キリスト教会の三位一体のシンボルと同じ指の形をとったものは、広隆寺の弥勒菩薩像のみである。一方中国敦煌で発見された景教大司教の肖像画の右手も同じ指の形をとっている。
秦氏と国分寺

秦氏と景教徒は、その後も日本に渡来しており、736年6月には李密医(アブラハム)、皇甫(景人)が聖武天皇(在位724-749)に拝謁、同年11月に位階を与えられた。聖武天皇はその後全国に滅罪の寺、『国分寺』と『国分尼寺』を建てた。
奈良の東大寺では旧暦の2月、新暦の3月初めに2週間にわたり『修二会(しゅにえ)』と言う『お水取り』の儀式が行われる。『修二会』は『悔過(けか)』の行事と言われ、『天下泰平、五穀豊穣、万民快楽』を祈願する『お水取り』の起源は、景教徒が唐代に中国国内10省に国分寺を建てた際のお祈りの儀式に由来すると言う。
日本雅楽会の押田良久(おしだ よしひさ)会長によると、雅楽『越天楽(えてんらく)』はペルシアから伝来した景教の音楽で、ペルシアは景教徒の故郷。黒田節は『越天楽』の編曲と言う。
真言宗・浄土真宗と景教の関わり

日本真言密教の開祖空海の生地讃岐国多度郡(現在の香川県善通寺市)は秦氏の勢力地だった。空海は804年遣唐使に加わり中国に渡り、805年に長安の西明寺に入る。その後、青竜寺の真言宗第七祖恵果(745-805)に真言密教を学び、真言宗第八祖の地位を認められた。空海は景教碑碑文の作者景浄の友人でカシミール出身の般若三蔵からサンスクリットを学んだ。したがって空海は、景浄や当時長安で活躍していた伊斯(イサク)等の景教徒とも親交をもったものと見られる。このため和歌山県の高野山には景教研究家エリザベス・アンナ・ゴードン女史(1851–1925)が、贈呈した景教碑のレプリカが存在する。
また京都西本願寺所蔵『世尊布施論』第三巻の内容は、景教徒が著した漢訳『マタイ福音書』の山上の垂訓にほぼ一致しており、アダムの誕生物語の一部も掲載されている。
ベルゼベル論争

前述『トマス福音書』第35節の内容は、共観福音書(マタイ12:22-32/マルコ3:20-30/ルカ福音書11:14-23)に、所謂『ベルゼベル論争』と言う挿話の一部として紹介されている。
イエスが悪霊を追い出し病人を癒やしたところ、パリサイ人や律法学者は、「彼はベルゼベル(サタン)の力を借りて、あるいは取り憑かれてそんなことをしているのだ」と非難した。するとイエスは、「サタンの力を借りてサタンを追い出したと言うなら、サタンが内輪もめを起こしている証拠であり、既に神の国は近づいている(マタイ12:26-28)」とし、上述の言葉(トマス35節)を述べた。『共観福音書』では、強い人とはサタンであり、イエスは、サタンが支配するこの世においては、サタンを縛りあげられるもののみが、サタンが保持する財宝を奪い取ることができると、説いている。
キリスト教メールマガジン発行者の田中幸治氏によると、ベルゼバブ/ベルゼブブ(Beelzebub)/ベルゼブル(Beelzebul)の前半の『ベル』はカナンの土着民の『バアル神』を指し、後半部分は『気高い』あるいは『高い館』意味する『bet-zebul』に由来する。したがって元々土着民が『いと高き王』とバアル神を称賛する言葉だったが、ユダヤ人は「ゼブル」の部分に、発音の似た『ゼブブ(蠅)』を当てはめて『蠅の王』と呼んでバカにしたようだ。
七つの悪霊挿話

『共観福音書』におけるこの挿話から、イエスとその教団が除霊(悪魔払い)を行っていたこと、そしてこの種の活動は、バアル神を信じるカナン土着民の風習に由来するものであったことが窺える。
『マルコ福音書』と『マタイ福音書』のイエスはこのすぐ後に「人は、その犯すすべての罪が、神を汚す言葉さえも、ゆるされる。しかし、聖霊を汚す言葉は、ゆるされることはない(マタイ12:31、マルコ3:28-29)」と述べ、グノーシス主義の片鱗を窺わせている。
これに対して『ルカ福音書』は、ベルゼベル論争の次に、一旦追い出された悪霊がもっとたちの悪い七つの悪霊を引き連れて戻って来ると言う話を挿入しており(ルカ11:23-26)、『マタイ福音書』も、少し後に同様の挿話を挿入している(マタイ12:43-45)。おそらく悪霊払いをしても症状は必ずしも改善せず、あるいは一旦快方に向かった病状が再び悪化するようなことがあったため、この種の民間伝承が生じ、それをイエスの死の1ヶ月半後のペンテコステの日に一旦誕生したエルサレム教会が結局消滅せねばならなかった運命の伏線として挿入したのだろう。『マタイ福音書』は最後に「邪悪なこの時代もまた、そういうことになる」と念をおし、ローマ軍による2度にわたるエルサレム包囲攻撃により、神殿が破壊され、エルサレム教会も事実上消滅した事件の到来を示唆している。この時、原始キリスト教団の一部は、イエスの弟、シモンに率いられ、ローマ軍がエルサレムを包囲する前に、ヘロデ王家の支配地ペレアに避難、そして『マタイ福音書』を編纂した。
七顛八倒

中国の五代十国(907-979)の時代、泉州招慶院の道匡(どうきょう)禅師に一人の僧が「仏の究極の教えは何か」と質問した。道匡和尚は「七顛八倒(しちてんばっとう)」と答えた。その僧は「生来血の回りが悪いため理解できない。何かヒントをくれ」と頼んだ。すると道匡和尚は「そんな老婆心は持ち合わせない」とすげなく突き放した。
その後、温州大寧院の可弘(かこう)禅師に別の僧が「正真の一路とはどんなものか」と質問したところ、可弘禅師も、「七顛八倒」と答えた。するとその僧は「それが仏法なら、別の道を探すほかない」と言った。可弘禅師は「好きにしろ、道に迷うだけだ」と冷たくあしらった。しかしその僧は負けじと「正真の一路が『七顛八倒』なら毛筋一本もない『廓然無聖(かくねんむしょう)』の時はどうか」とさらに突っ込んだ。だが、可弘禅師は「話頭(わとう)已(すで)に堕(お)つ(話の底が知れた)」と突っぱねたと言う。
ちなみにこの公案は、『苦痛でのたうち回る』様子を形容した中国の俗語『七顛八倒』の起源とされ、中国仏教文化研究所編『俗語仏源』によると、『七顛八倒』は≪景徳伝灯録≫巻の二十六および≪五灯会元≫巻の八の公案に由来し、その後俗語として『混乱に堪えず』と言う意味で多用されるようになったと言う。中日辞典は、主に話が乱雑で整っていない様と説明している。<以下次号>
【参照】
《景徳伝灯録》如何なるか是れ仏法の大意、七顛八倒
泉州招慶院の道匡禅師は潮州の人なり。(略)問う、如何なるか是れ仏法の大意。師曰く、七顛八倒(しちてんばっとう)。問う、学人根思(こんし:思慮能力)遅回(ちかい:血の回りが遅い)、乞(こ)う師曲げて慈悲を運び一線の道を開け。師曰く、遮固(しゃこ:それ/これ)は是れ老婆心。
《景徳伝灯録》如何なるか是れ正真の一路、七顛八倒
温州大寧院の可弘禅師に僧問う、如何なるか是れ正真の一路。師曰く七顛八倒。曰く、恁麼(にんも:そういうもの)即ち法門なれば、去るに別無きなり。師曰く、我汝が錯(あやま)り去るを知る。問う、皎々(こうこう:明るい様子)として一線頭(いっせんとう:毛筋一筋)無き時は如何。師曰く、話頭(わとう:話し)已に堕(お)つ。

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】 『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】 しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】 『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。
ご購入はこちら



世界は一つ:AD-SEAnews
AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

ご意見/配信停止





width="200" border="0">


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnews eBookstore


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2020年01月30日 20:15 | CM : 0 | TB : 0
Misc vol.200101j BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; TEXT-DECORATION: none; PADDING-TOP: 0px } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン

書評:聖霊のバプテスマ(アラム語ルーツI)

 イエスが言った、「多くの人々が戸口に立っている、しかし、花嫁の部屋に入るであろう者は、単独者だけである」(トマス75)。
日本語版『トマスによる福音書』の著者荒井献氏によると、『花嫁の部屋』の原語『ニュンフォーン』は文字通りには『結婚の場所』で、分離した男女が知恵(グノーシス)により原初的統合を回復する『聖なる結婚』の秘儀の場所とされ、ピリポ福音書の五つの典礼では最高の地位を与えられている。男と女が一人、すなわち『単独者』として入ることが約束されている『御国』の象徴である。『単独者』とは、『分裂を超えて、原初的統合(propator = original Self)を自己の内に回復する者』を意味し、この本来の自己による支配の実現が『御国』の現成を意味する。トマス福音書では『単独者』と言う句がキーワードとして繰り返し使用されている。
アラム語ルーツ

さて、『ヘブライ語版旧約聖書』が、メソポタミアからエジプトに至る地域を往来した遊牧民の国造り神話がティムルン島の楽園やバビロニアの洪水伝説に代表される古代シュメール神話に接ぎ木され、成立したとすれば、自らをアブラハムの系図に接ぎ木されたと位置づける異邦人キリスト教徒(非ユダヤ人)のための新たな救済契約とされる『ギリシア語版新約聖書』の成立には、グレコローマン文化が大きく影響したのは勿論だが、もう一つ忘れてならないのはアラム語ルーツだ。イエスも生前アラム語を常用していたことが知られている。そこで今回から4回に分けてキリスト教のアラム語ルーツを検証してみよう。
アブラハムの民自体、ヘブライ語以前にアラム語を用いていた。その実、アラム語は、アッシリアやバビロニアを初めとするメソポタミア地域の遊牧民の言語の総称で、ユダ王国ではそのカナン方言としてのヘブライ語が用いられていたと言えよう。
伝道の東西分岐

テレアビブ大学の歴史学者シュロモー・サンド教授によると、西暦1世紀のユダヤの国内人口が80万人前後であったのに対して、世界のユダヤ人口は400万人にのぼり、未だ割礼を受けない異邦人のユダヤ教徒予備軍はさらに膨大な数にのぼったものと見られる。取り分けローマにはこの種の異邦人ユダヤ教徒の強固なコミュニティーが存在した。
このためパウロやペテロやヨハネは西方に向かい、ギリシアやローマに布教したが、トマスやバルトロマイ(ナタナエル)そしてタダイ(70弟子の一人、十二弟子のタダイとは別人、トマスの弟)は、イエスの死の直後、直ちにアッシリア地方やインド、そして中国にまで布教に赴いたとされる。
教父ヒエロニムス(347-420)によると、バルトロマイはインドに伝道後、アルメニアのアルバノポリスで死んだ。
タダイは、兄トマスに指示されアッシリアのエデッサ(ウルファ)やパルティアに伝道した。エデッサはアッシリア東方教会の中心地で、2世紀のコインには十字架を配した王冠を被ったエデッサ王の肖像が描かれている。西暦95年にはアッシリアの19都市に司教が存在し、西暦161年にはメディア、ペルシア、バクトリアにキリスト教が広まった。
東風が西風を圧倒

イエスは生前アラム語を常用していたことが知られているが、東方、取り分けアッシリア地方にはアラム語を用いる生粋のユダヤ人コミュニティーが存在した。このため東方における布教は、西方以上の成果をあげ、ローマがキリスト教を国教とする以前にエデッサやアルメニアにキリスト教国が誕生、東方諸教会が成立した。日本キリスト教団池袋キリスト教会初代牧師を務めたプロテスタント系聖書解説者の久保有政氏(1955-)によると、西暦800年から14世紀頃までは、東洋のクリスチャンの数が西洋のクリスチャンの数を遙かに上回っていた。
聖トマス伝説

社会人類学者杉本良男(すぎもとよしお)氏の『天竺聖トマス霊験記』によると、『共観福音書(マタイ/ルカ/マルコ福音書)』は十二使徒の一人としてトマスの名を挙げているが、トマスは彼の本名ではなく、イエスが彼に付けたあだ名で、アラム語の双子を意味し、ギリシア語にすればディディモ(ス)で、彼の本名はユダだった。
杉本氏によると、トマスは、共観福音書では十二使徒のリストにその名が現れるに過ぎず、ヨハネ福音書ではその名が4回言及されているものの、西方キリスト教会においては、『不信のトマス』、『疑い深いトマス』としてのみ知られ、その性格がハキリしない。
これに対して東方キリスト教会における聖トマス伝説には、2つの特徴が存在する。ひとつは「智慧者トマス(Thomas the Knower)」つまりグノーシス主義的な教えを説くトマスである。聖トマスは、東方キリスト教のグノーシス主義的伝統のなかで重要な位置を占め、西方キリスト教の聖ペトロと相対立する存在となっている。いまひとつは「旅行者トマス(Thomas the Wanderer)」つまり東方教会における福音伝道者、教会創設者としてのトマスである。さまざまな伝説によって、トマスはシリア、メソポタミア、エジプト、インド、パキスタン、はては中国、ブラジル、メキシコまで旅したとされている。
エデッサ

聖トマス信仰の中心地はメソポタミアのエデッサ(Edessa)、現在のトルコのウルファ(Urfa)にあったとみられている。この町は、古名をウルハイ(Urhai, Orhai)といい、前303年にエデッサと命名されたのち一時期(前132–後242)独立国となっていた。その後ローマ帝国領となり、さらに1146年にはトルコによってウルファとよばれるようになった。この地へのキリスト教の伝来に関しては、聖トマス自身が遣わされ宣教を行なったといわれていたが、最近ではトマスが弟のタダイを派遣したとする説が有力である。エデッサは東シリア教会の中心地として栄えたが、7世紀にムスリムの侵入によって栄華の歴史を閉じることになった。この地には使徒トマスの遺物を納めた聖トマス聖堂が4世紀に建てられたが、トルコによって破壊されたと言う。
久保有政氏は、「史家によれば、トマスはイエスの昇天の2年後、西暦35年頃アッシリアに赴き、次いでインドに伝道した。船でケララ州のクランガノールに上陸、7つの教会を建て、さらにタミールナド州のマドラス(現チェンナイ)に行き、その後西暦62年に中国の北京(長安?)にまで赴いたとされる。トマスは中国伝道後再度インドに戻り、西暦68−75年に殉教、マイラーップール(現タミールナド州チェンナイ県)に葬られた。トマスはアッシリア東方教会(シリア教会)の初代大主教に列せられた。インドのキリスト教徒は自らをトマス・クリスチャンと称した。アッシリア東方教会は、中国では景教(Luminous Religion)と称された」と指摘する。
誰もその中に入らないのは何故か?

前述のトマス福音書75節は、以下の74節と対句だった可能性がある。
 彼が言った、「主よ、泉のまわりには多くの人々がおりますが、泉の中には誰もおりません」(トマス74)。
『泉』とは、それから飲めばイエスのようになることを約束された『命の泉』、本来的自己の象徴で、『花嫁の部屋』同様『御国』を指している。古代キリスト教最大の神学者とされるアレクサンドリアのオリゲネス(182?-251)は、『ケルソス反駁』において、「多くの人々が泉のまわりにいるのに、誰もその中に入らないのは何故か?」と問うている。
インド各地で四十余年にわたり説法を続けた後、釈迦は、十大弟子の一人舎利仏(しゃりほつ)に、「舎利仏よ、この世の諸現象を貫通する真理、つまり実相は、仏のみが理解でき、凡夫には到底理解できない。ただ仏が仏に与え、究尽すべきものである。舎利仏よ、凡夫に対して説明するのは無駄である。しかし自分は今、菩薩の中にあって、正直に方便を捨て、無上道を説こう(法華経方便品第二)」と述べ、無上の教え『法華経』を説かれた。
仏の究極の教えを理解できるのは仏だけであり、命の泉から飲むことができるのは、イエスと和合して単独者になることができる者だけである。多くの大衆が教会に集っても、泉に入る者がいないのは驚くに当たらない。
とは言え中国禅宗の第三祖僧璨鑑智(そうさんかんち)禅師(?-606)は、その著『信心銘』において、『至道(究極の道)は、何も難しいことはない、唯だ揀択(けんじゃく:取捨選択)を嫌う』と説いている。なるほど、キリスト教徒はひたすら御名を唱えることの内に救いがあると言い、日本曹洞宗の開祖道元は只管打坐、日本法華宗の開祖日蓮は唱題、日本浄土真宗の開祖親鸞は念仏を勧めている。<以下次号>

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】 『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】 しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】 『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。
ご購入はこちら



世界は一つ:AD-SEAnews
AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

ご意見/配信停止





width="200" border="0">


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnews eBookstore


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2020年01月02日 07:45 | CM : 0 | TB : 0
SEAnews Lastest Top News vol.191210 BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px; background-: white } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 0px; text-: none } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン
Latest Top News(vol.191210)
(最新ニュース 39件)
2019-12-10 ArtNo.46628(1/39)
◆RCEP諸国はインドの懸念に留意しなければならない




【ムンバイ】インドの『東アジア地域包括的経済連携(RCEP:Regional Comprehensive Economic Partnership)』協定からの撤退は、国内の主要な利害関係者が賛成していなかったことから、決して予想外のことではなかった。輸出や対中経済関係などの問題に対するインドの疑念は、本質的で、成長に不可欠なものである。これらが解決された場合にのみ、インドは再び協定への参加を検討すべきだ。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46629(2/39)
◆RCEP国家必须注意印度的担忧




【孟买】印度退出『东亚区域全面经济伙伴关系(RCEP:Regional Comprehensive Economic Partnership)』协议,考虑到国内主要利益相关者不赞成,并不是完全出乎意料的。印度对诸如出口及其与中国的经济关系等问题的忧虑是真实的,而且对増长至关重要。只有解决了这些问题,印度才应考虑再次参加该协议。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46630(3/39)
◆RCEP countries must pay heed to India's concerns




【Mumbai】India's withdrawal from the the Regional Comprehensive Economic Partnership agreement (RCEP) was not entirely unexpected, given that key stakeholders had not been in favour of it. India's doubts on issues like exports and its economic relations with China are genuine and crucial for growth. Only when these are resolved, should India consider joining the agreement again.(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46631(4/39)
◆M州新政権の前途に陰影




【ムンバイ】ウダフ・バール・ケシャフ・タークレー新首席大臣率いる『マハラシュトラ開発前衛党(MVA:Maharashtra Vikas Aghadi)』政権は、州議会における過半数の支持を得、インド人民党(BJP)を野党の地位に追いやったにも関わらず、その前途には不確実性が漂っている。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46632(5/39)
◆马州新政权的前途隐约可见




【孟买】乌达夫·沙克雷(Uddhav Thackeray)领导的『马哈拉施特拉发展前卫党(MVA:Maharashtra Vikas Aghadi)』政府的前途,尽管该已在州议会中证明了其多数席位,而将印度人民党(BJP)推到反对党地位,仍然还充满不确定性。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46633(6/39)
◆Uncertainty looms over future of new Maharashtra government




【Mumbai】Uncertainty looms large over the future of Uddhav Thackeray-led Maharashtra Vikas Aghadi (MVA) government even as it has proven its majority in the State Assembly pushing the BJP to the Opposition benches.(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46634(7/39)
◆M州政変で新幹線事業も脱線、投資家の関心も冷却?!




【ムンバイ】統一進歩連合(UPA:United Progressive Alliance)政権の悪名高い遡及税から、最高裁判所が去る10月に下した電気通信事業者の調整済み粗収入(AGR:adjusted gross revenue)に対する1兆3300億ルピーの支払い命令に至るまでインドにおける気まぐれなビジネス慣行に怯える外国投資家にとって、マハラシュトラ州における最近の政治劇は、一層深刻な恐怖心を与えたに違いない。何故なら1兆2000億ルピーの新幹線計画を初めとする数百億ルピーの大型プロジェクトが見直される可能性が出てきた。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46635(8/39)
◆由于马州政治变化,子弹头列车偏离轨道,投资者信心也偏离?!




【孟买】从全国民主联盟(UPA:United Progressive Alliance)政权的臭名昭著的追溯税,到最高法院于10月对电信运营商的调整后总收入(AGR:adjusted gross revenue)征收1兆3300亿卢比的判决,对于印度生意的变化无常而煞费苦心的外国投资者,看到了最近在马哈拉施特拉州发生的像政变般事件,一定更加担忧,因为新政权有可能重新审查包括1兆2000亿卢比的新干线计划在内的几千亿卢比的大型项目。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46636(9/39)
◆Due to M-state political change, Bullet train goes off track, so does investor interest?!




【Mumbai】For foreign investors spooked by the vagaries of doing business in India, from the UPA's infamous retrospective tax to the Supreme Court's Rs 133,000 crore AGR-blow to telecom companies in October, the recent events in Maharashtra have to be deeply disturbing since, apart from the Rs 120,000 crore bullet train, several other large infrastructure projects worth lakhs of crore rupees are likely to be reviewed. (...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46637(10/39)
◆CPEC巡り米中が綱引き




【イスラマバード】先月(11月)第四週の二つの重要事態の展開により、またぞろ『中国パキスタン経済回廊(CPEC:China-Pakistan Economic Corridor)』に焦点が当てられた。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46638(11/39)
◆中美就CPEC展开拉锯战




【伊斯兰堡】上个月(11月)第四周的两个重要事件的发展再次将焦点集中在『中巴经济走廊(CPEC:China-Pakistan Economic Corridor)』上。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46639(12/39)
◆CPEC and the US-China tug of war




【Islamabad】In the fourth week of last month (November), two important developments kept the spotlight focused on the China-Pakistan Economic Corridor (CPEC) again. (...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46640(13/39)
◆ホーリー・アーティザン・カフェ襲撃犯7人に死刑、1人無罪




【ダッカ】ホーリー・アーティザン・カフェ襲撃事件に関与したテロリスト7人が死刑判決を受けた。2016年に発生した同事件では外国人17人を含む22人が犠牲となり命を落とした。
○アワミ連盟リトン議員殺害犯7人に死刑判決(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46641(14/39)
◆霍利工匠烘焙坊袭击犯7人被判死刑另1人无罪




【达卡】七名激进分子因参与2016年霍利工匠烘焙坊(Holey Artisan Bakery)袭击而被判死刑,该袭击造成22人死亡,其中包括17名外国人。
○人民联盟议员里顿的七名杀手被判死刑(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46642(15/39)
◆Holey Artisan Café attack: 7 militants get death, one acquitted




【Dhaka】Seven militants were sentenced to death for their involvement in 2016 Holey Artisan attack that left 22 people, including 17 foreigners, dead.
○MP Liton Murder: 7 sentenced to death(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46643(16/39)
◆BNPの余命いくばく:アワミ連盟書記長




【ダッカ】バングラデシュのオバイドゥル・クワダー運輸相は11月19日、「余命幾ばくも無いバングラデシュ民族主義党(BNP:Bangladesh Nationalist Party)は、政治課題の物色に余念が無い」と語った。
○バングラデシュ国境警備隊、インドからの密入国者32人を逮捕(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46644(17/39)
◆孟加拉国国民党的余命多久: 孟加拉国人民联盟秘书长




【达卡】孟加拉国交通部长奥巴杜尔·卡徳尔(Obaidul Quader)于11月19日表示,孟加拉民族主义党(BNP:Bangladesh Nationalist Party)的日子不多,现在正找政治课题。
○孟加拉国边防部队逮捕了来自印度的32偷渡者(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46645(18/39)
◆BNP's days are numbered, says Obaidul




【Dhaka】Road Transport and Bridges Minister Obaidul Quader on 19 November said BNP is searching for issues now as its days are numbered.
○Bangladesh Border Guard arrests 32 illegal immigrants from India(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46646(19/39)
◆BNPリーダーのハフィズを逮捕




【ダッカ】バングラデシュ民族主義党(BNP:Bangladesh Nationalist Party)副議長のハフィズ・ウディン・アーメド退役少佐は11月28日、別のBNP指導者カイルル・カビール・ホコン氏が逮捕された数時間後、高等裁判所の敷地内で逮捕された。
○集会許可は求めず、通知するのみ:BNP書記長
○最高裁、カレダ・ジア前首相の保釈申請を12月5日に裁定(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46647(20/39)
◆孟加拉民族主义党领导人哈菲兹被逮捕




【达卡】孟加拉民族主义党(BNP:Bangladesh Nationalist Party)副主席哈菲兹·乌丁·艾哈迈徳(Hafiz Uddin Ahmed)退役少校于11月28日,在另一名BNP领导人凯鲁尔·卡比尔·霍孔(Khairul Kabir Khokon)被拘捕数小时之后,在高等法院地区内被逮捕。
○我们不要申请集会许可,只通知当局:BNP秘书长
○最高法院将于12月5日裁决前总理卡莉达的保释申请(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46648(21/39)
◆BNP leader Hafiz detained




【Dhaka】Detectives detained BNP Vice-Chairman Major (retd) Hafiz Uddin Ahmed from the High Court area on 28 November, hours after the detention of another BNP leader Khairul Kabir Khokon.
○BNP doesn't seek permission, only informs authorities: Fakhrul
○SC set Dec 5 to deliver its order on Khaleda's bail(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46649(22/39)
◆NCPのダハル議長、第三州と新首都名称の迅速な決定要求




【ヘタウダ】ネパール共産党(NCP:Nepal Communist Party)のプラチャンダ・プシュパ・カマル・ダハル共同議長は、第三開発区のドルマニ・プーデル首席大臣に対し、同区と首都の名称を迅速に確定するよう求めた。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46650(23/39)
◆NCP主席达哈尔要求尽快确定第3州和首都的名称




【赫托达】尼泊尔共产党(NCP:Nepal Communist Party)帕苏巴·卡麦尔·达哈尔(Pushpa Kamal Dahal)主席敦促尼泊尔第三发展区首席部长多马尼·普徳尔(Dormani Poudel)尽快确定该发展区和首都的名称。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46651(24/39)
◆Leader Dahal insists on finalising state 3's name and capital soon




【Hetauda】Nepal Communist Party (NCP) chair Pushpa Kamal Dahal 'Prachanda' has urged state 3 chief minister Dormani Poudel to finalise the issues relating to the determination of the state's name and capital soon.(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46652(25/39)
◆政府の無能を隠す内閣改造




【カトマンズ】シェイクアップは、主に二つの理由で避けられなくなった。権力の行使に関するK.P.シャルマ・オリ首相の独占に対するネパール共産党(NCP:Nepal Communist Party)のプラチャンダ・プシュパ・カマル・ダハル共同議長の不満に対処することと、多数派政府の惨憺たる業績を隠すことだ。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46653(26/39)
◆总理通过内阁改组掩盖政府的无能




【加徳满都】内阁改组已成为必然,主要有两个原因:解决尼泊尔共产党(NCP:Nepal Communist Party)帕苏巴·卡麦尔·达哈尔(Pushpa Kamal Dahal)联合主席对总理卡徳加·普拉萨徳·夏尔马·奥利(KP Sharma Oli)行使权力垄断的不满,并掩盖多数派政府的惨淡表现。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46654(27/39)
◆PM uses a cabinet reshuffle to mask his government's incompetence




【Kathmandu】The shake-up had become inevitable, primarily for two reasons: to address Nepal Communist Party (NCP) chair Puspa Kamal Dahal's discontent over Prime Minister KP Sharma Oli's monopolisation on the exercise of power and, to mask the dismal performance of the majority government. (...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46655(28/39)
◆首相、実績を示した数少ない大臣を解任




【カトマンズ】ゴカルナ・ビスタ労働雇用社会保障大臣は、改革を推進し、外国の雇用斡旋業者カルテルと対決,称賛を得たが、既得権者や政界の堅固な防塁やホーストレーディングの餌食になり、結局解任された。
○労働者の海外出稼ぎを守れ(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46656(29/39)
◆首相解雇了表现出色的稀少部长




【加徳满都】劳工就业社会保障部长戈卡纳·比斯塔(Gokarna Bista)因推动改革和对抗外国雇佣卡特尔而赢得了赞誉,但因根深蒂固的利益集团的堡垒和政治交易的饵食,最终被解雇其内阁职位。
○捍卫尼泊尔移民工人(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46657(30/39)
◆The prime minister sacked one of the few ministers who delivered




【Kathmandu】The minister for labour, employment and social security, Gokarna Bista won plaudits for pushing reforms and taking on the foreign employment cartels, but fell prey to entrenched interests and political horsetrading and ultimately sacked from the cabinet post.
○In defense of Nepali migrant workers(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46658(31/39)
◆スリランカを次のレベルに引き上げる近代国家の建設




【コロンボ】最近、ソーシャルメディアに、バックパックを背中に、ランチとおぼしき軽食入りの茶色の紙袋を下げて、特別の注意を払われることもなく雑踏の中を歩く西側大統領のスナップショットが報じられていた。ゴタバヤ・ラジャパクサ大統領のドレッシングも気取らないシンプルなものだが、スリランカのセキュリティ環境や社会的条件の下で、彼が同じように通りを歩くことはできないかもしれない。それはともかく、ガバナンスの合理化を推進する彼の前向きな行動は国民の称賛を得ており、過去からの脱却を印象づけている。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46659(32/39)
◆将斯里兰卡带入新高度,建设现代化国家




【科伦坡】最近,社交媒体报道了西方总统在没有受到特别注意的情况下在一群拥挤的人群中徒步行走的图像,他在肩膀上挂着一个背包,还带着一个牛皮纸袋,据说里面有他的午餐 。戈塔巴亚·拉贾帕克萨(Gotabaya Rajapaksa)总统的着装风格同样朴实朴素,但在斯里兰卡的安全环境和社会条件下,他似乎无法同样地走路。无论如何,他为促进简化治理所采取的许多积极行动赢得了公众的赞誉,并给人们留下了突破过去的深刻印象。(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46660(33/39)
◆Building a modern state to take Sri Lanka to the next level




【Colombo】There was recently on social media an image of a president of a western country on foot in the midst of a milling crowd who paid him no special notice with a backpack on his shoulders and carrying a brown paper bag in which was said to be his lunch. President Gotabaya Rajapaksa's style of dressing is likewise unpretentious and simple though he may not be able to walk the streets in that same manner due to the different security and social conditions in Sri Lanka. Nevertheless, the President has won public commendation for the many positive actions he has been taking to streamline governance and they are indicative of a break from the past.(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46661(34/39)
◆ハンバントタ港租借権の中国への供与は誤りだった:新大統領




【コロンボ】ゴタバヤ・ラージャパクサ大統領は選挙後の最初のインタビューでバーラト・シャクティ・インのニティンA.ゴーカレー編集長に「スリランカはハンバントタ(Hambantota)港の支配権を決して中国に与えてはならなかった」と、語った。
○首相、ヒト中心の経済運営約束(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46662(35/39)
◆曾将汉班托塔租借给中国是错误的:新总统




【科伦坡】戈塔巴雅·拉贾帕克萨(Gotabaya Rajapaksa)总统在当选总统后首次接受采访时,向巴拉特·沙克蒂·印度(BharatShakti.in)的尼丁·A·戈卡莱(Nitin A. Gokhale)总编辑说,「斯里兰卡曾将汉班托塔港(Hambantota Port)的控制权交给中国是错误,不应该交给它的。」
○总理宣誓致力于『以人为本的经济』(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46663(36/39)
◆President says control of H'tota port should never have been given to China




【Colombo】Sri Lanka should never have given the control of Hambantota Port to China, President Gotabaya Rajapaksa told Nitin A. Gokhale, Editor-in-Chief of BharatShakti.in, in his first interview after his election.
○PM committed to a people-centred economy(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46664(37/39)
◆書評:聖霊のバプテスマ(恵み)




 パウロ(BC?-AD65?)は≪エフェソ信徒への手紙≫や≪ローマ信徒への手紙≫の中で『聖霊のバプテスマ』とは、罪人(つみびと)に対する神の恵み(grace/mercy)と説いているが、この『恵み』と言う概念が様々に解釈され、神学論争に発展、カトリックとプロテスタントの分岐点になったのみならず、西欧の近代哲学や経済・政治理論にまで影響を及ぼした。
○テルトゥリアーヌスの『賜物』
○ペラギウスの『生来説』
○アウグスティーヌスの『反生来説』
○トマス・アクィナスの『神の恩寵』
○ルターの『信仰義認』
○デカルトの『渦動創世説』
○ルソーの『社会契約説』
○スミスの『自由放任論』
○カントの『目的の王国』
○ヘーゲルの『絶対精神』
○マルクスの『唯物史観』
○治乱の道
○『易姓革命論』と『時代精神』
○儒教とカントの道徳論
○仏即煩悩、煩悩即仏(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46665(38/39)
◆书评:圣灵的施洗(恩情)




 保罗(Paul: BC?-AD65?)在《以弗所书(The Epistle to the Ephesians)》和《罗马书(The Epistle to the Romans)》中说,『圣灵的施洗』是神对罪人的恩情。因为这『恩情』的概念可作种种解释,后来发展成为一场神学辩论。它不仅成为将基督教分为天主教和新教的原因之一,而且还影响了现代西方哲学以及经济和政治理论。
○徳尔图良的『赐物』
○佩拉吉乌斯的『内在恩赐』
○奥古斯丁的『反内在恩赐』
○托马斯·阿奎纳斯的『神的恩宠』
○路徳的『因信称义』
○笛卡尔的『旋涡创世理论』
○卢梭的『社会契约』
○亚当·斯密的『自由放任论』
○康徳的『目的王国』
○黒格尔的『绝对精神』
○马克思的『唯物史观』
○治乱道
○『易姓革命』理论和『时代精神』
○儒家思想和康徳的『道徳论』
○佛是烦恼,烦恼是佛(...Read more)
2019-12-10 ArtNo.46666(39/39)
◆Review:The baptism of the Holy Spirit (Grace)




 Paul (BC ? - AD 65?) preached that 'The baptism of the Holy Spirit' was God's grace or mercy for sinners in 'The Epistle to the Ephesians' and 'The Epistle to the Romans.' Because this concept of 'grace' was interpreted in various ways and developed into a theological debate, it became not only one of causes to split Christianity into Catholic and Protestant, but also influenced modern Western philosophies and economic and political theories.
○Tertullianus' "Divine Gift"
○Pelagius' "Inherent Blessing"
○Augustine's "Anti-Inherent-Blessing Theory"
○Thomas Aquinas' "Gratia Infusa"
○Luther's "Justification by one's faith"
○Descartes' "Vortex Theory"
○Rousseau's "Social Contract"
○Adam Smith's "Laissez-faire"
○Kant's "Kingdom of Ends"
○Hegel's "Absolute Spirit"
○Marx's "Materialistic View of History"
○The way to secure and stabilize the country
○Yixing Revolution Theory and Hegel's "Era Spirit"
○Confucianism and Kant's moral theory
○Buddha is trouble, trouble is Buddha(...Read more)
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年12月11日 05:15 | CM : 0 | TB : 0
Misc vol.191123j BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 0px; text-: none } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン

書評:聖霊のバプテスマ(恵み)

パウロ(BC?-AD65?)は≪エフェソ信徒への手紙≫や≪ローマ信徒への手紙≫の中で『聖霊のバプテスマ』とは、罪人(つみびと)に対する神の恵み(grace/mercy)と説いているが、この『恵み』と言う概念が様々に解釈され、神学論争に発展、カトリックとプロテスタントの分岐点になったのみならず、西欧の近代哲学や経済・政治理論にまで影響を及ぼした。
 (この一文を書き上げた後、再読してみて、これを読み通すのは至難のワザであることに気づいた。筆者がそう感じるのだから、SEAnews読者の関心を得るのは難しいに違いない。しかし『聖霊のバプテスマ』は、キリスト教徒のみならず36億人のアブラハムの宗教信者にとって信仰の根幹に関わる概念でありながら、その解釈の相違が過去数百年にわたり宗教紛争や哲学・政治・経済論争の原因になってきたことから、ご一読頂ければ幸いである。)
        −−−−−−−−−−−−−−
≪エフェソ信徒への手紙1:13-14)≫
あなたがたもまた、キリストにあって、真理の言葉、すなわち、あなたがたの救の福音を聞き、また、彼を信じた結果、約束された聖霊の証印をおされたのである。この聖霊は、わたしたちが神の国をつぐことの保証であって、やがて神につける者が全くあがなわれ、神の栄光をほめたたえるに至るためである。
≪エフェソ信徒への手紙2:8-9≫
あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。それは、あなたがた自身から出たものではなく、神の賜物である。決して行いによるのではない。それは、だれも誇ることがないためなのである。
≪ローマ信徒への手紙3:23-26≫
何故なら誰もが罪を犯し、私たちは皆本来神の栄光を受けるに値しないからです。にも関わらず、神は寛大な恵みをもってこのような私たちも義と見なされました。神はイエス・キリストを通じて、つまり彼が私たちが負うた罪に対する罰から私たちを解放された時、そうなさったのです。何故なら神はイエスを贖罪の犠牲として使わされました。人々はイエスが血を流しその命を犠牲にしたことを信じた時、神に対して義とされました。この犠牲は、過去に神が罪を犯したものに対して辛抱強く罰しなかった時も公正であったことを証すものです。何故なら神は先を見越して彼ら(過去に罪を犯したもの)を、神が今なすこと(免罪)の中に織り込み済みだったのです。神はこのこと(イエスの十字架)を通じてその義をお示しになりました。何故なら神は公平であり正しいからです。そして神は、罪人がイエスを信じる時、神に対して義と見なすことを宣言なさいました。
        −−−−−−−−−−−−−−
テルトゥリアーヌスの『賜物』

教父テルトゥリアーヌス(Tertullianus:150/160-220?)は、『恵み』は、人間が罪性を克服するために天から与えられる『力』あるいは『賜物』と説明した。ギリシヤ哲学の影響を受けた彼は、『恵み』を一つの実体として、エネルギーを持った物質のように捉えたようだ。
西暦150年頃、カルタゴのローマ総督に仕える百人隊長の子として生まれたテルトゥリアーヌスは、改宗したベルベル人だったが、クリスチャンの化粧の下に、ベルベルのすべての情熱、すべての非妥協性、すべての反骨精神を維持していた。神の性質を表すために『三位一体』という言葉を作り出したのはテルトゥリアーヌスであり、キリスト教に関わる合計982の新語を発明したと言う。(ロビン・ダニエル著ディス・ホーリー・シード)
『教父著作における人間定義の概念(The patristics concept of the deification of man examined in the light of contemporary notions of the transcendence of man)』によると、魂とは、それが属し、分かちがたく結合している肉体と同じ空間を占めている物質であると言うテルトゥリアーヌスの教義は、アダムの魂全体の『半肉体的同一性』と言う観念に導かれる。なぜなら全ての魂は、まるで、アダムの茎から分かれ、独立の木として接ぎ木された小枝ののようだからである。
この恵みという賜物は洗礼(バプテスマ)を通して与えられ、その賜物を活用することによって、信仰者は罪を犯さずに生活し、やがて救いに到達できると言う。
テルトゥリアーヌス以後、恵みとは、秘跡(サクラメント)を通して分与される賜物と見なされた。そして、この賜物の果す役割は、堕落した人間性を克服することにあった。
ペラギウスの『生来説』

英国出身の修道士ペラギウス(Pelagius: AD 360?-418?)は、「創造主の恵みによって与えられた『理性』と『自由意志』とは、『堕罪(だざい)』によって破壊されることはない」とし、「人間は新しく造られてこの世に出て来る時に、恵みの可能性をすでに内に宿して生れてくる」と主張、ゆえに「救いは、この生来の恵みに見合うだけ、どれだけ努力するか、どれだけ成し遂げるかにかかっている」と唱えた。
ペラギウスによると、神の創造は完璧で、『人間は、邪悪で、断罪される』などと言うことはあり得ず、無垢で、神の励ましを負うて生まれるのである。アダムの罪は決して彼の子孫を傷つけず、我々は皆、アダムがエデンで享受した同じ力と善行の能力を以て地上におけるその務めに取りかかるのである。世界を祝福するのが神の意志であり、断罪することではない。神の御心は、まことに、我々一人一人が神と共に歩き、全き愛と聖性を実現することである。もし我々がそれを望むなら、我々は御心をを全うすることができる。なぜなら天命は全ての者に与えられており、全ての者がそれに従うことができるからである。我々の能力の可能性は、その能力を賜った神以上に知るものはない。神は不可能なことを命じるはずはない。なぜなら神は正義であり、彼が助けることができなかったことについて、人を非難することはない、なぜなら神は真聖なのだから。
ペラギウスは、「神は人に信じる自由と信じない自由、従う自由と従わない自由を与えた。そして神の裁きはそれぞれの人が行った選択に対してなされる」と唱えた。
アウグスティーヌスの『反生来説』

アウグスティーヌス(Augustinus:354-430)は、ペラギウスに反論し、「創造時の恵みは堕罪において失われ、人間の理性は暗くなり、意志はゆがめられ、その状態はアダムの子孫である全人類に及んでいる。結局のところ、人間は堕落した存在(fallen being)で、本質的に罪人であり、神の非難に値する反逆者である」と主張した。
ペラギウスとアウグスティーヌス双方の影響を受けた、中世のスコラ哲学は、プラトンのイデア論およびアリストテレスのヒロモルフィズム(質料形相論)に基づき、人間存在を下層(nature)の『理性』・『知性』・『意志』と、『恵み』によって与えられた『信仰』・『希望』・『愛』から成る上層(grace)に分け、現世の人間は、アダムが犯した原罪(堕罪)により、霊的上層部が失われた状態に陥っている。そこで人間が救われるには、堕罪により失われた上層部を取り戻す必要があり、それを実現するのが『恵み』であり、また神の恵みは、人間の側の努力(功績)に対する報酬として施されると説いた。
トマス・アクィナスの『神の恩寵』

これに対して、アリストテレスの哲学とキリスト教の原則の統合を試みたことで知られるイタリアのドミニコ会修道士、トマス・アクィナス(Thomas Aquinas:1225-1274)は、人間存在の上層としての『信仰』・『希望』・『愛』と言った霊的側面は、人間的努力を通じて取り戻すことは不可能であると主張、『神の恩寵(gratia infusa)』が外から注入されねばならないと説いた。
この注入によって人間の内部に新しい性質(habitus)が形成される。それに従って生活する中でさらに恵みが加えられ、功績が蓄えられ、最後にこの功績に報いる永遠の救いが得られると言う。
ルターの『信仰義認』

パウロの『ローマ書』に傾倒したマルティン・ルター(Martin Luther:1483-1546)は、『救い』は、ただ神の恵みのみによるもので(sola gratia)、恵みは、人類の罪を贖うイエス・キリストに対する信仰を通じて無償で提供されると説いた。
彼は、『恵み』と『功績』を結びつけた中世神学を否定、替わりに『恵み』と『信仰』を結合した。
ルターは『福音の本質』は人間が努力して善行を積み上げ神に近づくのではなく、キリスト(に対する信仰)を通じて神の方から人間に近づくことであると説いた。
ルターにとって最も重要なことは、『信じる』だけで罪人(つみびと)を『羲』と認める神のはたらきであり、『救い』もしくは『贖い』とは、イエスを『メシア』として認める『信仰』を通じてのみ手に入れることができる神の恩寵であるとした。
デカルトの『渦動創世説』

スコラ哲学の方法論に立ってスコラ哲学批判を展開したルネ・デカルト(1596-1650)は、彼の『明晰判明の規則』に基づき、「我思う、故に我あり」という唯一の第一原理(single first principle)を導き、さらに存在論と商標論(ontological argument and trademark argument)双方に立って『慈悲深い神』の存在を証明した。
さらに、初歩的な『慣性の法則』や『運動量保存の法則』も発見したデカルトは、粒子の渦状の運動として宇宙の創生を説く渦動説を唱えた。
しかし、ブレーズ・パスカル(1623-1662)はその著『パンセ』の中で「アブラハム、イサク、ヤコブの神は、哲学者、科学者の神にあらず」と批判した。
ルソーの『社会契約説』

産業革命が進行し、産業資本家が台頭、絶対王政や封建制が動揺する中で、ジュネーブの時計職人の子、ジャン=ジャック・ルソー(1712-1778)は、人間の自由を束縛する社会的不平等を批判するとともに、人間は私益を目指す『特殊意志(Particular will)』と公共の利益を目指す『一般意志(General will)』を供えているとし、人間本来の自由を回復するため、社会契約を通じて、各人は『特殊意志』を捨て『一般意志』の指導に全面的に服従することを誓うべきだと主張した。
彼れによると、『主権』とは、理想的には集会における直接民主主義によって決定される法の支配を意味する。政府は行政官で構成され、『一般意志』の実行と執行を担当する。こうして個人は自分自身を守り、自由を保つことができる。なぜなら、国民統合の『一般意志』の権威への服従は、個人が他者の意志に従属することを確保し、また、彼らが集合的に法律の作成者であるため、彼らが自分自身に従うことを保証するからである。
人生の早い時期にローマン・カトリックに改宗し、その後故郷のジュネーブにおいて厳格なカルヴァン主義に回帰したルソーは、その著エミールにおいて宗教的寛容を強く支持したが、宗教的無関心もしくは異端を擁護するものと見なされ、カルヴァン主義のジュネーブとカトリックのパリの双方で同書に対する非難に直面した。
スミスの『自由放任論』

これに対してスコットランドの啓蒙思想家アダム・スミス(1723-1790)は人間は本来私益を図る『利己心』と他人を思いやる『共感』を兼ね備えており、こうした道徳感情が『公平な第三者』として各人の内部で『利己心』を抑制するため、各人の自由な経済活動は、『市場原理』と言う『神の見えざる手』に導かれ、社会全体の利益増大をもたらすと言う『自由放任経済』を提唱した。
ルソーの『社会契約説』も『神の見えざる手』に導かれたスミスの『自由放任論』も、パウロが『ローマ書』の中で説いた再臨したイエスが樹立するであろう王国の具現を想定したものと言えそうだ。
『社会契約説』について言えば、仮に熱狂的パウロ支持者の小規模な共同体としてなら、あるいは実現可能かも知れない。私益を求める『特殊意志』を捨て、公共の利益実現を目指す『一般意志』に全面的に服従することを誓い、各自の自由と権利を共同体に全面的に譲り渡す『ピューリタン精神』は、称賛に値する。しかし共同体の代表は、生身の人間であり、パウロの幻の中に登場した再臨のイエスではない。とは言え、各自の自由と権利を共同体に全面的に譲り渡す『ピューリタン精神』は、米国のみならず、共産主義政権やイスラム国家にさえ、組織理念として多少に関わらず受け継がれ今日に至っている。
カントの『目的の王国』

ケーニヒスベルク大学の哲学教授イマヌエル・カント(1724-1804)は、「最高の目的は幸福ではなく、幸福を受けるに値する人格の完成である」とし、全ての人間が互いの人格を目的として尊重しあう社会を『目的の王国』と呼んだ。
カントは『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を著し、認識は外在する『物』をそれぞれの感覚器官(眼耳鼻舌身)の形式(色声香味触)によって受容し、理性の理解能力に応じて加工された『現象』として捉えるが、『物自体』は『不可知』であるとした。したがって現象は認識後はじめて存在するのであって、認識される前に『物自体』として存在していた訳ではないとする認識論の『コペルニクス的転回』をもたらした。
カントはまた『理性』を科学を対象にした『理論理性』と道徳を対象にした『実践理性』に分類し、人間が自由なら必然性は成り立たず、人間が必然性に支配されるなら意志の自由は存在しないが、これは『物自体』と『現象』を同一視した結果生じた疑似問題であり、人間の意志は『現象』としては自由が存在し、『物自体』としては必然性を追究できる。したがって、『理論理性』の対象としての科学と『実践理性』の問題としての道徳は、それぞれの限界内で両立すると説いた。
ヘーゲルの『絶対精神』

精神が物質から分離する以前の絶対者としての神の働きを『絶対精神』と呼んだゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(1770-1831)は、「歴史は、本来眼に見えない『絶対精神』が自己否定して眼に見える物質として外化して行く過程であり、世界の本質が自由で理性的な精神であることを自覚するに至ったものが『人間精神』である。『人間精神』は、『民族精神』や『時代精神』として、また主観的な『個人精神』として現れる」と説いた。
チュービンゲン大学付属のプロテスタント神学校チュービンゲン・スティフでカント哲学やキリスト教史を学んだヘーゲルは、「人間の自由は、社会や歴史と無関係ではあり得ず、個人の人格を超えており、歴史がある段階に達しない限り、個人の意志や願望によって自由を実現することはできない」と考えた。
ヘーゲルは、ナポレオンが1806年10月14日にイエナ郊外の高原でプロイセン軍と交戦した際、同市でその著『精神現象学』の仕上げに取り組んでいた。市内でナポレオンを目撃したヘーゲルは友人のフリードリッヒ・インマヌエル・ニートハンマーに「僕は皇帝を見た。世界精神が馬上豊かに町から偵察に出て行った。馬に跨がり、世界を馳せ掌握せんとする怪傑をこの地で目撃したのは壮観としか言いようがない。」と書き送った。
マルクスの『唯物史観』

ユダヤ教ラビの家庭に育ったカール・マルクス(1818-1883)は、社会の歴史的発展段階に注目したヘーゲルの『弁証法哲学』を受け継いだ。彼は、物質的生産活動こそが人間の本質と見なす『唯物論』の立場から、『封建的経済制度』は『ブルジョア革命』により『資本主義経済制度』に移行し、最終的に『労働者革命』により『共産主義経済制度』に移行することを論証しようとした。
マルクスの『プロレタリア革命論』には、世界最終戦争(ハルマケドン)を預言した『黙示録』や『イエスの再臨信仰』の影響が窺える。1844年にパリで発行された『独仏年誌』創刊号に当時25歳のマルクスは、「ユダヤ人はもはや宗教的人種的存在ではなく、隣人から被った扱いによって貸金業その他の職業を余儀なくされている純然たる経済的階級である。だから彼らは他の階級が解放されて初めて解放される」と、ユダヤ人の運命に関して奇しくもパウロと同じ結論を表明している。同誌は創刊号のみで廃刊になった。
マルクスの死後34年を経た1917年にロシア革命が起こり、世界初の社会主義国家『ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国』が誕生、その後、東欧、アジア、中南米、アフリカに社会主義政権が続々樹立された。こうして世界は資本主義陣営と社会主義陣営が拮抗する東西冷戦時代を迎えた。

しかしマルクスが預言した全ての国民が階級制度から解放された平等で自由な共産主義国家は終に実現しなかった。過渡的な社会主義体制は多くの矛盾に直面し、部分的に市場メカニズムを導入する試みがなされた。資本主義国家でも政府が市場メカニズムに介入し、周期的な経済恐慌を回避する試みがなされた。その結果、純粋な資本主義国家も社会主義国家もなくなり、あるのは疑似資本主義国家と疑似社会主義国家のみになった。
1991年のソビエト連邦崩壊に伴い、東西冷戦構造も消失したが、依然として紛争はなくならない。いずれにしても、全世界が管理市場経済に移行しつつある今日、経済構造上の紛争の火種は大幅に減少したものと見られる。疑似資本主義国家と疑似社会主義国家が直面する主要な矛盾は、管理市場経済に見合った上部構造の改革が遅れていることである。一例を挙げれば、共産党の一党独裁は、共産主義の実現を目指す社会主義制度下における過渡的な政治制度であり、管理市場経済に移行した今となっては、最早正当性を主張できなくなっている。
治乱の道

中国の三国時代、漢室の末裔劉備玄徳(りゅうびげんとく:161-223)は、臥龍の異名を持つ諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい:181-234)を軍師に迎えるため、その庵を訪れた。
シルクロード東端の中国において西方のローマに勝るとも劣らぬ400年の隆盛を誇った大漢帝国が黄巾の乱を境に衰勢を辿る中、イエスと同じ様に王室の血筋ながら落剥し蓆売りをしていた劉備は、豪傑関羽(?-219)および張飛(?-221)と義兄弟の契りを結び決起した。
この時、孔明は若輩ながら、春秋戦国時代(771-476 BC)の覇者斉の宰相管仲(かんちゅう:725-645 BC)や戦国時代(475–221 BC)燕の軍師楽毅(がくき:?-?)の再来と称されていた。三顧の礼をとって孔明を軍師として迎えることに成功、蜀漢の地を奪い、北方の魏や南方の呉に対抗する『天下三分の計』を授けられた劉備は、最盛期には現在の四川、重慶、貴州、河南、湖北の一部そして甘粛を包含する広大な地域を版図に収めた。こうして魏呉蜀三国が鼎立する三国時代が到来した。
劉備玄徳は、最初に孔明の庵を訪れた際、路傍で偶然出会った孔明の友人崔州平(さいしゅうへい:?-?)に乱を治める道を問うた。
        −−−−−−−−−−−−−−
玄徳:臥龍先生ではありませんか。
州平:私は孔明ではありません。彼の友人で博陵(はくりょう)の崔州平と申します。
玄徳:ご高名はかねがね伺っておりました。ここでお目にかかれたのは、天の配剤と言えるでしょう。お時間が許せば、是非ご高説に浴したいと思います。
二人は林の中の手頃な石に腰をおろし、関羽と張飛が両側に侍立した。
州平:「将軍はどうして孔明をお尋ねになるのですか。」
玄徳:今、天下は大いに乱れ、四方騒擾の折り、孔明に治国民安の策を問おうと思った次第です。
州平:天下平定をご使命となさっているのですね。立派なお志です。しかし将軍は治乱の道理をご存じないようにお見受けする。
玄徳:あるいは、そうかも知れません。願わくば治乱の道をお聞かせ下さい。
州平は笑いながら言った:山村の一儒生が痴(おこ)なることとお怒りにならないなら、一言申してみましょう。古(いにしえ)から見るに、治極まれば乱を生じ、乱極まれば治に入るは、周知の道理です。高祖は白蛇を切って義を起こし、無道な秦を誅伐して二百年の太平を開きました。しかし哀帝と平帝の時代に王莽の簒奪に遭い、再び乱に入り、光武の中興後また二百余年の平和が続いておりましたが、近頃ようやく地に干戈の音、雲に戦鼓の響きあって、乱に入り始めたところではありませんか。
玄徳:そうです。乱調が見え始めて、かれこれ二十年です。

州平:人の一生から見れば、二十年は長いと思えますが、悠久な歴史から見ればほんの一瞬です。台風の到来を知らせる微風に過ぎません。
玄徳:おっしゃる通りです。しかし私は漢室の末裔として、王朝の安寧を図ることを使命と心得ています。どうして命数に委ねることなどできましょう。故に真の賢人を求め、万民の災害を未然に防ぐこと、あるいは最小、最短にすべく努めることをもって、自分の使命と信じている訳です。
州平:ご立派なご決意です。しかし『天命に順なる者は逸、天に逆らう者は労、これを数える所在り、理得ざれば而してこれを奪う。これを命ずる所在り、人而してこれを強いるを得ず』と言うことわざをご存じありませんか。将軍が孔明を招じて天地を廻旋(かいせん)し、乾坤を補修しようと願っても、この世から戦をなくすことは難しい。ましてや孔明も限りある生命の一人の人間に過ぎません。
玄徳は終止謹んで聞いていたが、崔州平のことばがおわると、「御高教。寔(まこと)にかたじけない」と深く謝した。(三国志演義)
        −−−−−−−−−−−−−−

『易姓革命論』と『時代精神』
孔明の『天下三分の計』により、蜀は強大になったが、崔州平が説いた治乱の道理は的中し、魏呉蜀三国は結局全て滅亡した。魏の軍師司馬懿仲達(しばいちゅうたつ:179-251)の孫が西晋を建て全国を統一したものの、長くは続かず、隋・唐王朝に取って代わられた。その後も王朝の興亡が続き、今日に至っている。中国明代(1368-1644)に書かれた『三国志演義』には、天命により王朝の姓が変わり、時代が推移、異なる王朝が興亡すると言う『易姓革命』理論が貫かれている。そして、この理論は、ヘーゲルの『時代精神』そのものと言えそうだ。
後漢の時代に班固が著した≪白虎通義≫には「天命を受けて、起(た)ち姓を易(か)えた王は、必ず泰山に昇(のぼ)り天を祭る儀式『封』を行う」と記されている。また前漢の時代に司馬遷が書いた歴史書≪史記≫には、秦の始皇帝や漢の武帝等古代の帝王は泰山で天を祭る封と地を祭る禅の儀式を行ったと記されている。封禅の儀式は三皇五帝の神話時代から行われて来たと言う。
儒教とカントの道徳論
一方、春秋時代の思想家孔子(552-479BC)の孫、子思(483-402BC)の作とされる≪中庸≫には、『天の命これを性と謂い、性を率いるこれを道と謂う。道を修めるこれを教えと謂う。』と説かれている。つまり、天命は天が各人に与えた使命として人格に内在している。この使命を見い出し、それを全うすることを説いた教えが儒教と言うのである。

また孔子の弟子曾参(505-434BC)の作とされる≪大学≫はその冒頭に『古の天下に明徳を明らかにせんと欲する者は、先ずその国を治む。その国を治めんと欲する者は、先ずその家を斉う。その家を斉えんと欲する者は、先ずその身を修む。その身を修めんと欲する者は、先ずその心を正す。その心を正さんと欲する者は、先ずその意を誠にす。その意を誠にせんと欲する者は、先ずその知を致す。その知を致さんと欲する者は物を格(いた)すに在り。物格りて而して后に知至る。知至りて而して后に意誠なり。意誠にして而して后に心正し。心正しくして而して后に身修まる。身修まりて而して后に家斉う。家斉いて而して后に国治まる。国治まりて而して后に天下平らかなり。』と記している。
『明徳』とは≪中庸≫において「天の命これを性と謂い」と説かれた『性』と同義で、人間に生まれながら備わった『天命を負うた徳』と言う意味である。天下平定が人格形成の最終目的であり、それは個人、家庭、国家、世界の各段階において『明徳』をあきらかにすることを通じて実現されると言うのである。国家統治と人格形成を見事に一体化した儒教のこうした道徳論は、カントの『目的の王国』やルソー著『エミール』の中で説かれた教育論を彷彿とさせる。
仏即煩悩、煩悩即仏

唐代末期、河北省趙州の観音院に住した趙州従諗禅師(778-897年)はある日上堂(じょうどう)して会衆に「老僧は、来訪者が山門をくぐらぬうちに、居ながらにして胡人(こじん:西域の異民族)か、漢人(かんじん)かを映し出す明珠(みょうじゅ)をもっている。だから麦藁(むぎわら)一本を一丈六尺の黄金の仏像に変え、一丈六尺の黄金の仏像を麦藁一本に変えることなど造作も無い。仏は即ち煩悩、煩悩は即ち仏だ」と垂示(すいじ)した。
すると一人の僧が、「仏は一体誰にとって煩いとおっしゃるのですか」と尋ねた。
趙州和尚は「全人類だ」と答えた。
そこでその僧は「どうしたら御免蒙ることができるでしょう」と聞いた。
趙州和尚は「どうして御免蒙るんだ」と反問した。(五灯会元第三巻)

ちなみに、後小松天皇の落胤と言われる室町時代の禅僧、一休宗純和尚(1394-1481)は「釈迦といふ いたづらものが世にいでて おほくの人をまよはすかな」、「南無釈迦じゃ 娑婆じゃ地獄じゃ 苦じゃ楽じゃ どうじゃこうじゃと いうが愚かじゃ」と言う狂歌を詠んでいる。<以下次号>
【参照】
《五灯会元》第三巻
趙州従諗(じょうしゅうじゅうしん)上堂(じょうどう)して説(いわ)く「明珠(みょうじゅ)の掌(たなごころ)に在るが如く、胡来たれば胡現れ、漢来たれば漢現る。老僧は一枝(いっし)の草を把(と)りて丈六の金身と為して用い、丈六の金身を把りて一枝の草として用ゆ。仏は是れ煩悩、煩悩は是れ仏なり。」
当時(そのとき)一僧有りて問いを発す「仏は是れ誰家(たがや)の煩悩なるを知らず。」
趙州答ゆ「一切人の煩悩なり。」
僧又問う「如何(いかん)が免掉(めんたく:ふるいおとしてまぬがれる)せん。
趙州説く「什麼(なんの)為(ため)か、免掉を要す。」

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】 『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】 しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】 『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。
ご購入はこちら



世界は一つ:AD-SEAnews
AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

ご意見/配信停止


SEAnews Twitter


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnews eBookstore


SEAnews world circulation


By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年11月24日 18:25 | CM : 0 | TB : 0
SEAnews Lastest Top News vol.10-2019 BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px; background-: white } .menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.15em; PADDING-LEFT: 2px; PADDING-RIGHT: 2px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 3px; text-: none } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
Latest Top News(10月)
(最新ニュース 24件)
元のページへ戻る2019-10-25 ArtNo.46604(1/24)
◆習主席、『中・印・パ三国協力』提唱




【北京】「習近平国家主席は、健全な『中印関係』、『中パ関係』、『印パ関係』を心から望んでおり、地域の平和と安定を促し、共通の発展と繁栄を達成するために関係国全てが協力することを期待している。」
○『北京/ニューデリー/イスラマバード三国協力』構想
○パキスタン首相・陸軍司令官・統合情報局長相次ぎ北京訪問
○『チャイナ・インディア・プラス方式』(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46605(2/24)
◆习近平提倡『中·印·巴三边伙伴关系』




【北京】「中国国家主席习近平强调,中方真诚希望『中印关系』,『中巴关系』和『印巴关系』健康地发展,并希望各方共同努力促进地区的和平与稳定,从而实现共同发展与繁荣。」
○三边合作-北京·新徳里·伊斯兰堡-
○巴基斯坦的总理,陆军参谋长和三军情报局长分别抵达北京
○『中印+』模式(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46606(3/24)
◆Xi mooted trilateral partnership among China, India and Pakistan




【Beijing】"President Xi Jinping stressed the Chinese side sincerely expects sound China-India relations, China-Pakistan relations and India-Pakistan relations, and expects to see all sides work together to promote regional peace and stability, and achieve common development and prosperity."
○Trilateral cooperation -Beijing, New Delhi and Islamabad
○Pakistan's PM, Army Chief and head of ISI arrived separately in Beijing
○"China-India Plus" formulation(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46607(4/24)
◆ネパール、中国との関係を『戦略的パートナーシップ』に格上げ




【カトマンズ】中国の習近平国家主席が2日間の日程でカトマンズを公式訪問した10月12日土曜日、弊紙カトマンズ・ポストの姉妹紙カンティプールを含むネパールの三紙が、習主席の手になる一文を揃って掲載した。その中でこの中国の指導者は「中国はネパールとの間に戦略的パートナーシップを結ぶことを望む」と述べている。(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46608(5/24)
◆尼中双边关系提升为『战略伙伴关系』




【加徳满都】中国国家主席习近平抵达加徳满都进行国事访问的那一天,就是于10月12日星期六,我们《加徳满都邮报(The Kathmandu Post)》的姊妹报《坎提普尔(Kantipur)》在内的三间尼泊尔报纸一起刊登由这位中国领导人撰写的文章,他在其中说中国希望与尼泊尔建立战略伙伴关系。(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46609(6/24)
◆Nepal and China elevate bilateral ties to a 'strategic partnership'




【Kathmandu】On Saturday (October 12), the day Chinese President Xi Jinping landed in Kathmandu for a two-day state visit, three Nepali papers, including the Post's sister paper Kantipur, published an article authored by him, in which the Chinese leader said that China wants to forge "a strategic partnership" with Nepal.(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46610(7/24)
◆J&K郡県議会選挙:BJPは不安定な南カシミールに照準




【スリナガル/ニューデリー】インド人民党(BJP:Bharatiya Janata Party)は、ブロック開発委員会(BDC:Block Development Council)選挙に向けて、武装勢力の影響下にある南カシミールにより多くの候補者を立てるとともに、比較的平穏な北部および中部カシミールでは、無所属候補を支援している。他の主要政党は観望姿勢をとっている。
○内務省、J&Kパンチャーヤットに新たな役割(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46611(8/24)
◆J & K潘恰雅特选举:BJP瞄准不稳定的南克什米尔地区




【斯利那加/新徳里】印度人民党(BJP:Bharatiya Janata Party)在即将被实行的『区块开发委员会(BDC:Block Development Council)』选举中,在受武装冲突影响的南部克什米尔地区推举更多候选人,在相对平静的北部和中部克什米尔地区则支持独立候选人。其他主要政党似乎采取观望姿态。
○内政部向J & K潘恰雅特提供新角色(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46612(9/24)
◆J & K district assembly poll: BJP focuses on volatile south Kashmir




【Srinagar/New Delhi】The Bharatiya Janata Party (BJP) is fielding more candidates in militancy-affected south Kashmir and supporting Independents in the relatively calm north and central Kashmir in the Block Development Council (BDC) election. Other mainstream parties have decided to stay away.
○Home Ministry gives J&K panchayats new role(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46613(10/24)
◆パキスタン主導のサウジ・イラン友好イニシアチブ始動




【テヘラン】パキスタンのイムラン・カーン首相は10月13日、「今回のイラン訪問と、火曜日(10月15日)のサウジアラビア訪問は、パキスタン主導のイニシアチブであり、私はニューヨークにおいてトランプ大統領にこれらの話し合いを促進するように頼まれた。我々はできる限りのことをする」と語った。(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46614(11/24)
◆由巴基斯坦主导的沙特与伊朗友谊倡议启动




【徳黒兰】巴基斯坦总理伊姆兰·汗于10月13日说「此次对伊朗的访问以及我将在周二(10月15日)对沙特阿拉伯进行访问是巴基斯坦主导的一项举措。当我在纽约时,美国总统特朗普要求我为这些会谈提供便利,我们将竭尽所能。」(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46615(12/24)
◆Pak-led initiative for Saudi-Iran friendship begins




【Tehran】Prime Minister Imran Khan on October 13 said, "This visit to Iran and the visit that I will undertake to Saudi Arabia on Tuesday (October 15) is a Pakistan-led initiative. When I was in New York, I was asked by the US President Trump to facilitate these talks and we will do all what we can." (...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46616(13/24)
◆パキスタンは国境を接する兄弟国:ハメネイ




【テヘラン】イランの最高指導者アーヤトッラー・セイイェド・アリー・ホセイニー・ハーメネイー師は、イムラン・カーン首相との会談の数時間後、「我が国はパキスタンを境を接する兄弟国と見ている」と語った。
○カーン首相、サウジ王と皇太子と会見(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46617(14/24)
◆巴基斯坦是接境的兄弟国:哈梅内伊




【徳黒兰】伊朗最高领导人阿亚图拉·塞耶徳·阿里·哈梅内伊(Ayatollah Seyyed Ali Khamenei)在与巴基斯坦总理伊姆兰·汗进行关键性会晤的数小时后说,「我国家将巴基斯坦视为邻居兄弟国。」
○汗总理会见沙特国王和王储(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46618(15/24)
◆Iran sees Pakistan as a neighboring brother: Khamenei




【Tehran】Hours after his crucial meeting with Prime Minister Imran Khan, Iran's Supreme Leader, Ayatollah Seyyed Ali Khamenei said his country sees 'Pakistan as a neighboring brother'.
○PM meets Saudi king, crown prince(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46619(16/24)
◆反イスラム恐怖症英語TVチャンネルを三国共同で創設




【ニューヨーク】パキスタン、トルコ、マレーシアは、イスラムフォビアに抗するため、共同で英語チャンネルを設ける計画を発表した。(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46620(17/24)
◆《巴·土·马》三国共同设立反『伊斯兰恐惧症』英语电视频道




【纽约】巴基斯坦,土耳其和马来西亚已宣布共同设立英语频道以抗拒『伊斯兰恐惧症』。(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46621(18/24)
◆Pak, Tur, Mas announce English TV channel to 'counter Islamophobia'




【New York】Pakistan, Turkey and Malaysia have announced setting up a joint English language channel to confront the challenges posed by Islamophobia.(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46622(19/24)
◆クマーラトゥンガ元大統領、SLPPの連立政権樹立支持




【コロンボ】チャンドリカ・バンダラナイケ・クマーラトゥンガ元大統領は、現政権がスリランカ自由党(SLFP:Sri Lanka Freedom Party)と手を組み発足したSLFPを援護する新たな運動にリーダーシップを付与することを約束した。
○スリランカ大統領選:実質的にサジト/ゴタバヤ両氏の一騎打ち
○大統領選挙用臨時IDカード発行開始(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46623(20/24)
◆库马拉通加前总统宣誓支持SLPP联盟




【科伦坡】前总统钱徳里卡·班达拉奈克·库马拉通加(Chandrika Bandaranaike Kumaratunga)承诺给斯里兰卡自由党(SLFP:Sri Lanka Freedom Party)的新联盟运动赋予领导权。现任政权已经签署的这个新联盟运动保护SLFP。
○斯里兰卡总统选举:实质上萨吉和戈塔巴雅两氏的一对一竞争
○总统选举临时身份证开始发行(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46624(21/24)
◆CBK promises to give leadership to SLPP's new movement




【Colombo】Former President Chandrika Bandaranaike Kumaratunga has promised to give leadership to the new movement to protect the Sri Lanka Freedom Party that has arisen after the current leadership signed and alliance with the SLPP.
○Sri Lanka's presidential election: Sajith and Gota's two-horse race
○Issuing temporary ID's for Presidential election begins(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46625(22/24)
◆書評:聖霊のバプテスマ(耳有る者は聞くがよい)




 イエスが言った、「ある金持ちが多くの財産を持っていた。彼は言った『私は私の財産を利用して、撒き、刈り、植えて、私の倉を作物で一杯にしよう。如何なる欠乏にも悩まされることがないためである』。これが彼の心の中で考えたことである。そして、その夜彼は死んだ。聞く耳あるものは聞くがよい。(トマス63)」
○唯仏与仏乃能究尽
○ルカ福音書の平行記事
○新約聖書のグレコローマン起源
○聖霊のバプテスマに色濃いギリシア哲学の影響
○教会運動の震源地ローマ
○臨済悟道の因縁(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46626(23/24)
◆书评:圣灵的施洗(有耳能听的人,都应该听着!)




 耶稣说「从前有一个富人拥有很多钱财。他说『我要用这些钱财去播种、收成、种植,让我的库房堆满果实,而我就可以满足无缺。』这些就是他心里的想法,但是在那天晚上他就死了。有耳能听的人,都应该听着!」(托马斯63)
○唯佛与佛乃能究尽
○路加福音的平行文
○新约的希腊罗马起源
○在『以圣灵施洗』概念里的希腊哲学的影响
○罗马: 教会运动的震源地
○临济禅师悟道因缘(...Read More)
2019-10-25 ArtNo.46627(24/24)
◆Review:The baptism of the Holy Spirit (He who has ears to hear, let him hear!)




 Jesus said, "There was a rich person who had a great deal of money. He said, 'I shall invest my money so that I may sow, reap, plant, and fill my storehouses with produce, that I may lack nothing.' These were the things he was thinking in his heart, but that very night he died. He who has ears to hear, let him hear!" (Thomas 63)
○The Buddha Dharma is only entrusted from Buddha to Buddha
○Parallel articles of Gospel of Luke
○Greco-Roman origin of the New Testament
○Strong influence of Greek philosophy on The Baptism with the Holy Spirit
○Rome: The epicenter of The Church Movement
○Linji's cause of enlightenment(...Read More)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年10月24日 19:45 | CM : 0 | TB : 0
Misc vol.191012j BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 0px; text-: none } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice

書評:聖霊のバプテスマ(耳有る者は聞くがよい)
 イエスが言った、「ある金持ちが多くの財産を持っていた。彼は言った『私は私の財産を利用して、撒き、刈り、植えて、私の倉を作物で一杯にしよう。如何なる欠乏にも悩まされることがないためである』。これが彼の心の中で考えたことである。そして、その夜彼は死んだ。聞く耳あるものは聞くがよい。(トマス63)」

多くの財産を保持する一人の金持ちが、その財産を運用して倉を一杯にしようと考えたが、その晩彼は死んでしまった。よく有る話だが、トマス福音書のイエスは、何の謎解きもせず、それだけ語り、「聞く耳あるものは聞くがよい」と結んでいる。
『聞く耳あるものは聞くがよい』と言うフレーズは、イエスの常套語で、トマス福音書では6度、マルコ福音書とマタイ福音書では3度、ルカ福音書では2度用いられている。このフレーズには、イエスの布教の姿勢が反映されている。イエスは誰に対しても平等にその教えを説くが、教えを理解できるかどうかは、聞く耳を持っているか否かにかかっている。『種まき』の譬え(マルコ4:3-8/マタイ13:3-8/ルカ8:5-8/トマス9)のように、よく耕された土壌に落ちた種は30倍−100倍の実を結ぶが、道端や岩地、茨の中に落ちた種は鳥に食べられたり、日に照らされたり、あるいは茨にふさがれて枯れてしまう。
唯仏与仏乃能究尽

洗礼者ヨハネの証しによれば、「イエスはその見たところ、聞いたところをあかししているが、だれもそのあかしを受けいれない。そのあかしを受けいれる者は、神がまことであることを、たしかに認めたのである、神がおつかわしになったかたは、神の言葉を語る。神は聖霊を限りなく賜うからである(ヨハネ3:32-34)。」つまり「イエスは天上の言葉を語るが地上の人間には理解できない。それが理解できるのはイエスと同様に全き神を覚知したものだけ」と言うのである、換言すれば、イエスが説いたものは、禅家の所謂『ただ仏が仏に与える教え(法華経方便品:唯仏与仏)』と言うことだ。聖霊は本来人々(にんにん)の分上に豊かに備わっている。だからイエスは何も与える必要はない。本人がそれに目覚めるだけのことである。これこそ『聖霊のバプテスマ』の真髄である。
日本曹洞宗の開祖道元禅師も、≪正法眼蔵弁道話≫の中で「この法は、人人の分上にゆたかにそなわれりといへども、いまだ修せざるにはあらわれず、証せざるには得ることなし」と述べている。
戦前戦後を通じて活躍した昭和を代表する日本曹洞宗の師家、澤木興道老師は、「生死を仏道に変えるのが坐禅、『一超直入如来地』だ。坐禅は三界の法じゃない、仏祖の法だ。仏法は仏と仏の商量、仏と凡夫の商量じゃない。だから唯仏与仏乃能究尽(ゆいぶつよぶつないのうくじん)と言う。仏と仏が相思い、正身端座(しょうしんたんざ)する時、現成(げんじょう)するものだ」と説かれたと言う。
ルカ福音書の平行記事

イエスに代わって少々謎解きを試みるなら、『出発点に立った時点で、ゴールの喜びを享受することができる真の知恵者は、目標に到達する前に倒れても、喩えそれが出発点に立った1秒後でも、悔いることがない』と言うことか。トマス福音書第63節は、ルカ福音書第12章16−21節に平行記事が存在することから、ルカの謎解きも参照されたら良いだろう。とは言え、イエスの『聖霊のバプテスマ』は、バプテスマを受ける本人が自ら答えを見いだす他ない。
禅宗においても、学人が入室参禅(にっしつさんぜん)して他人の見解(けんげ)の口まねなどすれば、棒喝(ぼうかつ)を喫するのが落ちである。とは言え不立文字(ふりゅうもんじ)を標榜する禅宗には、無門関48則や碧巌録100則の他、多くの公案録が残されており、看話(かんわ)禅と評される臨済宗のみならず、黙照(もくしょう)禅を標榜する曹洞宗においても究尽(くじん)されている。師家の棒喝が悟りの因縁になる場合も多々あることから、試して看るのも好いかもしれない。
新約聖書のグレコローマン起源

さてメソポタミアからエジプトに至る地域を往来する遊牧民の諸部族が、単一の始祖アブラハムと神との契約に基づく祭政一致の部族聯合を組織して、パレスチナの農耕先住民の支配を覆した国造り神話が、エデンの園やノアの洪水を彷彿とさせるティムルン島の楽園やバビロニアの洪水伝説に代表される古代シュメール神話に接ぎ木され、ヘブライ語版の旧約聖書が成立したとすれば、自らをアブラハムの家系図に接ぎ木されたと位置づける異邦人キリスト教徒(非ユダヤ人)のための新たな救済契約とされるギリシア語版新約聖書の成立には、グレコローマン文化が大きく影響したことが窺える。
聖霊のバプテスマに色濃いギリシア哲学の影響

洗礼者ヨハネが「わたしは水でバプテスマを授けたが、このかたは、聖霊によってバプテスマをお授けになるであろう(マルコ1:8)」、「このかたは、聖霊と火とによっておまえたちにバプテスマをお授けになるであろう(ルカ3:16/マタイ3:11)」と説き、イエスが「だれでも、水と霊とから生まれなければ、神の国にはいることはできない(ヨハネ3:5)」、「風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞くが、それがどこからきて、どこへ行くかは知らない。霊から生まれる者もみな、それと同じである(ヨハネ3:8)」と説き明かした『聖霊のバプテスマ』には、『万物の根源』は、それぞれ『水』、『火』、『火・空気・水・土』と説いたギリシアの哲学者タレス、ヘラクレイトス、エンペドクレスの思想が色濃く反映されている。
またイエスはヨハネ福音書において「人を生かすものは霊であって、肉はなんの役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、また命である(ヨハネ6:63)」と説き、トマス福音書においては「木を割りなさい。私はそこにいる。石を持ち上げなさい。そうすればあなたがたは、私をそこに見出すであろう(トマス77)」と説いている。パウロも「もし神の御霊があなたがたのうちに住んでおられるなら、あなたがたは肉の中にではなく、御霊の中にいるのです。キリストの御霊を持たない人は、キリストのものではありません(ローマ8:9)」と述べている。
これらの教えは、この世を人間の五官により捉えられる『物質界』と理性によって捉えられる『イデア界』に分割し、時々刻々変化する『物質界』は、本質としてのイデアの影に過ぎないと説いたプラトンの二元論や本質としての『形相』は『質量(個々の事物)』に内在していると説いたアリストテレスのヒロモルフィズム(質料形相論)を受け継いだものと言える。
さらにトマス福音書を初めとするグノーシス福音書は、概ねイエスと弟子達の問答形式で綴られているが、これも「徳について日々問答することが、人間にとって最大の善であり、吟味されない生は、生きるに値しない(ソクラテスの弁明38a 1-6)」と説いたソクラテスの教えを踏襲している。
教会運動の震源地ローマ

他方、パウロがローマに到着した西暦59年頃、同地にはすでに異邦人ユダヤ教徒の強固なコミュニティーが存在し、パウロが説く『モーセの律法に依らず、信仰によって義と認められるイエスの道(ローマ3:28)』を受け入れやすい環境が整っていた。
クラウディウス帝は西暦49年に、全てのユダヤ人にローマ市内から退去するよう命じたが、ユダヤ人のローマ市内からの追放は、これ以前にも少なくとも2回行われており、早くも紀元前139年に過度な布教活動を理由に追放令が発せられた。そして西暦19年にもティベリウス帝が同様の理由でユダヤ人を市外に追放している。しかしパウロがローマに到着した頃、ローマには依然として強固なユダヤ教徒のコミュニティーが存在していた。おそらくこうしたユダヤ教徒の大多数は異邦人、言い換えれば未割礼のユダヤ教徒だったものと見られる。つまり、パウロがエルサレムで行ったヘブライストとヘレニストの棲み分けの真逆の実験がローマでは過去188年間に少なくとも3度行われ、エルサレムに純粋なヘブライストのキリスト教会が誕生したように、ローマにはヘレニストのユダヤ教徒コミュニティーが出現したものと見られる。言い換えれば、イエスやパウロ、さらにはマケドニア人のルカやキプロス島出身のバルナバが誕生するはるか以前から、ローマには、教会運動の母体になる下地が醸成されていたのである。こうしてパウロやペテロの死後間もなく、あるいは生前にすでに教会運動の中心はエルサレムから、ルカらが活動したギリシアでも、ギリシア語版聖書が編纂されたアレキサンドリアでもない、ローマに移り、イエスの死後間もない1世紀後半には、クレメンス等のローマ司教がコリントス等の教会に起きた紛争の調停役を果たしていたものと見られる。
臨済悟道の因縁

幼い頃から出塵の志を抱き、黄檗寺(現在の江西省宜豊県黄崗郷)で剃髪具戒した臨済宗の開祖臨済義玄(りんざいぎげん?-867)禅師は、初めて入室参禅(にっしつさんぜん)した際、「達磨大師は一体何のためにはるばるインドから中国にやって来たのか」と黄檗希運(おうばくきうん?-855)禅師に問うた。
黄檗は、聞き終わらぬうちに手杖(しゅじょう)でしたたかにぶん殴った。義玄は三回入室したが、その度びにぶん殴られた。すっかり悄気(しょげ)返った義玄は、「黄檗寺に見切りを付け、他の師家を訪ねて見ようと思う」と、首座をつとめる兄弟子に打ち明けた。
首座は「自分の愚鈍を恨まず、別の師家を探しに行くと言うのか」と呆れたが、黄檗に「義玄は新参とは言え、見所も在るため、何かアドバイスしてやって欲しい」と言上した。そこで黄檗は、暇乞いに来た義玄に高安城灘頭(現在の江西省高安市)大愚寺の大愚和尚を訪ねるよう指示した。
大愚は訪れた羲玄に「どこから来た」と聞いた。羲玄が「黄檗山から来た」と答えると、大愚は「黄檗は何か言ったか」と尋ねた。羲玄は「祖師西来意(そしさいらいい)を問うたら殴られた。三度入室したが、三度とも殴られた。どこに落ち度があったのか分からない」と正直に打ち明けた。

すると大愚は「黄檗の老婆心は底抜けだな。これほど懇切丁寧な導きを受けながら、まだ『どこが間違っていたのか分からない』などと泣きごとを言うのか」と問い返した。
羲玄はこの時大悟し、「仏法など、元来大したことはない」と言った。すると大愚は羲玄の襟首を掴み「たった今『どこが間違っていたのか分からない』などと泣きごとを言いながら、今度はぬけぬけと『仏法は、元来大したことはない』などと言うお前は一体何様だ」と詰った。
羲玄は襟首を掴まれながら、あいている手で大愚の肋骨の辺りを一突きした。大愚はたまらず羲玄を突き放すと「お前の師匠は黄檗だ。ワシとは関係ない」と言った。
結局羲玄は黄檗寺に舞い戻った。すると黄檗は「何だもう戻って来たのか、早すぎるじゃ無いか」と詰った。羲玄は「それもこれも老婆心のためならん」と応じた。黄檗は「今度会った折りに大愚老漢に一棒を食らわしてやろう」と言った。すると羲玄禅師は「今度会うまで待つことはない」と言うが早いか、黄檗に一掌(いっしょう)を与えた。黄檗は呵々大笑したと言う(景徳伝灯録)。≪以下次号≫
【参照】
《景徳伝灯録》

鎮州臨済羲玄禅師は曹州南華の人なり。姓は邢氏、幼くして出塵の志を負い、すなわち落髪進具(らくはつしんぐ:剃髪して具足戒を受ける)して禅宗を慕う。初め黄檗(山)に在りて衆に随い参侍(さんじ)す。
時に堂中の第一座問話(もんわ)を勉令(べんれい)す。師(臨済羲玄)すなわち問う。「如何なるか是れ西来の的意(てきい:真髄)。」黄檗便(すなわ)ち打つ。是(かく)の如く三問(さんもん)し三遭打(さんそうだ:三度打たれる)す。
遂に辞を告げんとす。第一座云(いわ)く「早(つと)に激動を承じて話を問わんに、唯だ和尚の賜棒(しぼう)を蒙(こうむ)り、愚魯(ぐろ)を恨まん所、且(かえ)て諸方に往(むか)って行脚(あんぎゃ)去らんか。」
上座(じょうざ)遂に黄檗に告げて云く、「羲玄は后生(ごせい:若僧)と雖も、却(かえ)って甚だ奇特(きとく:優秀)。来たり辞する時、願わくば和尚更に誘(しゅう:導き)を垂提(すいてい:賜る)せん。」
日来(きた)り、師黄檗に辞す。黄檗、大愚(たいぐ)に往(ゆ)くことを指(じ)す。師遂に大愚に参(さん)ず。
愚問うて曰く、「什麼処(いずこ)より来たる。」曰く「黄檗より来たる。」愚曰く「黄檗何の言有りてか教う。」曰く「羲玄親しく西来の的意を問うも、和尚の便打(べんだ)を蒙むる。是(かく)の如く三問(さんもん)し、三転(みたび)被打(うたる)。知らず過ち什麼処(いずこ)に在りや。」
愚曰く「黄檗恁麼(いんも:なんと)老婆(ろうば:老婆心)。汝が為に徹悃(てっこん:まごころ)を得たり。猶(なお)過ち在りやを覓(もと)む。」師於是(ここにおいて)大悟して云(いわ)く「仏法也(また)無多子(たしなし:たいしたことはない)。」
愚乃(すなわ)ち師の衣領(襟首)を搊(つか)みて云く「适来(てきらい:たったいまやって来て)『我(われ)不会(ふえ:分からない)』と道(い)い、而(しこう)して今又『多子無し』と道う。是れ多少来たり、是れ多少来たる(お前は一体どれほどのことが分かったか/何様か)。」
師、愚の肋下(ろか:肋骨の辺り)を打つこと一拳(いっけん)す。愚、托開(たくかい:押しのける)して云く「汝の師は黄檗なり、我が事に非干(かかわらず)。」
師却(かえ)って黄檗に返る。黄檗問うて云く「汝回(かえ)ること太(はなはだ)だ速生(そくせい:速い)なり。師云く「唯だ老婆心の切なるが為なり。」
黄檗云く「遮(こ)の大愚老漢に見(まみ)ゆるを待て、打つこと一頓せん。」師云く「什麼(なん)ぞ見(まみゆ)るを待つと説(い)うぞ。即今便(すなわ)ち打たん。」遂に黄檗に一掌(いっしょう)を鼓(ぐ)す。黄檗哈々大笑す。

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】 『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】 しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】 『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。
ご購入はこちら



世界は一つ:AD-SEAnews

ご意見/配信停止


SEAnews Twitter


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnews eBookstore


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter. 
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年10月12日 20:29 | CM : 0 | TB : 0
SEAnews Lastest Top News vol.190919 BODY { PADDING-BOTTOM: 0px; BACKGROUND-COLOR: white; MARGIN: 0px; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; FONT-FAMILY: "メイリオ","Lucida Sans Unicode","Lucida Grande",Osaka,Arial,SimHei,sans-serif; PADDING-TOP: 0px } A.menu { BORDER-BOTTOM: #aaaaaa 2px inset; BORDER-LEFT: #aaaaaa; PADDING-BOTTOM: 0px; LINE-HEIGHT: 1.5em; PADDING-LEFT: 0px; PADDING-RIGHT: 0px; DISPLAY: block; COLOR: #555555; FONT-SIZE: 0.82em; BORDER-TOP: #aaaaaa; FONT-WEIGHT: bold; BORDER-RIGHT: #aaaaaa 2px inset; PADDING-TOP: 0px; text-: none } A.menu:hover { BACKGROUND-COLOR: #555588; COLOR: #ffffff } .headBG { FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient (startColorstr=#ddddee, endColorstr=#f8f8ff, gradientType=0); WIDTH: 100% }
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
HOME
Greetings
Digest Classified MISC About Us Readers' Voice
右ペイン
Latest Top News(vol.190919)
(最新ニュース 27件)
2019-09-19 ArtNo.46577(1/27)
◆インド、ロシア極東開発に10億米ドル融資枠




【ウラジオストク】ナレンドラ・モディ首相は9月5日、「インドはロシアと肩を組んで極東開発に乗り出す」と述べるとともに、「資源に恵まれたこの地域の開発のための10億ドルの融資枠を設ける」と発表した。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46578(2/27)
◆印度为俄罗斯远东地区的发展提供了10亿美元的信贷额度




【符拉迪沃斯托克】纳伦徳拉·莫迪总理于9月5日表示,印度将与俄罗斯在远东发展方面并肩作战,并宣布为这个资源丰富地区的发展提供10亿美元的信贷额度。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46579(3/27)
◆India extends billion line of credit for development of Russia's Far East




【Vladivostok】Prime Minister Narendra Modi on September 05 said India will walk shoulder-to-shoulder with Russia in its development of the Far East and announced a billion line of credit for the development of the resource-rich region.(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46580(4/27)
◆モディ首相、ロシアで安倍首相と会談




【ウラジオストク】ナレンドラ・モディ首相は9月5日、日本の安倍晋三首相と会談、両首脳は、経済および防衛を含む多くの分野で強固な二国間関係を一層強化することを誓った。
○インド/日本、インド太平洋協力2 + 2対話開催(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46581(5/27)
◆莫迪总理在俄罗斯会见日本首相安倍晋三




【符拉迪沃斯托克】总理纳伦徳拉·莫迪于9月5日会见了日本首相安倍晋三,两位领导人互相承诺将包括经济和国防领域在内的已经巩固的双边关系进一步加强。
○印度/日本,举行印度太平洋合作2 + 2对话(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46582(6/27)
◆PM Modi meets Japanese PM Shinzo Abe in Russia




【Vladivostok】Prime Minister Narendra Modi on September 05 met his Japanese counterpart Shinzo Abe and the two leaders pledged to deepen the robust bilateral ties in a number of areas, including in economic and defence sectors.
○India, Japan to hold 2+2 dialogue on Indo-Pacific cooperation(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46583(7/27)
◆パキスタン、エルサレムとある種の関係構築も




【ラホール】インドのナレンドラ・モディ首相が国連総会に出席するためニューヨークを訪ずれるのに先立って、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が今月インドを短期訪問する可能性が取りざたされる中、パキスタンのソーシャル・メディアに、イムラン・カーン首相に率いられる現政権がその外交政策に見直しを加え、エルサレムとある種の関係を築いてはどうかと言う興味深い提案が突然出現した。
○状況は劇的に変化(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46584(8/27)
◆巴基斯坦也许与耶路撒冷建立某种关系




【拉合尔】在印度总理纳伦徳拉·莫迪飞往纽约参加联合国大会之前,以色列总理本雅明·内塔尼亚胡本月可能短暂访问印度的时刻,在巴基斯坦社交媒体网络上突然出现一些『有趣的建议』即,巴基斯坦的现任伊姆兰·汗领导的政权也许重新检讨国家外交政策并与耶路撒冷建立某种关系。
○情况巨大变化(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46585(9/27)
◆Pak govt may establish some sort of a relationship with Jerusalem




【Lahore】At a juncture when Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu might undertake a short trip to India this month before Indian premier Narendra Modi flies to New York for the United Nations General Assembly meeting, some "intriguing suggestions" have suddenly cropped up on the social media network in Pakistan for the incumbent Imran Khan-led regime to revisit the national foreign policy and establish some sort of a relationship with Jerusalem.
○The situation has changed drastically(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46586(10/27)
◆世界はインドの侵略行為を阻止する責任がある:イムラン首相




【イスラマバード】イムラン・カーン首相は9月4日、パキスタンを訪れたサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)の外相に、占領下のカシミールにおけるニューデリーの違法で一方的な措置に伴う状況について説明するとともに、国際社会はインドに違法行為と攻撃的な政策や姿勢の停止と転換を促す責任があると語った。
○ロンドン警察、カシミール支援デモ参加者二人を逮捕(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46587(11/27)
◆世界有责任制止印度的侵略; 伊姆兰总理




【伊斯兰堡】伊姆兰·汗总理于9月4日向到访的沙特阿拉伯和阿拉伯联合酋长国的外交部长通报了在被占领的克什米尔由新徳里所做的非法和单方面措施所引起的局势,并指出国际社会有责任促使印度停止和转换其非法并粗暴的政策和姿态。
○伦敦警方逮捕了两名克什米尔支持示威者(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46588(12/27)
◆World has responsibility to stop Indian aggression; PM Imran




【Islamabad】Prime Minister Imran Khan on September 4 apprised the visiting foreign ministers of Saudi Arabia and the United Arab Emirates (UAE) of the situation arising from New Delhi's illegal and unilateral actions in occupied Kashmir, stating that the international community has the responsibility to urge India to halt and reverse its illegal actions and aggressive policies and postures.
○Two held in London after Indian mission damaged in Kashmir protest(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46589(13/27)
◆インド洋地域の軍拡競争に反対:スリランカ首相




【マレ】スリランカのラニル・ウィクラマシンハ首相は昨日、モルディブで開催されたインド洋会議(IOC:Indian Ocean Conference)で、「インド洋は一方で『インドと中国』、他方で『アメリカと中国』が縄張りを争うグローバル地政学の舞台と化している」と語った。
○スリランカとモルディブの提携は世界的なテロ撲滅に寄与(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46590(14/27)
◆反对印度洋地区的军事竞争:斯里兰卡总理




【马累】斯里兰卡总理拉尼尔·维克勒马辛哈(Ranil Wickremesinghe)昨天(9月4日)在马尔代夫举行的印度洋会议(IOC:Indian Ocean Conference)上表示,「印度洋是一方面『印度和中国』,另一方面『美国和中国』互相争夺地盘的当代全球地缘政治的剧场。」
○斯里兰卡与马尔代夫的携手将确保没有恐怖主义的世界(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46591(15/27)
◆Sri Lanka opposes military rivalry in Indian Ocean region: PM




【Male】Prime Minister Ranil Wickremesinghe yesterday (September 4) told the Indian Ocean Conference meeting in The Maldives that the Indian Ocean was becoming "a theatre of contemporary global geopolitics with India and China on one hand, and the and USA and China on the other, competing for space".
○SL-Maldives ties would ensure a world free of terrorism(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46592(16/27)
◆ロヒンギャの島嶼移転、国外退去:判断はバングラデシュから国連へ




【ダッカ】バングラデシュのアブル・カラム・アブドゥル・モメン外相は、ドイツ・メディアのインタビューに応じ、「バングラデシュ政府は、国連援助機関が10万人の難民をベンガル湾の離島に移住させる計画を支持するよう望んでいる」と語った。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46593(17/27)
◆罗兴亚迁移到岛屿或离开孟加拉:球从孟加拉国到联合国球区




【达卡】孟加拉国外交部长阿布尔·卡拉姆·阿卜杜勒·莫门(AK Abdul Momen)在接受徳国媒体采访时说,「孟加拉国政府希望联合国援助机构支持其将10万名难民迁移到孟加拉湾偏远岛屿的计划。」(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46594(18/27)
◆Support Rohingya island relocation or leave the country: Bangladesh to UN




【Dhaka】In an interview with a German media outlet, Bangladesh Foreign Minister AK Abdul Momen said that the Bangladeshi government wants the United Nations aid agencies to support its plan to relocate 100,000 refugees to a remote island in the Bay of Bengal.(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46595(19/27)
◆王毅外相訪問でネパールと中国の関係強化




【カトマンズ】ネパールを訪れた中国の王毅外相は9月10日、帰国に先だってネパール共産党統一毛沢東主義派(NCP:Nepal Communist Party=Unified Communist Party of Nepal-Maoist)のプラチャンダ・プシュパ・カマル・ダハル共同議長、ネパール会議派(NC:Nepali Congress)のシェール・バハドゥル・デウバ議長、およびNCのラム・チャンドラ・パウデル上級指導者と会談した。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46596(20/27)
◆外交部长王毅的访问加强尼中关系




【加徳满都】中国外交部长王毅于9月10日与尼泊尔共产党(NCP:Nepal Communist Party=Unified Communist Party of Nepal-Maoist)帕苏巴·卡麦尔·达哈尔(Pushpa Kamal Dahal)联合主席,尼泊尔国民大会党(NC:Nepali Congress)的谢尔·巴哈杜尔·徳乌帕(Sher Bahadur Deuba)主席和NC的拉姆钱徳拉·保徳尔(Ramchandra Paudel)高级领导人会面。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46597(21/27)
◆Foreign Minister Wang Yi's visit stressed Nepal-China relations




【Kathmandu】Visiting Minister of Foreign Affairs of China Wang Yi on September 10 held meetings with Nepal Communist Party (NCP) Co-chairperson Pushpa Kamal Dahal, Nepali Congress President Sher Bahadur Deuba and NC's senior leader Ramchandra Paudel, prior to his return.(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46598(22/27)
◆インド太平洋戦略に逸脱無し:ネパール政府、米大使館に回答




【カトマンズ】米国大使館が「ネパールは『インド太平洋戦略(IPS:Indo-Pacific Strategy)』に反対する」と伝えた中国外務省の声明についてネパール政府に釈明を求めた翌日(9月12日)、ゴクル・プラサド・バスコット(Gokul Prasad Baskota)通信情報相は「IPSに関してパキスタン政府は何等逸脱していない」と表明した。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46599(23/27)
◆尼泊尔政府向美国大使馆回答说:印度太平洋战略没有偏离




【加徳满都】在美国大使馆要求尼泊尔政府澄清中国外交部声明说「尼泊尔不同意『印度太平洋战略(IPS:Indo-Pacific Strategy)』」的一天后,政府发言人戈库尔·普拉萨徳·巴斯科塔(Gokul Prasad Baskota)今天(9月12日)表示在政府对IPS的立场上没有任何偏差。(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46600(24/27)
◆No deviation in Nepal's Indo-Pacific Strategy: Govt says to US Embassy




【Kathmandu】A day after the Embassy of the United States sought the government's clarification on a Chinese Foreign Ministry statement that stated Nepal disagrees with the Indo-Pacific Strategy (IPS), the government Spokesperson Gokul Prasad Baskota today (September 12) said there had been no deviation in the government's position regarding the IPS.(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46601(25/27)
◆書評:聖霊のバプテスマ(ぶどう園の譬え)




 世界の人口の54%に相当する36億人が信仰している『アブラハムの宗教』は、ユダヤ教徒やキリスト教徒それからイスラム教徒などが始祖として認めている旧約聖書の主要人物、アブラハムと神との契約に基づくものとされる。
 アブラハムの宗教を構成するこれらの宗教の教義には大きな違いが存在するものの、何れも旧約聖書の記述を信仰の根幹に据えている。しかし最近の考古学的発見から旧約聖書の多くの記述が、メソポタミアの古代シュメール神話を起源としていることが明らかになった。
○洪水伝説
○祭政一致の契約社会と驚異的食料増産
○エデンの原型ティルムン
○バビロン捕囚と旧約の成立
○『ぶどう園の譬え』
○不在地主と小作人
○『ぶどう園の譬え』のグノーシス的意味
○離却語言(りきゃくごごん)(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46602(26/27)
◆书评:圣灵的施洗(葡萄园的比喻)




 全世界人口的54%,即约36亿人信仰的『亚伯拉罕诸教(Abrahamic religions)』据说是基于被犹太人,基督徒,回教徒以及其他宗教信徒认可的主要旧约圣经人物亚伯拉罕与上帝的盟约而来的。
 虽然亚伯拉罕诸教的教义之间存在显著差异,但它们都将旧约的叙述置于它们信仰的核心。然而,最近的考古学发现显示,旧约的许多记述起源于美索不达米亚的古代苏美尔神话。
○巴比伦洪水传说
○祭政一致的契约社会和惊人的粮食产量
○迪尔蒙岛是伊甸园的原型
○巴比伦被掳和旧约圣经的成立
○『葡萄园的比喻』
○在外地主和佃户
○『葡萄园的比喻』的格诺西斯主义意义
○离却语言(...Read more)
2019-09-19 ArtNo.46603(27/27)
◆Review:The baptism of the Holy Spirit (Parable of vineyard)




 The Abrahamic religions, which is believed by 3.6 billion people, that is, 54% of the world's population, is said to be based on the covenant of Abraham, who is recognized as a major biblical figure of the Old Testament by Jews, Christians, Muslims and others, and God.
Although there are significant differences among their doctrines of Abrahamic religions, they all put the Old Testament account at the heart of their faith. However, recent archaeological discoveries revealed that many descriptions of the Old Testament originated from the ancient Sumerian mythology of Mesopotamia.
○Babylonian flood legend
○Theocratic contract society and Amazing food production
○The prototype of the Garden of Eden
○The captivity of Babylon and the establishment of the Old Testament
○"Parable of vineyard"
○Absentee landlord and peasants
○Gnostic meaning of "Parable of vineyard"
○Detachment From Words(...Read more)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
By ★Alaska-RUMINA★ | - | 2019年09月19日 16:48 | CM : 0 | TB : 0